(54)【考案の名称】多段式観賞用水槽

(73)【実用新案権者】有限会社ロータリープロセス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、観賞用水槽に関し、詳しくは、複数の水槽を多段式に配して水槽内の水を循環させる観賞用水槽に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
金魚やメダカなどの観賞魚を飼育すべく、観賞用水槽が用いられている。従来の観賞用水槽としては、ガラスやプラスチックで成形された一槽式の水槽が用いられており、該水槽内には前記観賞魚のほか、本物若しくは疑似的に作られた水草や石などが入れられ、できるだけ自然に近い疑似的な水の世界を創出して、観賞する者に癒しを与えたりしている。
【0003】
このように水槽内で観賞魚を飼育する場合において、水槽内の水の酸素濃度が少なくなったりするため、空気を水槽内に送るための送気ポンプが取り付けられ、水に気泡を発生させて、水に酸素を取り込むことが行われている。かかる気泡は、観賞魚が生きていくためには必要なものであるが、人工的に作られたものであるため、見た目に綺麗なものでないと共に、前述したような自然に近い疑似的な水の世界を阻害するものであった。
【0004】
また、水槽内において観賞魚の糞などの浮遊ゴミが発生した場合、水槽内の水を入れ替えたり、水循環式フィルターを用いて除去したりしている。しかしながら、観賞魚は水道水のカルキに弱いため、水を入れ替える場合はカルキ抜きを行う必要があって、大変手間のかかる作業であった。さらに、水循環式フィルターは高価であると共に、定期的にフィルター交換・清掃が必要であって、同様に手間を要するものであった。
【0005】

【効果】

【0011】
本考案にかかる多段式観賞用水槽によれば、複数の水槽が多段式に配されることで、水が上段から下段へと自然落水し、その落水時に空気中の酸素等が水に取り込まれるため送気ポンプが不要になると共に、落水時の水の音色が川のせせらぎに似て、聞く者の気持ちをリラックスさせる効果を奏し、さらには、落水によってマイナスイオンが発生して、ストレスの解消に資するといった、従来にない優れた効果を奏するものである。
【0012】
また、本考案にかかる多段式観賞用水槽によれば、水が常時循環されていることで、水の淀みがなく水槽面に汚れが付着しにくく、見た目に水が常に清潔を保つことが可能であると共に、自然界のバクテリアが繁殖しやすい環境であって、観賞魚の糞など水槽内の浮遊ゴミが該バクテリアによって綺麗に分解されるため、従来のように汚れを除去するためのフィルターが不要となる。
【0013】
さらに、本考案にかかる多段式観賞用水槽によれば、水槽の上方を開放した状態にしておくことで、空気中の塵や埃が水槽内に入り込んでも同様にバクテリアが分解してくれるため、空気清浄効果を奏すると共に、水槽内の水が自然に空気中へ蒸発することとなって、室内等の加湿効果も奏することとなる。

(57)【要約】

【課題】送気ポンプを使用せずに空気中の酸素等を水槽内の水に取り込むことが可能であると共に、見た目に綺麗で流水音をも楽しめる多段式観賞用水槽を提供する。【解決手段】少なくとも三以上の水槽が連接され、所要高さの基本の水槽を第一水槽10aとして、該第一水槽10aには高さを同一とする貯留水槽10b及び第一水槽10aよりも所定高さだけ低い高さの第二水槽10cが連接され、該第二水槽10c以降に前段水槽よりも次段水槽の高さが徐々に低くなる状態で連接される多段式構造とする。貯留水槽10bの上部には汲上ポンプ装置20を備え、該汲上ポンプ装置20は、装置本体の下部に延伸する吸水パイプ22を備えると共に、側部に第一水槽10a内へ落水する放水口23を備え、前段水槽と次段水槽との隣接面上部には、前段水槽内の水を次段水槽内へ落水させる水門14が備えられ、最下段水槽と貯留水槽とが通水パイプ16により連通した構成となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):