(54)【考案の名称】張力解除容易な支線クランプユニット。

(73)【実用新案権者】株式会社桜井製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図9

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、昇降機で上昇させたアンテナ支柱などの支線の設置、支線張力保持クランプの解除に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
アンテナ支柱は、横風の風圧、アンテナなどの積載物の重量などのため曲がりを生ずる。真直にするためには、支柱を中心としてその周りに複数本の支線で張力を与えることが必要である。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
支線の張力解除には、支線クランプの張着が強いため張力を解除するとき、人の手作業で力を要し解除作業が困難であった。

【効果】

【0005】
支線クランプのスリーブに、ハンマーで慣性打撃を加えることにより、支線の張力を容易に解除できる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】支線クランプ正面図
【図2】ハンマー正面図
【図3】図2のA−A断面図
【図4】着脱可能なハンマー正面図
【図5】着脱可能なハンマーのA−A断面図
【図6】図5の6を90度回転したA−A断面図
【図7】支線クランプとハンマーの組合せ図
【図8】支線クランプと着脱可能ハンマーの組合せ図
【図9】支線クランプとハンマー実施図

【0007】
本考案の実施ついて説明する。図1は支線クランプの正面図である。
図4はハンマーの正面図を示す。本考案の実施について図7、図8図9に示す。アンテナ支柱(21)から支線(22)を地中に打ち込まれた支線くい(24)まで支線を張る。支線くい(24)からクランプ固定具(23)に連結された支線クランプ(1)ハンマー(2)に支線(22)を通して矢印方向に引いて支線(22)に張力を与える。
【0008】
張力を解除するときは、支線クランプ(1)のスリーブ(4)に対してある距離から矢印方向にハンマーで慣性打撃を与え張力を解除する。
【0009】
1 支線クランプ
2 ハンマー
3 着脱可能ハンマー
4 支線クランプのスリーブ
5 ハンマー
6 着脱可能ハンマーの外筒
7 着脱可能ハンマーの内筒
20 支柱昇降機
21 支柱
22 支線
23 クランプ固定具
24 支線くい

(57)【要約】

【課題】支線クランプの中心を通って張られている支線の右側にハンマーを通し、右側のある距離から、支線クランプのスリーブにハンマーの慣性打撃を加えて張力を解除する支線クランプユニットを提供する。【解決手段】アンテナ支柱21から支線22を地中に打ち込まれた支線くい24まで支線を張る。支線くい24からクランプ固定具23に連結された支線クランプ1ハンマー2に支線22を通して矢印方向に引いて支線22に張力を与える。張力を解除するときは、支線クランプ1のスリーブに対してある距離から矢印方向にハンマーで慣性打撃を与え張力を解除する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):