(54)【考案の名称】組板片折畳式プラスチックマット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、一対の板片からなる組板を連接して構成する片畳式プラスチックマットに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
公知のプラスチックマット構造は、予定サイズ面積の板片から構成され、これらの板片の側辺には相互に掛合する連結凸、連結孔が設けられていて、更に多数の板片を相互に掛合して連結することにより大面積を形成する。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案の組板片折畳式プラスチックマットは、多数の組板片を連結して一体にし、折り曲げて少体積にしたり、使用時にはスピーディに展開して広げたりすることで使用しやすいという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案多数組の板片を組み合わせた正面立体図である。
【図2】本考案の底面立体分解図である。
【図3】本考案の折畳指示図である。
【図4】本考案のマット展開指示図である。

【0008】
本考案では上述の公知欠点に鑑み、多数組の一対の板片で構成される組板片からなり、各板片はその底面に長さ方向に沿って一体成型の補強条および一対の板片に跨って連結する複数の連結条を備え、補強条が耐久強度、剛性を高めて、大面積のマット体の水平面を保持し、床マットの用途として使用する。また、各組板片の外側に連結板を設置し、連結板は連結孔を備え、折曲げ可能な連接片を設置して連結板の連結孔に係合して各組板片を連結して組み立てる組板片折畳式プラスチックマットを提供することを本考案の主な目的とする。
【0009】
図1、2、3は、多数組の一対の板片を組み立てて構成する。各組の一対の板片10は底面が一体成型され、間隔を開けてその長さ方向に配置された複数の補強条13及び一対の板片を跨いで相互に連結する連結条11を備える。連結条11はそのコノ字開口を封鎖する封閉板12を設置し、また各組二板片10の外側の両端には連結板14を設置する。連結板14には連結孔15を備え、折曲げ可能な連接片20を設置する。
連接片20は両端に掛合凸21を備えて設置し、掛合凸21は連結板14の連結孔15に掛合し、各組の二板片10を連結一体にして大面積を形成する。
【0010】
上述の構造によって以下の長所を備える。
図1、4に示すとおり、多数組の一対の板片10を連接一体にして大面積を形成することで床マットの用途として使用し、板片10上にマット体22を置き、それぞれの板片10底面には連結条11、封閉板12を備え、板片10上に敷かれたマット体22を床面より高く上げて地面の湿気から遠ざける効果を形成する。
【0011】
使用せずに収納する時、図3に示すとおり、各一対の板片10の間には折曲げ可能な連接片20を連接してあるため、各一対の板片10の間で折りたたむことによって、小体積にする。次に使用する時には即座に展開して使用する。
【0012】
板片10表面は、カビ防止用の抗菌ニスを塗布する。
【0013】
板片10は、底面側にその長さ方向に複数の細長状の補強条13、及び二つの板片10に跨って連結条11を備えることで、耐久強度、剛性が向上し、大面積のマット体の水平面を確保する。
【0014】
上述のとおり、本考案の構造は実用性及び効果を高め、実用新案登録の条件に符合する。
【0015】
10 板片
11 連結条
12 封閉板
13 補強条
14 連結板
15 連結孔
20 連接片
21 掛合凸
22 マット体
101 通気孔

(57)【要約】

【課題】一対の板片からなる組板片の多数組を簡単に連結して折り畳み、展開可能とする組板片折畳式プラスチックマットを提供する。【解決手段】一対の板片10からなる多数組の組板片から構成され、各組板の板片は底面で一体成型されて底面に長さ方向に沿って複数の補強条を設けると共に各一対の板片を跨いで間隔を開けて複数の連結条11を設け、各連結条はそのコノ字型開口を閉塞する封閉板12を設置し、また、各組板片の外側両端に連結孔15を備えた連結板14を設置して、これらの連結孔に係合する係合凸21を両端に備えた折り曲げ可能な連接片20を設け、これらの折り曲げ可能な連接片により各組板片を相互に連結して一体とすると共に、折り畳み可能とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):