(54)【考案の名称】テープ連結ネジ成型機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、テープ連結ネジ成型機に関し、特に、即時にテープの成型とねじの取り付けができる、テープ連結ネジ成型機に関する。

【従来の技術】

【0002】
現在、物品を螺合する時の作業スピードと利便性を向上させるために、いくつかのねじ・ボルトを予めテープに取り付けておくことによって、使用者が鋲打ち機を使って素早くねじ・ボルトと物品を結合することができるようにするという方法が用いられている。
【0003】
図1を参照する。現在広く使用されている従来の差込式のテープ連結ネジは、先ずテープ10を予め成型した後、テープ連結ネジ挿入機によってねじ・ボルト11をテープ10に差し込んでテープ連結ねじを形成しなければならない。以上のような、テープを予め成型した後にねじ・ボルトを差し込む方法は、製造・組み立ての不便さと製作コストの上昇を招くだけでなく、ねじ・ボルトの差し込み漏れや差し込みズレといった要因により、テープ連結ねじの欠陥や、後の螺合作業の不具合を招く。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
上述の欠点を改善するため、本考案は、即時にテープの成型とねじの取り付けができる、テープ連結ネジ成型機を提供することを目的とする。

(57)【要約】

【課題】即時にテープの成型とねじの取り付けができる、テープ連結ネジ成型機を提供する。【解決手段】ふるい輸送装置と、粘着テープ圧出装置と、テープ連結ネジ成型装置と、テープ連結ネジ誘導装置とからなる。ふるい輸送装置は、ねじを一つ一つねじ受け車輪へと送り込む。粘着テープ圧出装置は、プラスチック材料を圧出して二本の粘着テープを形成する。テープ連結ネジ成型装置は、ねじ受け車輪のねじを二本の粘着テープにより両側から挟みこんで接着し、テープ連結ネジを形成する。テープ連結ネジ誘導装置は、接着成型されたテープ連結ネジを受け取り輸送する。テープ連結ネジ成形装置は、成型車輪51のガイドに粘着テープが配置され、加圧車輪52の挟圧により、ねじが2本の粘着テープに包み込まれるので、厚さが均一になりねじ打ち機への装填がスムーズになる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):