(54)【考案の名称】携帯型通信端末用装飾具

(73)【実用新案権者】株式会社グルマンディーズ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、他者から送信された音声、文字情報、及び画像情報を含む受信信号を感知することができる携帯型通信端末に装着して使用される携帯型通信端末用装飾具に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、携帯電話機を含む携帯型通信端末には、背面部に周囲を照らす手段として照明部を備えたものが多く開発されており、受信信号の感知(以下、着信という。)に連動させて前記照明部を発光させる機能を有するものも存在する。
【0003】

【効果】

【0023】
本考案によれば、照明部から放出された光が光取込孔及び背面被覆部材を介して光散乱装飾部から放出されることによって、着信時の発光形状に装飾性を具備させることができ、携帯型通信端末の着信報知装置としての美観を高めることができる。
【0024】
本考案によれば、照明部から放出された光が光取込孔及び背面被覆部材を介して光放出部から放出されることによって、着信時の発光形状に装飾性を具備させることができ、携帯型通信端末の着信報知装置としての美観を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0025】
【図1】携帯型通信端末用装飾具1の正面図である。
【図2】携帯型通信端末用装飾具1の背面図である。
【図3】携帯型通信端末用装飾具1のA−A断面図である。(a)は光取込孔6の周囲部分の部分拡大断面図、(b)は光散乱装飾部10の周囲部分の部分拡大断面図を示す。
【図4】光散乱装飾部10の周囲(二点鎖線B)で光Aが放出されている様子を示す携帯型通信端末用装飾具1の正面図である。
【図5】携帯型通信端末用装飾具1aの正面図である。
【図6】携帯型通信端末用装飾具1aのB−B拡大断面図である。
【図7】携帯型通信端末用装飾具1bの正面図である。
【図8】携帯型通信端末用装飾具1bのC−C拡大断面図である。
【図9】携帯型通信端末用装飾具1cの裏面側から見た全体斜視図である。
【図10】携帯型通信端末用装飾具1cの正面図である。
【図11】携帯型通信端末用装飾具1cの背面図である。
【図12】携帯型通信端末用装飾具1cのD−D拡大断面図である。
【図13】光散乱装飾部10の周囲(二点鎖線B)及び背面被覆部材2の外周に(二点鎖線C)沿って光Aが放出されている様子を示す携帯型通信端末用装飾具1の正面図である。
【図14】光取込孔6に光取込部材13を取り付けた状態の携帯型通信端末用装飾具1の正面図である。
【図15】光取込孔6に光取込部材13を取り付けた状態の携帯型通信端末用装飾具1のE−E断面図である。(a)は光取込孔6の周囲部分の部分拡大断面図、(b)は光散乱装飾部10の周囲部分の部分拡大断面図を示す。

【0026】
以下、本考案に係る実施の形態を、図を参照しながら詳しく説明する。
【0027】
図1は、携帯型通信端末用装飾具1の正面図であり、図2は携帯型通信端末用装飾具1の背面図である。なお、図2には、携帯型通信端末用装飾具1を装着する位置に配置された携帯型通信端末Pを破線で示しており、Mは携帯型通信端末Pの紙面手前側に設けられているメインディスプレイである。携帯型通信端末用装飾具1は、使用時において携帯型通信端末Pを被覆する背面被覆部材2と、背面被覆部材2の裏面4の外周縁に塗布された粘着材からなる装着部材5とからなる。携帯型通信端末用装飾具1の携帯型通信端末Pへの装着は、図2及び図3に示すように、背面被覆部材2の外周縁を携帯型通信端末Pの背面の外周縁に沿って位置を合わせて、装着部材5を押し当てて粘着固定させることによって行う。
【0028】
図1に示すように、背面被覆部材2の上部には表面3から裏面4に貫通して形成された光取込孔6が形成され、背面被服部材2の中央部には裏面4に凹溝9をハート型に形成してなる光散乱装飾部10が設けられており、光取込孔6と光散乱装飾部10との間の平端部は平滑光導波板部7を構成している。光取込孔6は携帯型通信端末Pの背面に設けられた照明部材Lを取り囲む位置となるように形成されており、照明部材Lから放出された光Aを光取込孔6の内周縁7から背面被覆部材2の内部に取り込むことができる。なお、光取込孔6は照明部材Lに隣接して備え付けられたカメラ部材Mを露出させるためのカメラ穴11と連続して形成されているため、本実施例においては光取込孔6の内周縁7のうち、背面被覆部材2の中央寄り部分が照明部材Lと近接する位置に設けられてなる。
【0029】
本実施の形態において、光取込孔6は、照明部材Lと近接する内周縁7と照明部材Lの外周縁L1との間隔Dが、図3の部分拡大断面部(a)に示すように、照明部材Lの外周縁L1から外側へ0.3mmとなる位置となるように形成されている。この位置に内周縁7を位置させることにより照明部材Lから放出された光Aを効率よく背面被覆部材2の内部に取り込むことができる。
【0030】
次に携帯型通信端末Pが着信した時の携帯型通信端末用装飾具1の機能について説明する。
【0031】
携帯型通信端末Pが着信すると、着信に連動して照明部材Lが発光し、光Aが放出される。照明部材Lから放出された光Aの一部は、図3の部分拡大断面図(a)に示すように、光取込孔6の内周縁7から背面被覆部材2の内部に取り込まれ、平滑光導波板部7に沿って反射を繰り返しながら導波していく。
【0032】
平滑光導波板部7を導波する光Aは、図3の部分拡大断面図(b)に示すように、光散乱装飾部10に到達すると、光Aは凹溝9の壁面で散乱し、携帯型通信端末用装飾具1の外部に放出される。当該光散乱装飾部10における光Aの放出は、図4の二点鎖線Bが示す形状に沿って凹溝9が形成するハート型に生ずるため、使用者は着信を知ることができると同時に、光Aで輝くハート型の装飾を鑑賞することができる。
【0033】
また、光散乱装飾部は背面被覆部材の表面若しくは裏面のいずれにおいて凹溝が形成されてなるものでもよく、また、凹溝に代えて凸部であってもよい。図5は、背面被覆部材2aの表面3aの中央部に凸部9aによってハート型の模様を呈する光散乱装飾部10aが形成された携帯型通信端末用装飾具1aの正面図であり、図6は、凸部9aを備えた光散乱装飾部10aのB−B断面図である。なお、図5、図6中において、4aは裏面、5aは装着部材、6aは光取込孔、7aは内周縁、8aは平滑光導波板部、11aはカメラ穴である。
【0034】
また図7及び図8に示すように、装着部材5bは、背面被覆部材2bの裏面4b全体にわたって塗布された粘着部材であり、当該装着部材5bを携帯型通信端末Pの背面全体に対して押し当てることで背面被覆部材2bを粘着固定できるものであっても良い。装着部材5bが背面被覆部材2bの裏面4b全体に塗布されていることによって、装着部材5bの一部が剥がれても携帯型通信端末用装飾具1bを携帯型通信端末Pから容易に脱落させることなく安定に装着させることができる。なお、図7、図8中において、3bは表面、4bは裏面、6bは光取込孔、7bは内周縁、8bは平滑光導波板部、9bは凹溝、10bは光散乱装飾部、11bはカメラ穴である。
【0035】
さらにまた図9〜図12に示すように、装着部材5cは、背面被覆部材2cの周縁部の裏面4cから略垂直方向に突出して形成された係止爪であっても好ましい。当該係止爪が携帯型通信端末Pの側面を把持することによって携帯型通信端末用装飾具1cを装着することによって、携帯型通信端末用装飾具1cの携帯型通信端末Pからの不意の脱離を効果的に防止することができる。なお、図9〜図12中において、3cは表面、6cは光取込孔、7cは内周縁、8cは平滑光導波板部、9cは凹溝、10cは光散乱装飾部、11cはカメラ穴である。
【0036】
また、装着部材5cが係止爪である場合、当該係止爪及び背面被覆部材2cは肉厚の樹脂からなり、携帯型通信端末用装飾具1c全体が携帯型通信端末Pの背面を覆うように装着されるケースを構成してなることが好ましい。
【0037】
また、図13に示すように、背面被覆部材2の外周端部が透明に形成されていることにより、前記外周端部が光放出部12を構成することとしても好ましい。
【0038】
この場合、携帯型通信端末Pが着信すると、着信に連動して照明部材Lが発光し、光Aが光取込孔6を介して内周縁7から背面被覆部材2の内部に取り込まれる。
【0039】
平滑光導波板部7を導波する光Aは、光放出部12に到達すると、光放出部12の端面で散乱し、携帯型通信端末用装飾具1の外部に放出される。当該光放出部12における光Aの放出は、図13の二点鎖線Cが示す背面被覆部材2の外周に沿って生ずるため、使用者は着信を知ることができると同時に、背面被服部材2の外周部が縁取られるように輝く携帯型通信端末用装飾具1を鑑賞することができる。
【0040】
なお、図13には光散乱装飾部10も合わせて形成されているため、着信時には、光放出部12と共に光散乱装飾部10に沿った二点鎖線B部においても同時に光り輝く様子を鑑賞することができる。
【0041】
さらに、光取込孔6の表面側に光取込孔6を被覆して、光取込部材13を取り付けても好ましい(図14)。このとき、光取込部材13の裏面には粘着層が設けられており、光取込孔6に着脱自在に貼り付けられることによって取り付けられていることが好ましい。
【0042】
光取込部材13は照明部材Lと対向する面が光取込面14に形成されており、図15に示すように照明部材Lから放出された光Aを光取込面14で反射させることができる。
【0043】
光取込面14は、照明部材Lから放出された光Aを反射させることにより、光取込孔6の内周縁7へ光Aを導くことができる。光取込部材13を用いれば、光取込部材13を取り付けた状態では照明機能を利用することは困難となる。一方で、図15の部分拡大断面図(a)に示すように照明部材13から放出された光全体を効率よく光取込孔6へ取り込ませることができ、図15の部分拡大断面図(a)、(b)に示すように平滑光導波板部8を介して光散乱装飾部10及び光放出部12までより多くの光Aを導くことができる。そのため、光散乱装飾部10及び光放出12をより強く輝かせて装飾性を高めることができる。
【0044】
1 携帯型通信端末用装飾具
2 背面被覆部材
5 装着部材
6 光取込孔
7 内周縁
8 平滑光導波板部
9 凹溝
10 光散乱装飾部
12 光放出部
13 光取込部材
14 光取込面
L 照明部材


(57)【要約】

【課題】発光が強すぎて美観に欠ける着信報知用照明に、装飾効果を持たせる携帯型通信端末用装飾具を提供する。【解決手段】背面被覆部材2の上部には表面から裏面に貫通して光取込孔6が形成され、背面被服部材の中央部裏面に凹溝9をハート型に形成した光散乱装飾部10が設けられ、光取込孔と光散乱装飾部との間の平端部には平滑光導波板部を構成している。光取込孔6は携帯型通信端末の背面に設けられた照明部材Lを取り囲むように形成されており、照明部材から放出された光を光取込孔の内周縁7から背面被覆部材2の内部に取り込むことができる。光散乱装飾部が形成する装飾形状に沿って光を放出させ、通信端末の着信と連動して着信を使用者に報知すると共に、前記装飾形状が光によって浮き出る様子を鑑賞することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):