(54)【考案の名称】解体し易い太陽電池パネルブラケットの構造

(73)【実用新案権者】シァメン グレイス ソーラー テクノロジー カンパニー,リミテッド

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は太陽電池パネルが固定されるブラケットに応用し、高速分解機能がある架台とその構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池パネルの普及に伴い、その設置使用率が高まっている。家庭用や産業用などの場合で、太陽電池パネルをそれらのところで設置され、順調に動かすことがよく見える。普段の生活でよく見られる架台には主に以下の三つの部材がある。1つ目は工程面に固定されているフックである。2つ目はフックに固定される細長いレールである。3つはレールに固定されている調節できる固定金具である。実際に取付ける場合、先にレールをフックに固定し、そして太陽電池パネルをレールの適切なところに設置する、最後は固定金具を取り付け、太陽電池パネルをレールに固定する。
【0003】
通常太陽電池パネルの設置仕様や取付寸法、及びレールとソーラーパネル間の固定は、決めている形はなく、即時調整する必要があるため、調節可能な活動の構造が存在しなければならない。しかし、取付の強度を保つなら、構造はより複雑になり、結果として、取付強度を確保するために、取付時間も長くなる。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
既存の太陽光発電架台の高い複雑さ、取付時間が長いと言うデメリットに対し、本考案は解体し易い太陽光発電架台の構造を提案して、その提案は以下のとおりである。

【効果】

【0014】
第一、歪む姿勢で第一凹み溝の内に取り付けられ、必ず第一凹み溝の端部から取り付けなくてもよい。上固定金具が垂直方向から引っ張られると、その端部が傾斜案内面に互いに歩調を合わせると固定できる。上な固定金具は太陽発電パネルを固定するとき、引っ張る力での作用で二つの傾斜案内面によって位置決めおよびロックされる。この方法で、上固定金具とレール間の固定時間が節約でき、固定精度が保証できる。可動部品が少なく、固定の信頼性が高い。解体する場合で、上固定金具の外向張力が緩まれ、即ち上固定金具を歪む姿勢で第一凹み溝から取り出し、非常に便利である。
【0015】
第二、上固定金具と第一凹み溝との対称構造によって上固定金具の取付の自由度が拡大される。傾斜のボルトの連動によって左右方向からでも第一凹み溝に取り付けられる。ボルトに直立させて、すべての端部が傾斜案内面に歩調を合わせ、即ちボルトを締付ける操作によって上固定金具をレールに固定される。これは、上固定金具の取付がより便利になり、よりしっかりしている。
【0016】
第三、第二凹み溝の口に波紋面が設けられるため、外部の固定部材との摩擦力を増やすことができ、取付がよりしっかりしている。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本方案の実施例1の一部横断面を示す図である。
【図2】本方案の実施例2の一部横断面を示す図である。
【図3】本方案の実施例3の横断面の第一使用状態を示す図である。
【図4】図3の第一使用状態に基づく第二使用状態を示す図である。
【図5】図4の第二使用状態に基づく第三使用状態を示す図である。
【図6】図5の第三使用状態に基づく第四使用状態を示す図である。
【図7】本考案の実施例4の一部横断面を示す図であり、当実施例4の第二凹み溝に他の側面固定金具が設けられる。
【図8】図7の実施例に基づくレールが互い連接されるのを示す立体図である。
【図9】図3の実施例3に基づく実際組立を示す立体図である。

【0018】
以下図を見ながら、本考案の具体的な実施例を説明する。
【0019】
実施例1
【0020】
図1のように、本考案の実施例1の一部横断面を示す図であって、この構造は以下に含める。
【0021】
一つのレール90を具備して、当レール90に一つの第一凹み溝10が設けられ、当第一凹み溝10に口が上方に向かって、端部の二辺に皆内方に延長される内側エッジ11が設けられる。内側エッジ11内側に向かう制限部12が設けられ、制限部12が開口の反対方向に向かって突出されるため、一段の傾斜案内面13が構成され、制限部12の位置のレイアウトから見ると、傾斜案内面13がそれぞれ左右方向へ逆に向かうように構成される。
【0022】
ネジ穴が設けられる一つの上固定金具30が第一凹み溝10の中に動かし、第一凹み溝と歩調を合わせる。当上固定金具30のねじ穴はボルト39を固定し、上固定金具30には傾斜案内面13に歩調を合わせる尾部33がある。その中で、傾斜案内面13と尾部33に歩調を合わせる表面は平面でもよく、曲面の形態でもよい。
【0023】
本実施の中、第一凹み溝10に一つの高端内縁11Aと一つの低端内縁11Bが設けられ、同じように上固定金具30に一つの高端尾部33Aと一つの低端尾部33Bが設けられ、その内縁が高と低に設置されるため退位が構成される。この構造で、上固定金具30が傾斜される姿勢で左右方向から第一凹み溝10に取り付けるため、第一凹み溝10の端部から取り付ける必要はなくて、それに、上固定金具30が垂直方向から引っ張ると、その尾部33が傾斜案内面13に歩調を合わせてから位置決めと固定が得られて、自動的に中心に合う。太陽光発電パネルがボルト39で上固定金具に固定させると、張力の作用で二つの傾斜案内面13によって位置決めおよびロックが完成されて、上固定金具30とレール90との固定時間が節約され、固定精度が保証される。可動部品が少なく、固定の信頼性が高い。解体する場合は、上固定金具30に対する外向張力が緩められ、即ち上固定金具30を歪む姿勢で第一凹み溝10から取り出されて、非常に便利である。
【0024】
実施例2
【0025】
図2のように、本方案の実施例2の一部横断面を示す図であって、この実施例の中、傾斜案内面13と端部33と制限部12の構造が同じように設けられて、違うのは、上固定金具30のトップがだんだん細くなる尖った先で、内側エッジ11、制限部12、尾部33と上固定30が全て左右対称になる構造に設計される。この設定によって上固定金具30の取付の自由度が拡大されて、ボルト39が傾斜される姿勢で左右方向から第一凹み溝10に取付ることができる。ボルト39に直立させて、すべての端部33が傾斜案内面13に歩調を合わせ、即ちボルト39を締付ける操作によって上固定金具30がレール90に固定される。これによって、上固定金具30の取付がより便利になり、それに上固定金具30の受け力が平均して、よりしっかりしている。
【0026】
実施例3
【0027】
図3のように、本方案の実施例3の横断面の第一使用状態を示す図であって、図4は図3の第一使用状態に基づく第二使用状態を示す図であって、図5は図4の第二使用状態に基づく第三使用状態を示す図である。図6は図5の第三使用状態に基づく第四使用状態を示す図である。図3から図6に至るまでを組み合わせて、本実施の形態を同時に説明しよう。
【0028】
本実施例の中レール90に一つの第二凹み溝20と一つの側面固定金具40も設けられ、当第二凹み溝20及び側面固定金具40の歩調を合わせる方式が第一凹み溝10と上固定金具30の配合方式と同じように設計される。側面固定金具40にねじ41によってホルダーやフックなどの固定部品が取れ付けられ、上固定金具30を固定接続したボルト39によって太陽光発電パネルなどの活動部品が取付けられるため、レール90が早速に上固定金具30と側面固定金具40に固定されるように保たれ、図3のように、ボルト39と第一凹み溝10の口方に、及びねじ41と第二凹み溝20の口方に、それぞれ傾きが維持されて、上固定金具30と側面金具40の尖った頭部を利用して図3の矢印方向によって対応の凹み溝に挿入される。
【0029】
これに基づき、図4に示されている矢印の方向に応じて、ボルト39とねじ41を回して、それぞれの対応凹み溝の開口方に一致される。その目的は、上カードブロック30と側カードブロック40の姿勢が調整されるために、それが第一凹み溝10と第二凹み溝20にそれぞれ制限させる。
【0030】
図4に基づき、図5に示されている矢印の方向に応じて、ボルト39とねじ41を締めて、上固定金具30と側面固定金具40がそれぞれ第一凹み溝10と第二凹み溝20の各自の開口部に触れられて、各自の傾斜案内面が各自の端部に歩調を合わせて制限し始めた。
【0031】
最後、図6の場合は、上固定金具30がボルト39に引っ張られ、側面固定金具40がねじ41に引っ張られ、完全にそれぞれ対応する第一凹み溝10と第二凹み溝20に制限されるので、互いに固定することによって動かない。本実施例の第一凹み溝10が上方に位置されて、第二凹み溝20が側辺に位置されるため、同時に上面と側面の取付が考慮される。だから、レール90の固定を含む全体の組立工程は、非常に便利になるように達成される。
【0032】
本実施例の中で、第一凹み溝10と第二凹み溝20が同一の押出材に成型されて、第一凹み溝10の一つの側辺が第二凹み溝20の口に位置する辺と同側に設置されて、且つ第一凹み溝10の当側辺が第二凹み溝20の一つの側辺とつながり、即ち第二凹み溝20の口に位置する辺とつながって、第一凹み溝10のもう一つの側辺が一段の曲げ材を経由して第二凹み溝20のもう一つの側辺と繋がる。その構造が単純なほど、少ない資材や小さい容積であり、十分な強度を有している。第二凹み溝20の開口に位置する辺が波紋面91に設けられるため、外部固定部との摩擦力を増やすことができ、取付がよりしっかりしている。解体のプロセスで、前記取付のプロセスが逆に操作されてよい。
【0033】
図9は図3の実施例3に基づく実際組立を示す立体図である。レール90の上本体がフック92によって端部などの工程面に固定され、レール90の上方に太陽光発電パネル80が配置されて、且つブリケット93によって締付けられる。そのほか、レール90の第一凹み溝10でバッフル94などの様々なコンポーネントも固定され、もっと速く、安定した条件で固定工事が完了される。
【0034】
実施例4
【0035】
図7のように、本方案の実施例4の一部横断面を示す図であり、当実施例4の第二凹み溝に他の側面固定金具が設けられる。図8は図7の実施例に基づくレールが互い繋がるのを示す立体図である。この実施例の側面固定金具40に特に二つの尾定位塊43が設けられ、当端部定位塊43によって側面固定金具40に自由に回転させることができないように特別に側面固定金具40の位置が制約されて、第二凹み溝20の口の外に設けられる波紋面91に配合されることによって、固定部材50がしっかりとガイドレール90に相対的に固定される。図8のように、一つの固定部材50のみで二つのレールが固定される。
【0036】
以上で述べたのはわずか本方案の一つの具体的な実施の形態だけである。しかし、本方案のデザインアイディアはこれに限定されるものではなく、本考案のアイディアに基づいて変形させることが可能であり、それらは本考案の範囲から排除するものではない。
【産業上の利用可能性】
【0037】
本考案の解体し易い太陽光発電パネル架台の構造には、その上固定金具が歪む姿勢で第一凹み溝の内に挿入されて、且つ特定の場合で、当上固定金具が垂直方向から引っ張ると、その端部が傾斜案内面に歩調を合わせてから位置決めと固定が得られる。そのため、上固定金具とレールとの固定時間が節約でき、固定精度が保証されて、可動部品が少なく、固定の信頼性が高い。
【0038】
10 第一凹み溝
11 内側エッジ
12 制限部
13 傾斜案内面
20 第二凹み溝
30 上固定金具
33 端部
39 ボルト
40 側面固定金具
41 ねじ
43 端部定位塊
50 固定部材
80 太陽光発電パネル
90 レール
91 波紋面
92 フック
93 架台

(57)【要約】

【課題】上固定金具とレールとの固定時間が節約され、固定精度が保証され、少ない可動部品や高信頼性の固定方式や非常に便利な太陽光発電パネル架台を提供する。【解決手段】一つのレール90とネジ穴が設けられる一つの上固定金具30を具備して、前記レールには少なくとも一つの第一凹み溝10を有し、前記第一凹み溝の口の末端に内側に延長される内側エッジ11が設けられ、前記内側エッジの端に前記口の反対方向に向かって突出する制限部12が設けられ、前記制限部に相互の背面に頼る反対側に置く傾斜案内面13を設け、前記上固定金具が前記第一凹み溝に動かして歩調を合わせ、上固定金具30の端部が前記第一凹み溝の内に設置されて且つ前記制限部の傾斜案内面13に互いに歩調を合わせるようにした解体し易い太陽光発電パネル架台の構造を提案している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):