(54)【考案の名称】1列のPVモジュールの支持レール

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、1列のPVモジュールの支持レールに関する。

【従来の技術】

【0002】
このような支持レールは、1列に並べられた複数の太陽電池(Photovoltaic Modules)モジュール、略してPVモジュールを支持する。実際には、この目的のために、支持レールは、屋根上、または露地に配列された支持構造物内の一要素である。支持レールは、直流電流をインバータに送るために特に有用な導電体を備えることができる。
【0003】
国際公開第2004/017424 A2号から、PVモジュール用の固定デバイス(fixing device)が知られている。前記固定デバイスは中空の異形レールを備え、比較的小さな断面を有する電流線がこの異形レールの支承面の下に取り付けられる。
【0004】
ドイツ特許第20 2006 012 495 U1号から、導電体を有しない、1列のPVモジュール用の支持レールが知られている。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案の一目的は、1列のPVモジュールを支承するための材料効率のよい支持レールを提供することであり、支持レールは一体化された導電体を備える。導電体は、大きな材料断面を有するが、ただし、その自重により支持レールの支圧強度を低下させることがないものとする。

(57)【要約】

【課題】1列のPVモジュールを支持するための材料効率のよいPVモジュールの支持レールを提供する。【解決手段】PVモジュール1が異形支持要素2によって支持され、異形支持要素2は外側中空異形要素3、絶縁要素4、および金属製内側中空異形要素5を備え、絶縁要素4、外側中空異形要素3、および内側中空異形要素5は互いに電気的に分離される。内側中空異形要素5は、絶縁要素4を使って外側中空異形要素3内に収容され、絶縁要素4を使って異形支持要素2に垂直なすべての方向にわたって形状ばめにより外側中空異形要素3内に保持される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):