(54)【考案の名称】太陽電池パネル用架台

(73)【実用新案権者】株式会社アドバンス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池パネル用架台に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、多数の太陽電池アレイが設けられたメガソーラーと呼ばれる大規模な発電施設の建設が増えてきている。かかる施設に設置される太陽電池パネル用の架台としては、例えば特許文献1に記載されたものがある。同文献に記載の太陽電池パネル用架台は、鉄筋コンクリート製であり、鋼管等の支持材を介して太陽電池パネルが取り付けられるようになっている。この架台は、施工地において型枠内にコンクリートを流し込んで形成される。

【効果】

【0007】
本考案によれば、工期の短縮に適した構造の太陽電池パネル用架台が実現される。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案による太陽電池パネル用架台の一実施形態を示す斜視図である。
【図2】図1の太陽電池パネル用架台における地面近傍の構造を示す斜視図である。
【図3】図1の太陽電池パネル用架台におけるスパイラル杭を示す斜視図である。
【図4】図2に対応する平面図である。
【図5】図1の太陽電池パネル用架台に太陽電池パネルが取り付けられた状態を示す斜視図である。

【0009】
以下、図面を参照しつつ、本考案の実施形態について詳細に説明する。なお、図面の説明においては、同一要素には同一符号を付し、重複する説明を省略する。
【0010】
図1は、本考案による太陽電池パネル用架台の一実施形態を示す斜視図である。また、図2は、図1の太陽電池パネル用架台における地面近傍の構造を示す斜視図である。太陽電池パネル用架台1は、単管パイプ10(第1の単管パイプ)、単管パイプ20(第2の単管パイプ)、及びスパイラル杭30をそれぞれ複数ずつ備えている。
【0011】
単管パイプ10は、単管パイプ10a、単管パイプ10b及び単管パイプ10cを有しており、太陽電池パネルが取り付けられる傾斜面を構成している。この傾斜面の角度は、例えば水平面から25°とされる。単管パイプ10a及び単管パイプ10bは、水平方向に延在しており、互いに平行である。単管パイプ10bは、単管パイプ10aよりも高い位置に設けられている。単管パイプ10cは、単管パイプ10aから単管パイプ10bに渡って、傾斜して延在している。
【0012】
単管パイプ10を支持するように、単管パイプ20が設けられている。単管パイプ20は、鉛直方向に延在している。単管パイプ10及び単管パイプ20の径は、例えば、48.6mmである。これらの単管パイプ10a、単管パイプ10b及び単管パイプ10c、並びに単管パイプ20は、クランプ等の固定部材を介して互いに組まれている。
【0013】
図3は、スパイラル杭30を示す斜視図である。スパイラル杭30の周囲には、螺旋状の羽根30aが形成されている。羽根30aの幅(スパイラル杭30の外周面から突出した部分の長さ)は、例えば、1.5cm〜2cm程度である。スパイラル杭30には、亜鉛メッキが施されていることが好ましい。
【0014】
スパイラル杭30の大部分は、図2に示すように、地中に埋め込まれている。スパイラル杭30の長さは、例えば160cmである。その場合の地中に埋め込まれる部分の長さは、例えば155cmである。また、スパイラル杭30の径は、例えば76mmである。スパイラル杭30は中空状をしており、その内部には単管パイプ20が挿入されている。このように単管パイプ20は、スパイラル杭30の内部に挿入された状態で、スパイラル杭30に固定されている。
【0015】
スパイラル杭30の上部(地上に露出する部分)には、2つの孔32が形成されている(ただし、図2においては、1つの孔32のみが図示されている。)。これらの孔32は、対をなしており、互いに対向する位置に形成されている。同様に、単管パイプ20にも一対の孔(図示せず)が形成されている。これらの孔は、スパイラル杭30の孔32に対応する位置に設けられている。
【0016】
図4に示すように、単管パイプ20に形成された一対の孔、及びスパイラル杭30に形成された一対の孔を貫通するように、ピン50(図2では図示を省略)が挿入されている。ピン50の長さは、例えば130mmである。このピン50によって、単管パイプ20とスパイラル杭30とは互いに固定されている。
【0017】
また、スパイラル杭30の上部には、4つのナット34が溶接されている。4つのナット34は、図4からわかるように、等間隔に配設されている。これらのナット34に嵌合されたボルト36によって、単管パイプ20がスパイラル杭30に固定されている。
【0018】
さらに、太陽電池パネル用架台1は、型枠40を備えている。型枠40は、筒状をしており、スパイラル杭30を包囲するように設けられている。型枠40の径は、例えば180mmである。また、型枠40の高さは、例えば70mmである。型枠40内には、モルタル(図示せず)が充填されている。
【0019】
図5は、太陽電池パネル用架台1に太陽電池パネルが取り付けられた状態を示す斜視図である。同図に示すように、太陽電池パネル60は、単管パイプ10によって構成された傾斜面に取り付けられる。これにより、太陽電池パネル60は、所定の傾斜角をもった状態で太陽電池パネル用架台1により支持される。
【0020】
続いて、太陽電池パネル用架台1の効果を説明する。太陽電池パネル用架台1においては、地中に埋め込まれたスパイラル杭30に、単管パイプ20が挿入された状態で固定されている。このため、施工時にコンクリートを打設しなくても、充分な強度を有する架台を設置することが可能となる。これにより、コンクリートを打設する工程を省略し、工期の短縮を図ることができるとともに、コストの削減も図ることができる。また、コンクリートが打設されない場合、太陽電池パネル用架台1を撤去して原状回復する際にも、工期を短縮するとともに、コストを削減することができる。
【0021】
さらに、スパイラル杭30は、油圧オーガが装着された油圧ショベルを用いて地中に埋設することができる。そうすることにより、手作業で埋設する場合に比べて、工期を大幅に短縮することができるとともに、スパイラル杭30を垂直に埋設することが容易になる。
【0022】
単管パイプ20及びスパイラル杭30は、それぞれに形成された一対の孔を貫通するピン50によって互いに固定されている。これにより、簡易な構成で、単管パイプ20とスパイラル杭30とを確実に固定することができる。
【0023】
単管パイプ20は、ナット34に嵌合されたボルト36によって、スパイラル杭30に固定されている。これにより、簡易な構成で、単管パイプ20とスパイラル杭30とをより確実に固定することができる。
【0024】
スパイラル杭30の周囲には型枠40が設けられており、型枠40内にモルタルが充填されている。これにより、簡易な構成で、太陽電池パネル用架台1の強度を高めることができる。また、モルタルは、コンクリートに比べて撤去が容易であるため、太陽電池パネル用架台1を撤去して原状回復する際の工期短縮に資する。
【0025】
スパイラル杭30に亜鉛メッキが施されている場合、スパイラル杭30が錆びるのを防ぐことができる。このことは、太陽電池パネル用架台1の長寿命化につながる。
【0026】
スパイラル杭30の羽根30aの幅が1.5cm以上である場合、地中におけるスパイラル杭30の安定性が特に高くなるため、太陽電池パネル用架台1の強度を高めるのに好適である。
【0027】
1 太陽電池パネル用架台
10 単管パイプ(第1の単管パイプ)
20 単管パイプ(第2の単管パイプ)
30 スパイラル杭
30a 羽根
32 孔
34 ナット
36 ボルト
40 型枠
50 ピン
60 太陽電池パネル

(57)【要約】

【課題】工期の短縮に適した構造の太陽電池パネル用架台を提供する。【解決手段】太陽電池パネル用架台1は、単管パイプ10(第1の単管パイプ)、単管パイプ20(第2の単管パイプ)、及びスパイラル杭をそれぞれ複数ずつ備えている。単管パイプ10は、太陽電池パネルが取り付けられる傾斜面を構成している。単管パイプ20は、単管パイプ10を支持している。スパイラル杭は、中空状をしており、その周囲には螺旋状の羽根が形成されている。スパイラル杭は、地中に埋め込まれている。単管パイプ20は、スパイラル杭の内部に挿入された状態で、スパイラル杭に固定されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):