(54)【考案の名称】肘掛部嵌脱可能な大型重量ソファー

(73)【実用新案権者】株式会社丸庄

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、分解状態及び組立状態のいずれにおいても可能とする肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファーに関する。また使用しないときには分解して納めておき、必要に応じてソファーを構成することができる運搬が容易な嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファーの組立家具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の壁型組立家具は、収納壁面の一部を机だけに転換したり、ベッドだけに転換するものが主体であって、例えば特許文献1や特許文献2等にその具体例が見られる。従来、分解状態(各部品ごとの状態)、組立状態(製品の状態)のいずれかの状態で可能な種々の大型ソファーが公知である。
上記したもののうち、組立状態、分解状態で可能な大型ソファーは、分解した状態での保管時、輸送時の省スペース性が悪い欠点がある。保管時、輸送時の省スペース性の悪さは、管理コストの増加に直接影響を与えるため非常に問題である。
【0003】
一方、分解状態で可能な大型重量ソファーは、部品ごとに安定した状態でまとめて輸送できるため、納入時の輸送の手間は大幅に低減できるが、組立状態が不可能であるため、注文を受ける前に組立を行うことは省スペース性を損なうこともあり行えず、注文後に組立を行う必要が生じ、顧客に対して迅速に納入することができない点で不便であった。
【0004】
以上のような欠点を解消するものとして、分解状態及び組立状態のいずれにおいてもスタッキングが可能となる学校用机、例えば、略逆Vの字状をなす一対の脚杆を互いに両側に間隔を存して相対向配置し、その両脚杆の頂部の各々の内側に天板受金物を設けるとともに、その天板受金物の稍々下方に位置して上記両脚杆相互間に連結杆を横架し、さらに両脚杆の下端方寄り部に手前方を開放した平面コ字形状の足掛杆を該両脚杆の各前後脚杆部の外側に配すべく取付けて構成した机脚と、これを組立てなる大型ソファー(特許文献1参照)が公知である。
【0005】
脚板と天板が安定した状態で組み付けることができて組み付け作業も簡単に行うことができ、また組み外した際にはコンパクトに収納させることができる他、部品点数を少なくて済ますことのできる組立テーブル及び組立椅子を提供することを目的として、2枚の脚板の中央を直角に組み合わせて脚部を構成すると共に、平面視十字状に組み合わせた脚板の上部外端近傍から上方に突出させてある突起を、該突起に合わせた位置に形成された上板の開孔に突入させて脚板と上板を一体的に組み合わせてなることが提供している(特許文献2参照)。
【0006】
また使用しないときには、設置した部屋の空間を狭くすることのない壁とすることができ、ベッド、机、あるいはソファーに簡単に変換することができる組立家具を提供できて、外枠内に、手前側に開閉可能に連結したベッド枠及び机板とを収納するとともに、ベッド枠の下縁を外枠に対して手前側に開閉可能に連結し、ベッド枠内に収納した複数のソファー枠の下縁を外枠に開閉可能に連結する。ソファー枠内に脚板を収納してこれを左右方向に開閉可能に連結していることが提案されている(特許文献3参照)。
【0007】
大型の重量ソファーを分解して、簡単に組み立てできるような大型重量のあるソファーについては全体、部分的に肘掛部嵌脱可能にしたものは存在していない。さらに高層住宅、あるいは狭間の玄関をもつ建築物などへの搬入に便利をきたしている。
【0008】

【効果】

【0016】
肘掛部と座板部と背板部とクッション部とからなる大型重量ソファーにおいて、肘掛部と座板部と背板部とクッション部との組立状態で再構できるように分解が可能なであり、肘掛フレームと座板部と背板部とは、クッション部と相互に対向する右枠脚付き肘掛部と左脚付き枠肘掛部の夫々の上部の一端とを嵌脱可能な特殊連結金具で嵌合できており、肘掛部と座板部と背板部とクッション部とのフレームのみの分解・組み立てを簡単に可能にした。
【0017】
相互に対向する右枠脚付き肘掛部と左脚付き枠肘掛部と座板部と背板部との夫々の上部の一端とを特殊連結金具で、肘掛部とクッション部との長手中央よりも上部となる位置に、雄雌連結金具を設けることにより、フレームの強度を飛躍的に向上するだけでなく、大型重量ソファーが組立状態であっても、対向する右枠脚付き肘掛部と左脚付き枠肘掛部の夫々フレームの右肘掛枠及び左肘掛枠、並びに座板部と背板部との捩れを抑えることができた。
【0018】
また組立状態でのスタッキングが可能な大型重量ソファーにおいて、ソファー部本体の両端に組立状態で相互を簡潔的に連結して、両脚付き肘掛と並行的にソファー本体部とに取り付けた側部に雄雌連結金具を所持していることより、保管時、輸送時の管理コストを低減でき、製品完成後には、肘掛とソファー本体と嵌脱可能な組み合わせることができた。
【0019】
また、それによって大型で重量のあるソファーを高層住宅、あるいは狭間の玄関をもつ建築物などへの搬入、運搬などの搬送と設置に対して簡易になった。
特殊連結金具によって、より一層、フレーム強度を向上することができた。外部からの衝撃を長手方向に形成される平面で受けることができることから、衝撃をより分散させることができ、耐久強度を高めることができた。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファーの斜視図。
【図2】肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファーの肘掛部取り付け側面における特殊連結金具取り付け口の位置図。
【図3】肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファー組み立て各部品を示す状態図。
【図4】大型重量ソファーに使用する雌雄特殊連結金具の構造と分解の図。
【図5】肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファーの雌雄連結金具を部品に取り付けた状態を示す状態図。A:掘り込み部の嵌合箇所での雌連結金具の取り付け状態 B:掘り込み部の嵌合箇所での雄連結金具の取り付け途中状態
【図6】掘り込み部の嵌合箇所の状態図 A:掘り込み部の切断面、B:掘り込み部の平面

【0021】
図1は肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファーの斜視図であるが、図2では肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファーの肘掛部取り付け側面における特殊連結金具取り付け口の位置図、図3では肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファー組み立て各部品を示す状態図である。
さらに図4は大型重量ソファーに使用する雌雄特殊連結金具の構造図(A)と分解図(B)、および図5は、肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファーの雌雄連結金具を部品に取り付けた状態を示す状態図を示した。
【0022】
図3に示すように、ウォールナット製肘掛部とレザー製のソファー部からなる80kgの重量を持つ大型ソファーにおいて、寸法として高さ840mm、奥行き930mm、幅1900mmである肘掛部とソファー部(クッション部+座板部+背板部)との組立状態が可能な組み立て分解できる大型ソファーは、図3に示すように肘掛フレームと、相互に対向する右枠肘掛部と左枠肘掛部と、さらに座板部と背板部との夫々の一端とを本体のソファー部とに図4に示すような特殊連結金具で連結して組み立てることができた。
【0023】
図2,5に示すように、前記右肘掛部枠と左枠肘掛部と座板部と背板部とのT溝付き形状掘り込み構造である嵌合口の状態で相互を簡潔的に連結した。
【0024】
なお、図4の側部の肘掛を接合する連結金具は寸法として、長さ65mm、厚さ9mm、幅30mmのグラスファイバー入り樹脂製で、側部の脚付き肘掛の中央部に5箇所に取り付けて、側肘掛部の連結金具と前記ソファーの連結金具によって結合した。両側に木製肘掛部と中央部にソファー部を持つもので、高さ840mm、奥行き930mm、幅1900mmに、座板部と背板部と肘掛部との嵌脱の連結金具10か所によって嵌合接合した。
【0025】
肘掛部嵌脱の連結金具は、雄体、及び雌体の一方を挿入できるようなT溝付き形状掘り込み構造になって、各部体を40mmの厚さを持つ木材厚さ面の両者間で、各々のT溝付き弓形状に彫り込んで、その箇所に1.5mm巾のT溝を持つ弓円様形状空洞部に挿入できる嵌脱の前記連結金具を嵌合して、ファイバー入り樹脂製であって、図4に示すように雄雌連結金具の接合を持つ半円状の形状と2点凹凸接合構造になっている雄と、雌との両接合連結具であって、図5に示すように各部品の木部の掘り込み溝をもつ両側面口と肘掛部と座板部と背板部とソファー部とに雄・雌の連結金具の一方を取り付けた。その結果図1に示すような製品が完成した。
【0026】
この完成製品(図1)を購入先の高層マンションに運搬は、各部品に分解して搬送して、容易にできた。また運搬業者でも各部品を簡単に組み立てができて、図1の製品に仕上げて、使用することができた。
【0027】
図3に示すように、ウォールナット製肘掛部とレザー製のソファー部からなる100kgの重量を持つ大型ソファーにおいて、寸法として高さ840mm、奥行き930mm、幅2100mmである肘掛部とソファー部(クッション部+座板部+背板部)との組立状態が可能な組み立て分解できる大型ソファーは、図3に示すように肘掛フレームと、相互に対向する右枠肘掛部と左枠肘掛部と、さらに座板部と背板部との夫々の一端とを本体のソファー部とに図4に示すような特殊連結金具で連結して組み立てることができた。
【0028】
図2,5に示すように、前記右肘掛部枠と左枠肘掛部と座板部と背板部とのT溝付き形状掘り込み構造である嵌合口の状態で相互を簡潔的に連結した。
【0029】
なお、図4の側部の肘掛を接合する連結金具は寸法として、長さ65mm、厚さ9mm、幅30mmのグラスファイバー入り樹脂製で、側部の脚付き肘掛の中央部に5箇所に取り付けて、側肘掛部の連結金具と前記ソファーの連結金具によって結合した。両側に木製肘掛部と中央部にソファー部を持つもので、高さ840mm、奥行き930mm、幅2100mmに、座板部と背板部と肘掛部との嵌脱の連結金具12か所によって嵌合接合した。
【0030】
肘掛部嵌脱の連結金具は、雄体、及び雌体の一方を挿入できるようなT溝付き形状掘り込み構造になって、各部体を40mmの厚さを持つ木材厚さ面の両者間で、各々のT溝付き弓形状に彫り込んで、その箇所に1.5mm巾のT溝を持つ弓円様形状空洞部に挿入できる嵌脱の前記連結金具を嵌合して、ファイバー入り樹脂製であって、図4に示すように雄雌連結金具の接合を持つ半円状の形状と2点凹凸接合構造になっている雄と、雌との両接合連結具であって、図5に示すように各部品の木部の掘り込み溝をもつ両側面口と肘掛部と座板部と背板部とソファー部とに雄・雌の連結金具の一方を取り付けた。その結果図1に示すような製品が完成した。
【0031】
この完成製品を購入先の玄関の幅が狭い集合住宅での運搬は、各部品に分解して搬送して、容易にできた。また運搬業者でも各部品を簡単に組み立てができて、図1に示すようなソファーの製品に仕上げて、室内に設置ができた。
【0032】
図3に示すように、オーク製肘掛部とファブリック製のソファー部からなる90kgの重量を持つ大型ソファーにおいて、寸法として高さ900mm、奥行き930mm、幅1900mmである肘掛部とソファー部(クッション部+座板部+背板部)との組立状態が可能な組み立て分解できる大型ソファーは、図3に示すように肘掛フレームと、相互に対向する右枠肘掛部と左枠肘掛部と、さらに座板部と背板部との夫々の一端とを本体のソファー部とに図4に示すような特殊連結金具で連結して組み立てることができた。
【0033】
図2,5に示すように、前記右肘掛部枠と左枠肘掛部と座板部と背板部とのT溝付き形状掘り込み構造である嵌合口の状態で相互を簡潔的に連結した。
【0034】
なお、図4の側部の肘掛を接合する連結金具は寸法として、長さ65mm、厚さ9mm、幅30mmのグラスファイバー入り樹脂製で、側部の脚付き肘掛の中央部に5箇所に取り付けて、側肘掛部の連結金具と前記ソファーの連結金具によって結合した。両側に木製肘掛部と中央部にソファー部を持つもので、高さ900mm、奥行き930mm、幅1900mmに、座板部と背板部と肘掛部との嵌脱の連結金具10か所によって嵌合接合した。
【0035】
肘掛部嵌脱の連結金具は、雄体、及び雌体の一方を挿入できるようなT溝付き形状掘り込み構造になって、各部体を40mmの厚さを持つ木材厚さ面の両者間で、各々のT溝付き弓形状に彫り込んで、その箇所に1.5mm巾のT溝を持つ弓円様形状空洞部に挿入できる嵌脱の前記連結金具を嵌合して、ファイバー入り樹脂製であって、図4に示すように雄雌連結金具の接合を持つ半円状の形状と2点凹凸接合構造になっている雄と、雌との両接合連結具であって、図5に示すように各部品の木部の掘り込み溝をもつ両側面口と肘掛部と座板部と背板部とソファー部とに雄・雌の連結金具の一方を取り付けた。その結果図1に示すような製品が完成した。
【0036】
この完成製品(図1)を購入先の高層集合住宅に運搬は、各部品に分解して搬送して、容易にできた。また運搬業者でも各部品を簡単に組み立てができて、図1のような製品に仕上げて、使用することができた。
【0037】
1.肘掛部
2.クッション部
3.右脚付き肘掛部
4.左脚付き枠肘掛部
5.雄雌連結金具一体
6.雄連結金具部
7.雌連結金具部
8.座板部
9.背板部
10.接合部
11.リブ
12.T溝
13.掘り込み部
14.嵌合箇所

(57)【要約】

【課題】分解状態、組立状態のいずれでも肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型重量ソファーを分解状態での保管時、輸送時の管理コストを低減でき、製品完成後には、簡単にできる。使用しないときには、設置した部屋の空間を広くすることができる大型重量ソファー家具を提供する。【解決手段】肘掛部とソファー部からなる大型重量ソファーにおいて、ソファー本体部と脚付き肘掛部3,4と座板部8と背板部9との組立が可能な組み立て分解できるソファーにおいて、肘掛フレームは、座板部8と背板部9との組立と、相互に対向する右枠と左枠の夫々の上部の一端を特殊連結金具で連結し、ソファー部内に収まる肘掛部嵌脱可能な肘掛付大型ソファーである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):