(54)【考案の名称】外反母趾内反小趾用足滑り防止ハイヒールサンダル

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ハイヒールのサンダルに関し、外反母趾や内反小趾等の状態にある人の足が、サンダルの前へ滑ることにより圧迫されて起こる刺激で痛みを感じることを防止する構造を備えたサンダルである。

【従来の技術】

【0002】
外反母趾という親指の付け根や第1関節の骨が突出し人差し指方向に曲がる疾患、内反小趾という小指の第1関節や付け根から骨が突出し薬指方向に曲がる疾患がある。
外反母趾や内反小趾等対応の靴やサンダルは各種存在し、又、足の健康に配慮した靴やサンダルの中で、巾の調整できるもの、中敷きに凹凸のあるものなどが実際に販売されている。
【0003】
しかし外反母趾や内反小趾等を予防するもの、保護したり対応するもの、矯正したりする目的で靴の巾や中敷きが調整可能というものである。ハイヒールのサンダルで、長時間の歩行を考慮し、足がサンダルの前へ滑ることを防ぐ構造によって、外反母趾や内反小趾等を刺激しないようするものはなかった。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案は、ハイヒールのサンダルで、歩行時に足が靴の前方へ移動することを防ぐため、サンダルの足裏形状に一致した足の位置を保つことができる。歩行時に足が前へ滑ることにより靴の側面で圧迫を受け、刺激されて痛みを感じるのを防止できる。外反母趾や内反小趾等だけでなく長時間歩行することによる足のむくみにも対応し、足幅を足指付け根部と足の甲部それぞれで調整が可能となる。時間により変化する足の状態に外観品質を低下することなく合わせることができるというすぐれた効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】第1実施例の外反母趾内反小趾用足滑り防止ハイヒールサンダルで前すべり防止構造の全体斜視図である。
【図2】第1実施例の外反母趾内反小趾用足滑り防止ハイヒールサンダルの足指付け根部分を包囲している靴生地を解放し、抱合部接続金具を外した状態の全体斜視図である。
【図3】第1実施例の外反母趾内反小趾用足滑り防止ハイヒールサンダルの足指付け根部分を包囲している靴生地を解放し、中底に前滑り防止の為の突起を配設し、上部から見た全体斜視図である。
【図4】第1実施例の外反母趾内反小趾用足滑り防止ハイヒールサンダルの足指付け根部分を包囲している面ファスナー部分を、靴飾りで隠した状態の全体斜視図である。
【図5】第2実施例の外反母趾内反小趾用足滑り防止ハイヒールサンダルの足指付け根部分を包囲する着脱可能抱合部で、片側を予め縫い合わせた状態の全体斜視図である。

【0012】
本考案を実施するために最良の形態の例として以下のような実施例を示す。
【0013】
図1〜図4には本考案に係る外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダル1の第1実施例が示されている。なお、実施例では、外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダルを婦人靴に適用した場合を例にして説明する。
図1に示されるように、外反母趾内反小趾用足滑り防止ハイヒールサンダル1は、本底と中底と中敷きと足側面と足指付け根部と甲部とバックベルトとヒールを備えたサンダルである。図1の2は、交差編み上げ靴紐部で、足指付け根部から足の甲部にかけての側面を包囲するように靴生地を備え、甲部の靴生地に穴を配設し、そこを通して紐で交差し編み上げ、甲の高さと幅を調整可能にすることを特徴としている。
図1の3は、着脱可能抱合部で、前記2の靴生地と一体となっており、中央で併合し、図1の4の金具を通し折り返す。裏面には面ファスナーをループ面とフック面に分けて配設し、係止して足幅を包囲できるようにする。
図1の5は、拇指の付け根側甲の上部と小指付け根側甲の上部の、靴生地が湾曲した部分であって、湾曲部にゴムを縫い合わせ、伸縮するように配設する。
図1の6は、中底でクッション性のある素材を使用、図3の15は、足指付け根部分の横幅に前滑り防止の為の突起をつける。これにより、前すべり防止の機能を高める。
図1の7は、足の両側面に、足指付け根部から足の甲部にかけて包囲するように靴生地を備える。
図1の8は、本底で柔軟性がある素材を使用、歩行時に足を曲げても靴底が密着し衝撃を吸収する。本底の裏はスリップを防ぐゴム製で凹凸のあるものを使用する。
図1の9はヒール部で底面はスリップを防ぐゴム製で凹凸のあるものを使用する。
図1の10は中敷きで前すべりしにくい素材を使用する。
図1の11は、踵部分で歩行時の脱足防止のためのサンダル用バックベルトを備え、ベルトには穴を2箇所設け、長さを調整することができる。
図1の12は、靴飾りで、ファッション性に配慮し、面ファスナー部分を隠すため、取り付け取り外しができるよう金具を備えている図4の16。
【0014】
図5には本考案に係る外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダルの第2実施例が示されている。なお、第1実施例の外反母趾内反小趾用前滑り防止サポートサンダル1の構成と同一の符号を用いてその説明は省略する。
図5は、第1実施例の構造のうち、図1の4の着脱可能抱合部で、併合部接続金具を予め一方に縫い合わせ、図1の3のもう一方の片側のみ併合部接続金具を通して折り返し、面ファスナーで係止し足幅に合わせ係止する。
【0015】
次に第1実施例の外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダルの作用について説明する。
外反母趾内反小趾を持つ人が外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダルを履く場合は、図2に示すように交差編み上げ靴紐部2はあらかじめ緩めておき、着脱可能抱合部3を解放して足を入れ、足幅に合わせ面ファスナーを係止して包囲する。次に交差編み上げ靴紐部2を甲の高さと幅に合わせて調節し結ぶ。
外出時に外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダルを着脱する場合でも、交差編み上げ靴紐部は、両側面から支えられていて足が入る空間は開口しており、円滑に着脱可能である。
外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダルを履いて歩行すると、着脱可能抱合部が足指部分の前すべりを防止し、交差編み上げ靴紐部が足の甲の前すべりを防止し、さらに突起した中底が足指付け根で前すべりを防止する機能を高める。
また、拇指側と小指側の靴生地上部湾曲部分図1の5は、ゴムを縫い合わせ、外反母趾や内反小趾状態の指付け根である突出部分が靴生地に当たっても、伸縮して痛みが生じない。
長時間歩行により足がむくんできた場合、前記の着脱可能抱合部と交差編み上げ靴紐部を調整することにより、足の状態に合わせることができる。
また、面ファスナー係止部分に靴飾りが係止できることで、ファッション性をより一層高めている。
【0016】
次に第2実施例の外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダルの作用について説明する。第2実施例では、併合部接続金具を予め一方に縫い合わせてあるため、面ファスナーは片側のみの配設で良く、抱合部接続金具が外れてしまうことがないのが利点であるが、中央部分が偏り靴飾りの位置が変わる場合がある。
なお、他の作用と効果は第1実施例の外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダルと同一であるので、説明は省略する。
【産業上の利用可能性】
【0017】
本考案の外反母趾内反小趾用前滑り防止ハイヒールサンダルは、婦人靴の他に男性用でもインナーソールに高さのある靴に利用できる。
【0018】
1外反母趾内反小趾用足滑り防止ハイヒールサンダル
2交差編み上げ靴紐部
3着脱可能抱合部
4抱合部接続金具
5足側面サポート曲部ゴム縫合部
6中底
7足側面サポート部
8本底
9ヒール部
10中敷き
11バックベルト
12着脱可能靴飾り面
13面ファスナー(フック部)
14面ファスナー(ループ部)
15中底突起部
16脱着可能靴飾り裏面
17縫合した併合部接続金具

(57)【要約】

【課題】外反母趾や内反小趾等に悩む人だけでなく、長時間の歩行で足が痛くなる人のため、足がサンダル中で前すべりすることを防止するハイヒールのサンダルを提供する。【解決手段】足指付け根部分から足の甲にかけての両側各々の側面を包囲する部分7と、足の甲を包囲する交差編み上げ靴紐部2と、足の指付け根部を包囲する着脱可能抱合部3と、中底の足指付け根の部分に滑りを防止する突起を配設し、足がサンダルの前に滑るのを防止する。又、脱足防止のためのバックベルト11を備え、着脱可能抱合部を隠す靴飾り12を配設する。着脱可能抱合部が足指部分の前すべりを防止し、交差編み上げ靴紐部が足の甲の前すべりを防止する作用を持つ。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):