(54)【考案の名称】ガスバーナ及びガスバーナ用スタンド

(73)【実用新案権者】株式会社コンテック

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本願考案は、ガスバーナ及びガスバーナ用スタンドに関する。詳しくは、燃料ガスを収容する燃料タンクを備えた携帯用のガスバーナであって、手持ち状態で使用できるとともに、机上等に設置して所要の方向に火炎を噴出させて使用できる保持スタンドを備えるガスバーナに関する。

【従来の技術】

【0002】
模型工作等において、加熱用具として小型のガスバーナ(トーチともいう)が用いられることが多い。上記ガスバーナは、ガスを噴出させて燃焼させる燃焼ノズルを備えて構成されている。従来、上記燃焼ノズルを設けたヘッド部を、小型の燃料ボンベに接続して用いるものが提供されている。上記ガスバーナは、作業者が上記燃料ボンベを握持して作業を行うように構成されている。また、特許文献1に示すように、より携帯性を高めるため、上記ヘッド部から延出する握持部を設け、この握持部に燃料ガスを収容する燃料タンクを収容したガスバーナが提供されている。上記燃料タンクには、ガスライター等に用いられる燃料ガスが充填される。
【0003】
上記ヘッド部あるいは上記握持部には、点火用ボタンが設けられており、この点火用ボタンを押圧操作することにより上記燃焼ノズルからガスを噴出させて燃焼させるように構成されている。ガスバーナは、ガスライターに比べて長時間連続してガスを燃焼させて作業を行う必要があるため、上記点火ボタンから手指を離した状態でも、燃料ガスを連続して噴出させて燃焼させることができるように構成されることが多い。
【0004】

【効果】

【0029】
ガスバーナを、机上等の設置面に安全性を確保した状態で設置して使用できるとともに、携帯性を阻害することなく手持ち状態でも使用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0030】
【図1】本願考案に係るガスバーナの側面図である。
【図2】図1に示すガスバーナの正面図である。
【図3】図1に示すガスバーナの背面図である。
【図4】図1に示すガスバーナの保持スタンドを握持部から退避させ、手持ち状態で使用する状態を示す側面図である。
【図5】連結部材の構造を示す断面図である。
【図6】図5におけるVI−VI線に沿う要部の側面図である。
【図7】図5におけるVII−VII線に沿う要部の側面図である。
【図8】ベース部の底面図である。
【図9】図8における、IX−IX線に沿う断面図である。
【図10】使用状態を示す側面図である。
【図11】本願考案に係るガスバーナの第2の実施形態を示す側面図である。
【図12】図11に示すガスバーナの正面図である。

【0031】
以下、本願考案の実施形態を図に基づいて具体的に説明する。
【0032】
図1に示すように、本実施形態に係るガスバーナ1のガスバーナ本体6は、先端に燃焼ノズル3を設けたヘッド部2と、このヘッド部2の下方に延出する握持部5とを備えて構成されている。上記握持部5の内部には、液状の燃料ガスを収容するガスタンク4が設けられている。上記ヘッド部2の後端上部には、上記燃焼ノズル3にガスを供給するとともに点火する点火ボタン13が設けられており、この点火ボタン13を押圧操作することにより上記燃焼ノズル3に燃料ガスを供給して気化させ、点火できるように構成されている。
【0033】
上記ガスバーナ本体6における上記握持部5の上方には、保持スタンド7が連結されている。上記保持スタンド7は、設置面11に設置されるベース部9と、上記ベース部9の上面から延出するとともに、先端が上記ガスバーナ本体6に連結される一対のアーム部10,10とを備えて構成されている。
【0034】
上記アーム部10,10の先端部には、上記アーム部10側に設けられる第1の連結部材8,8と、上記ガスバーナ本体6側に設けられる第2の連結部材15,15とを介して、上記ガスバーナ本体6が回動可能に連結されている。図5に示すように、上記第1の連結部材8,8には、上記アーム部10,10の先端部を突入させる連結穴30が形成されており、上記アーム部10,10と上記第1の連結部材8,8が連結されている。
【0035】
図5及び図6に示すように、第2の連結部材15,15は、円筒状に形成されており側面縁部に菊座加工が施されている。一方、図7に示すように、上記第1の連結部材の側面には、上記菊座面20に係合する一対の凸条21,21が形成されている。上記菊座面20と上記凸条21,21とを係合させることにより、上記保持スタンド7と上記ガスバーナ本体6とを所要の角度で保持できるように構成されている。
【0036】
また、図6に示すように、上記第2の連結部材15,15の上記菊座面20の内側には、回動軸12を中心とする所定の角度範囲に円弧状の回動角度規制溝23が形成されている。一方、上記第1の連結部材8,8には、上記回動角度規制溝23内に突入させられる規制凸部22が形成されている。上記回動角度規制溝23に、上記規制凸部22が係合して、上記第1の連結部材8,8と上記第2の連結部材15,15の相対回動可能範囲を規制できるように構成されている。これにより、上記保持スタンド7と上記ガスバーナ本体6との回動可能範囲が規制される。
【0037】
上記第1の連結部材8,8と上記第2の連結部材15,15とは、設置面11に対して平行に設けられたボルト17を介して、上記設置面11に平行な回動軸12の周りに回動可能に保持される。上記ボルト17は、上記第1の連結部材8,8に設けた通挿穴16及び上記アーム部10,10の先端部に設けた通挿穴16aに連通挿されるとともに、先端ネジ部17bが、上記第2の連結部材15,15に設けた螺子穴24に螺合される。
【0038】
図5に示すように、上記第1の連結部材8,8と上記第2の連結部材15,15とは、バネ19によって軸方向に弾力付勢された状態で、ボルト17を介して回動可能に連結されている。また、上記第1の連結部材8,8と上記第2の連結部材15,15は、上記バネ19の弾力に抗して上記菊座面20と上記凸条21,21との係合が解除される距離だけ軸方向に移動できるように保持されている。上記構成によって、上記第1の連結部材8,8と上記第2の連結部材15,15とを上記バネ19の弾力に抗して相対回転させ、上記凸条21,21と上記菊座面20の係合位置を変更して、上記スタンド7と上記ガスバーナ本体6との相対回動角度を調節することができる。上記構成によって、上記ガスバーナ本体6を上記保持スタンド7に対して、所定の回動範囲内で段階係止可能に保持することができる。
【0039】
図8及び図9に示すように、上記ベース部9は、円柱状に形成されているとともに、上面から裏面に貫通する一対のアーム取付穴9bが形成されている。上記アーム部10,10の基端には、延出方向と直角に曲折されるとともに固定穴が形成された取付部10aが設けられている。一方、上記アーム取付穴9bの裏面側には、上記取付部10aを収容できる取付座28が形成されており、取付ネジ27を介して上記取付部10aの基端部を固定できるように構成されている。
【0040】
上記ベース部9の外周部の4箇所には、延出片9cが上記ベース部9の外縁から延出形成されている。上記延出片9cは、設置面積を大きくするために設けられたものであり、保持スタンド7を安定的に立設して、ガスバーナ本体6を保持できるように構成されている。なお、本実施形態では、上記延出片9cを上記ベース部9に一体形成したが、上記ベース9に対して出没可能に設けることもできる。
【0041】
上記取付座28の径方向内側には、円盤状の磁石26が設けられており、鉄板等に吸着させて、保持スタンド7を安定して設置できるように構成されている。例えば、図9に示すように、上記ベース部9の外周より大きな鉄板7aを介して机上等の設置面11に設置することにより、より安定性を高めることが可能となる。
【0042】
図10に示すように、上記構成のガスバーナ1では、上記保持スタンド7のベース部9を机上等の設置面11に設置した状態で、上記燃焼ノズル3から噴出する火炎を、設置面11に対して45度下方向(図10においてθ=45度)から直角上方向の角度範囲内で角度調節して噴射できるように設定されている。また、上記保持スタンド7は、上記燃焼ノズル3の先端が設置面からH=6cm以上離れるように構成されている。上記構成を採用することにより、火炎が設置面11に噴射されることがなくなり、安全性が確保される。しかも、上記ガスバーナ本体6は、設置面11に対して45度下方向から直角上方向の角度範囲内で角度調節して噴射できるように設定されているため、種々の作業姿勢で加熱作業を行うことも可能となる。
【0043】
図11及び図12に本願考案の他の実施形態を示す。この実施形態は、連結部材208,215を、ガスバーナ本体206を着脱可能に保持する保持部材250を備えて構成したものである。なお、上記保持部材250以外の構成は、第1の実施形態と同様であるので説明は省略する。
【0044】
上記保持部材250は、図12に示すように上方及び前後に開口する略コ字状断面を備えて構成されており、上記ガスバーナ本体206の握持部205を挟持して保持できるように構成されている。
【0045】
上記保持部材250の上端部には、第2の連結部材215が設けられている。一方、ベース部209に立設された一対の保持アーム210は、上記保持部材250の側部に沿って立設されており、先端部に第1の連結部材208が設けられている。上記第1の連結部材208と上記第2の連結部材215は、上述した実施形態と同様の構成を備えており、上記保持部材250を所定の回動範囲で位置決め保持できるように構成されている。
【0046】
上記保持部材250は、図示しない係止手段によって、上記握持部205を保持できるように構成されている。上記握持部205を保持する手法は特に限定されることはない。たとえば、上記握持部205の側面と上記保持部材250の内面に弾性係合する係合手段を設けることができる。上記保持部材250に上記ガスバーナ本体206を保持させることにより、第1の実施形態と同様に、上記ガスバーナ本体206を机上等の設置面に設置して所定の角度姿勢をとらせて使用することが可能となる。また、本実施形態では、保持スタンド207とガスバーナ本体206とを容易に分離することができるため、手持ち状態で使用する場合の使い勝手も向上する。
【産業上の利用可能性】
【0047】
机上等の設置面に安全性を確保した状態で設置して使用できるとともに、携帯性を阻害することなく手持ち状態でも使用することもでき、さらに安全性を高めたガスバーナを提供できる。
【0048】
1 ガスバーナ
2 ヘッド部
3 燃焼ノズル
4 燃料タンク
5 握持部
6 ガスバーナ本体
7 保持スタンド


(57)【要約】

【課題】机上等の設置面に設置して使用できるとともに、携帯性を阻害することなく手持ち状態でも使用することもでき、さらに安全性を高めたガスバーナを提供する。【解決手段】燃焼ノズル3を設けたヘッド部2と、燃料ガスを収容する燃料タンク4と、手指で握持する握持部5とを有するガスバーナ本体6と、上記ガスバーナ本体に連結部材8で連結され、上記ノズルから噴出する火炎の噴出方向を所定の範囲内で調節して設置できる保持スタンド7とを備える。ガスバーナを手持ちで使用する場合は、保持スタンドを連結部材8で回動させ把持部近傍から退避させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):