(54)【考案の名称】太陽電池パネル用固定装置

(73)【実用新案権者】聚恆科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1A

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、固定装置に関し、特に、太陽電池パネルを架設するための固定装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年、各国は環境を汚染しない代替エネルギーを研究開発している。現在、太陽エネルギーは最も広汎に利用されている代替エネルギーである。太陽電池パネルは、太陽電池パネルに設けられた太陽電池により、太陽光を吸収して電気エネルギーに変換するためのものである。
【0003】
一般的な太陽電池パネルの架設方式は、一つのフレームに太陽電池パネルを設置して、複数のファスナーによりこれらを固定する。しかし、太陽電池パネルの寸法の規格が統一されていないため、現在のファスナーが各種の太陽電池パネルの厚さに対応できない。このため、組付ける際にファスナーの押さえ部を屈折して調整しないと、太陽電池パネルを固定できない。しかし、屈折されたファスナーは、強度が大幅に減少するため、変形又は断裂が発生しやすい。このように、太陽電池パネルが緩まって脱落するというおそれがある。また、太陽電池パネルと電気的に接続するケーブルは、フレームの一側に勝手に固定されるため、修理作業が困難となる。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案の主な目的は、調整可能な挟み器と、ケーブルを収容可能なケーブル挟み器とにより、組付作業が便利となり、ケーブルを整然と配線することが可能な太陽電池パネル用固定装置を提供することにある。

【効果】

【0009】
本考案の太陽電池パネル用固定装置によれば、次のような効果がある。
(1)本考案の挟み器は、係合部を介して溝と嵌合することにより、伸縮可能である。このように、各種の厚さを有する太陽電池パネルを挟むことが可能であり、フレームの任意な箇所に固定可能であるため、組付作業が便利となる。
【0010】
(2)本考案のケーブル挟み器は、別の工具や道具を利用せず、挟み方式によりフレームの任意な箇所に固定可能であり、挟みアームを介してケーブルを挟み可能であるため、ケーブルを整然と配線するができ、ケーブルの脱着も便利となる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1A】本考案の一実施例を示す斜視図である。
【図1B】図1Aの一部を示す拡大図である。
【図2A】本考案の一実施例の後方斜視図である。
【図2B】図2Aの一部を示す拡大図である。
【図3】本考案の挟み器を示す分解斜視図である。
【図4】本考案のケーブル挟み器を示す斜視図である。
【図5】本考案のケーブル挟み器がフレームに固定される状態を示す模式図である。
【図6】本考案のケーブル挟み器の使用状態を示す模式図である。
【図7】本考案のケーブル挟み器の別の実施例を示す斜視図である。
【図8】図7の使用状態を示す模式図である。
【図9】本考案のケーブル挟み器の別の実施例を示す斜視図である。
【図10】図9の使用状態を示す模式図である。

【0012】
以下、本考案の実施の形態を図面に基づいて説明する。
図1A乃至図4を参照する。図1Aは本考案の一実施例を示す斜視図であり、図1Bは図1Aの一部を示す拡大図であり、図2Aは本考案の一実施例の後方斜視図であり、図2Bは図2Aの一部を示す拡大図であり、図3は本考案の挟み器を示す分解斜視図であり、図4は本考案のケーブル挟み器を示す斜視図である。本考案の太陽電池パネル用固定装置1は、太陽電池パネル3を受けるためのフレーム2を含む。フレーム2の下方には、更に、支持具21が複数設けられている。これらの支持具21により、フレーム2と太陽電池パネル3とを傾斜させた状態で設置可能である。フレーム2のより低い箇所に位置する底フレーム22には、更に、押付部221が設けられている。押付部221により、太陽電池パネルを整然と配置可能である。隣接する支持具21同士の間に補強梁23が設けられている。補強梁23により、フレーム2の支持力を強化可能である。太陽電池パネル用固定装置1は、更に、複数の挟み器4と、複数のケーブル挟み器5と、を含む。
【0013】
挟み器4は、上挟み体41と、下挟み体42と、を含む。下挟み体42は当接部421を有する。当接部421に第1穿孔422が設けられている。当接部421の一側には、二つの立設面423が立設されている。これらの立設面423の間に溝424が形成されている。上挟み体41は押さえ部411を有する。押さえ部411には、第1穿孔422に対応する第2穿孔412が設けられている。押さえ部411の一側に係合部413が下方へ垂直に延び、係合部413が溝424に挿入する。挟み器4は、ロック具43を介して第1穿孔422と第2穿孔412とを挿通する。これにより、フレーム2の適当な箇所に挟み器4を固定可能であり、そして押さえ部411により太陽電池パネル3を押さえて固定可能である。このように、太陽電池パネル3の厚さを変更する場合には、ロック具43を緩めて係合部413を介して溝424と嵌合するだけで、係合部413が溝424内で任意に動き、押さえ部411を適当な位置に調整可能であり、太陽電池パネルの組付作業が便利となる。
【0014】
ケーブル挟み器5は一体成形されたものであり、本体51と、少なくとも一つの挟みアーム52と、を含む。本体51は、一端に挟み部511が設けられており、他端に挟み部511に対応する締め部512が設けられている。締め部512の挟み部511に向いている箇所に円弧形構造513が形成されている。挟みアーム52は、本体51に設けられており、その内側に、ケーブルを固定するための規制用円弧縁521が少なくとも一つ設けられている。ケーブル挟み器5は、挟み部511と締め部512とを介してフレーム2の適当な箇所に固定されている。
【0015】
図5及び図6を参照する。図5は本考案のケーブル挟み器がフレームに固定される状態を示す模式図であり、図6は本考案のケーブル挟み器の使用状態を示す模式図である。本考案のケーブル挟み器5の組付は、別の工具や道具を利用せず、挟み部511と締め部512とを介してフレーム2の適当な箇所に固定可能であるため、脱着の利便性が増加する。挟みアーム52の規制用円弧縁521により、ケーブル6を挟んで固定可能であるため、ケーブル6を整然と配線でき、ケーブル6の脱着も便利となる。
【0016】
図7及び図8を参照する。図7は本考案のケーブル挟み器の別の実施例を示す斜視図であり、図8は図7の使用状態を示す模式図である。本考案のケーブル挟み器5aの上記の実施例と相違する点は、係合部512a及び円弧形構造513aがフレーム2aの側縁の造形によって、その外観及び円弧度が変更されることにある。このように、ケーブルを安定的に挟むことが可能であり、ケーブルの脱着も便利となる。また、本考案のケーブル挟み器5bの上記の実施例と相違する点は、挟みアーム52bが本体51bの固定部511bの末端に設けられていることにある。このように、異なる規格を有するフレーム2bにケーブル挟み器5bを適用可能である。
【0017】
このように、本考案の特定の例を参照して説明したが、それらの例は、説明のためだけのものであり、本考案を限定するものではなく、この分野に通常の知識を有する者には、本考案の要旨および実用新案登録請求の範囲を逸脱することなく、ここで開示された実施例に変更、追加、または、削除を施してもよいことがわかる。
【産業上の利用可能性】
【0018】
本考案は、太陽電池パネルに適用することができる。
【0019】
1 固定装置
2 フレーム
2a フレーム
2b フレーム
3 太陽電池パネル
4 挟み器
5 ケーブル挟み器
5a ケーブル挟み器
5b ケーブル挟み器
6 ケーブル
21 支持具
22 底フレーム
23 補強梁
41 上挟み体
42 下挟み体
43 ロック具
51 本体
51b 本体
52 挟みアーム
52b 挟みアーム
221 押付部
411 押さえ部
412 第2穿孔
413 係合部
421 当接部
422 第1穿孔
423 立設面
424 溝
511 挟み部
511b 固定部
512 締め部
512a 係合部
513 円弧形構造
513a 円弧形構造
521 規制用円弧縁

(57)【要約】

【課題】調整可能な挟み器と、ケーブルを収容可能なケーブル挟み器により、組付作業が便利となり、ケーブルを整然と配線できる太陽電池パネル用固定装置を提供する。【解決手段】太陽電池パネル3を受けるためのフレーム2を含み、フレームの下方に支持具21を複数設け、フレームと太陽電池パネルとを傾斜させた状態で設置可能な太陽電池パネル用固定装置において、更に、複数の挟み器4と、複数のケーブル挟み器とを含む。挟み器は、上挟み体と下挟み体を含み、下挟み体は当接部を有し、上挟み体は押さえ部を有し、挟み器はロック具を介して第1穿孔と第2穿孔とを挿通し、フレームに固定される。ケーブル挟み器は一体成形されたもので、本体と、少なくとも一つの挟みアームと、を含み、ケーブル挟み器は、挟み部と締め部とを介してフレームの適当な箇所に固定する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):