(54)【考案の名称】多重バックアップを備えた太陽エネルギー給電システム

(73)【実用新案権者】大有能源科技有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽エネルギー給電システムに関し、特に多重バックアップを備えた、太陽エネルギー給電システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来技術において、太陽エネルギーと住宅用電気を混合して充電源とする無停電電源装置の構造が、既に少なからず開発されている。例えば、中華民国特許第M3176985号には、主に少なくとも二つの電力源と、無停電電源設備とからなる「電力貯蔵設備の構造」が開示されている。二つの前記電力源の一つは住宅用電気コンセントであり、もう一つは燃油・太陽エネルギー・風力・電池(燃料電池)発電機のうちのいずれか一種である。前記無停電電源設備には、電力源選択装置が内臓される。前記無停電電源設備の出力端は、電器設備と接続する。前記無停電電源設備の入力端は、内蔵された電力源選択装置によって、少なくとも二つの電力源と連設される。また、中華民国特許第M346913号には、太陽エネルギー集電板と、住宅用電気コンセントと、無停電電源設備と、電器設備とからなる「太陽エネルギー給電装置」が開示されている。前記太陽エネルギー集電板は、太陽光の光エネルギーを接収するとともに第一電源に変換する。前記住宅用電気コンセントは、第二電源を提供する。前記無停電電源設備には、電力源選択装置が内蔵され、前記電力源選択装置が、前記太陽エネルギー集電板と前記住宅用電気コンセントと連接しており、前記第一電源と前記第二電源の電力入力を選択する。前記無停電電源設備の出力端は、電器設備と互いに接続する。
【0003】
中華民国特許第M399538号には、「風光力電気複合型無停電電源装置」が開示されている。前記無停電電源装置は、まず、多様な再生エネルギーが産出した複数の電気エネルギーを、燃料電池電解循環器によって直流に変換して電気エネルギーを出力する。次に、直流交流変換機が、直流で出力された電気エネルギーを交流電源に変換するとともに、複数の交流負荷装置に供給する。
【0004】
前掲のように、多様な従来技術による、太陽エネルギーと住宅用電気を混合した無停電電源装置は、多くが住宅用電気システムと太陽エネルギー電力システムの切り換えによって、電子機器の駆動電力を供給している。すなわち、異なる給電システムの切り換え過程において、給電電圧の変化によりサージが発生したり、無停電電源装置に後置接続した電子機器に損害が生じたりする可能性があると言える。
【0005】

(57)【要約】

【課題】複合式無停電電源装置の電力源の切り替え過程で発生する後置接続した電子機器への損害を防ぐ多重バックアップを備えた太陽エネルギー給電システムを提供する。【解決手段】外部電力供給源と連接したメイン太陽エネルギー給電装置と、補助太陽エネルギー給電装置と、第一バックアップ制御ユニットと、第二バックアップ制御ユニットとからなる。前記メイン太陽エネルギー給電装置は、第一エネルギー貯蔵電池と、前記第一エネルギー貯蔵電池と連接した第一電流出力回路とからなる。前記補助太陽エネルギー給電装置は、第二エネルギー貯蔵電池と、前記第二エネルギー貯蔵電池に電力を出力する第二電流出力回路とからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):