(54)【考案の名称】インデックス付き多段情報媒体

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、長尺な紙片を山折りと谷折りを交互に繰り返して折り重ねて形成する携帯可能なインデックス付き多段情報媒体に関し、特に、複数種のコンテンツを収録するインデックス付き多段情報媒体に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、印刷情報媒体としては、印刷された複数枚の紙片を重ねて冊子状にしたものが一般的に用いられている。しかし、冊子状にするには紙片を綴じなければならず、製造コストが高くなる。
【0003】
そのため、印刷が施された1枚の紙片を折り曲げて重ねることによって作製する多段情報媒体が知られている(例えば、特許文献1乃至3を参照)。
【0004】
上記の折り畳み式の多段情報媒体は、折り重ねたときに露出する部分を形成して、この部分に見出しを表示してインデックス表示部としている。したがって、インデックス表示部を備えた多段情報媒体は、コンテンツの内容を見出しごとに体系的に整理して記載することができることから、1枚の紙片でもコンテンツの情報を効率的に収録でき、低コストなばかりかコンパクトで携帯用にも優れた情報媒体といえる。また、利用者にとっても、このインデックス表示部を利用してコンテンツの中のそのとき知りたい情報項目に簡単にアクセスすることができるため、利便性の高いものである。
【0005】

【効果】

【0013】
本考案による多段情報媒体によれば、長尺の紙片をその長手方向に沿った少なくとも1本の区分線により分割することで複数のコンテンツ収録領域を形成している。そして、各コンテンツ収録領域は、それぞれインデックス表示部とコンテンツ表示部とを有しているために、多段情報媒体の各頁にそれぞれのコンテンツの情報が区分けして併記することが可能であり、複数種のコンテンツを収録していても検索するコンテンツの情報項目に素早くアクセスすることができる。
【0014】
そして、区分線により分割しているために、任意の組み合わせにより複数のコンテンツを収録することができ、種々の目的に応じて効果的に使用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案のインデックス付き多段情報媒体を模式的に示す図。
【図2】図1のインデックス付き多段情報媒体の折り畳みを開いた状態を模式的に示す図。
【図3】図1のインデックス付き多段情報媒体を折り畳んだ状態を側面から模式的に示す図。
【図4】図1のインデックス付き多段情報媒体の第1使用例を平面から模式的に示す図。
【図5】図4のインデックス付き多段情報媒体においてインデックス表示部の一つを開いた状態を平面から模式的に示す図。
【図6】図1のインデックス付き多段情報媒体の第2使用例でインデックス表示部の一つを開いた状態を平面から模式的に示す図。
【図7】図1のインデックス付き多段情報媒体の第3使用例でインデックス表示部の一つを開いた状態を平面から模式的に示す図。

【0016】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。
【0017】
図1は、本考案に係るインデックス付き多段情報媒体1の概要を示す全体概略図である。また図2は、その折畳みを開いた状態を平面から示す模式図、図3は、その折畳んだ状態を側面から示す模式図である。
【0018】
これらの図に示すように、インデックス付き多段情報媒体1は、帯状の長尺な紙片2をその長手方向と直交する方向に折り目を形成しながら山折りと谷折りを長手方向に沿って交互に繰り返して折り重ねることで形成される。そして、紙片2は、長手方向に沿って形成された区分線3によって、第1コンテンツ収録領域2Aと第2コンテンツ収録領域2Bとに上下で分割されている。このように、本実施の形態では、2種類のコンテンツを収録するために紙片2は一本の区分線3によって分割しているが、区分線3を複数設けることでコンテンツ収録領域数を増やしてもよい。
【0019】
区分線3は、第1コンテンツ収録領域2Aと第2コンテンツ収録領域2Bとが分離可能なよう図1では切取線によって形成されている。この場合、切取線は分離しやすくするために、ミシン目を設けるものであってもよい。
【0020】
そして、紙片2を谷折りの折り目を中心にして折り重ねる際に、谷折りの折り目を中心にして長手方向と直交する方向での両側の山折りの折り目までの寸法を違えて折り畳むことでインデックス表示部11を形成する。図2で具体的に説明すると、同図で左側の山折りの折り目までの幅寸法Aと、右側の山折りの折り目までの幅寸法Bとを違えることで(A>B)、紙片2を折り畳んだときにその差(A−B)の間隔分だけ露出する部位がインデックス表示部11となる。また、紙片2が折畳まれた状態では露出せず、折目を開いた際に露出する部位がコンテンツ表示部12となり、一つのコンテンツ表示部12は、谷折り線を中心にして開いたときの左右の見開き部分から構成されている。
【0021】
インデックス表示部11と、これに連接するコンテンツ表示部12とは、紙片2を折り重ねた回数に応じて複数形成される。また、紙片2が折畳まれた状態で最も上に位置する幅寸法Aの部分が表紙部13となる。このとき、紙片2は第1コンテンツ収録領域2Aと第2コンテンツ収録領域2Bとに区分されているために、インデックス表示部11は、第1インデックス表示部11Aと第2インデックス表示部11Bとを備え、コンテンツ表示部12は、第1コンテンツ表示部12Aと第2コンテンツ表示部12Bとを備え、表紙部13は、第1表紙部13Aと第2表紙部13Bとを備えている。
【0022】
第1コンテンツ収録領域2Aと第2コンテンツ収録領域2Bとにはそれぞれ異なるコンテンツが収録される。したがって、各第1インデックス表示部11Aには、第1コンテンツ収録領域2Aに収録されているコンテンツの情報項目別に分類した情報項目名が見出しとしてそれぞれ記載されると共に、それぞれの第1インデックス表示部11Aに連接している各第1コンテンツ表示部12Aには該当する見出しと関連する詳細情報が記載される。同じく、各第2インデックス表示部11Bには、第2コンテンツ収録領域2Bに収録されているコンテンツの情報項目別に分類した情報項目名が見出しとしてそれぞれ記載されると共に、それぞれの第2インデックス表示部11Bに連接している各第2コンテンツ表示部12Bには該当する見出しと関連する詳細情報が記載される。
【0023】
したがって、印刷媒体1が折り畳んだ状態にあるときも露出している第1インデックス表示部11A及び第2インデックス表示部11Bは索引として利用することができ、利用者は、任意の第1インデックス表示部11A又は第2インデックス11Bを開くことにより、任意のコンテンツ表示部12A又はコンテンツ表示部12Bへ簡単にアクセスすることが可能となる。
【0024】
また、紙片2を折り重ねた際、紙片2の裏面側にも図3で示すように、同様のインデックス表示部21、コンテンツ表示部22及び表紙部23が形成される。そして、裏面にも表面と対応している同じ位置に区分線3が形成されて、同様な第1コンテンツ収録領域と第2コンテンツ収録領域とに区分されるために、インデックス表示部21は、第1インデックス表示部と第2インデックス表示部とを含み、コンテンツ表示部22は、第1コンテンツ表示部と第2コンテンツ表示部とを含み、表紙部23は、第1表紙部と第2表紙部とを含む。
【0025】
このように紙片2の両面を利用することによって、多段情報媒体1にはより多くの情報を掲載することができる。すなわち、裏面の第1コンテンツ収録領域と第2コンテンツ収録領域にも、表面の第1コンテンツ収録領域2Aと第2コンテンツ収録領域2Bとはそれぞれ異なる種類のコンテンツを収録すれば、多段情報媒体1としては表面と裏面とで4通りのコンテンツを収録することができる。また、表面の第1コンテンツ収録領域2Aと裏面の第1コンテンツ収録領域とで連続して同一のコンテンツの前半と後半を収録すると共に、表面の第2コンテンツ収録領域2Bと裏面の第2コンテンツ収録領域とで連続して同一のコンテンツの前半と後半を収録してもよい。
【0026】
以下、表面に形成されるインデックス表示部11とコンテンツ表示部12によって、本考案に係るインデックス付き多段情報媒体1の使用例を具体的に説明するが、裏面に形成されるインデックス表示部とコンテンツ表示部についても同様である。
【0027】
図4はインデックス付き多段情報媒体1の第1使用例を示し、インデックス付き多段情報媒体1を婚礼及び葬儀のマナー集を模式的に示している。この使用例では、第1コンテンツ収録領域2Aに収録されるコンテンツは婚礼についてのマナーをテーマとしており、各第1インデックス表示部11Aには婚礼に関するマナーの各情報項目名が見出しとして記載されていて、各第1領域インデックス表示部11Aに連接している第1コンテンツ表示部12Aにはその情報項目についての詳細情報が印刷されている。そして、第2コンテンツ収録領域2Bに収録されるコンテンツは葬儀についてのマナーをテーマとしており、各第2インデックス表示部11Bには葬儀に関するマナーの各情報項目名が見出しとして印刷されていて、各第2インデックス表示部11Bに連接している第2コンテンツ表示部12Bにはその情報項目についての詳細情報が記載されている。
【0028】
図5は、情報項目の「のし袋」の第1インデックス表示部11A(又は、情報項目の「香典袋」の第2インデックス表示部11B)を開いたときの状態を示しており、同じ頁の第1コンテンツ表示部12A及び第2コンテンツ表示部12Bには、それぞれ「のし袋」と「香典袋」の詳細情報が記載されている。したがって、インデックス付き多段情報媒体1は、第1コンテンツ収録領域2Aと第2コンテンツ収録領域2Bとに異なったコンテンツを収録していても、関連している情報項目については同じ頁に詳細説明情報を記載することで、利用者は対比させて詳細情報を確認することができる。また、情報項目で「服装」のように、同じ頁の第1インデックス表示部11Aと第2インデックス表示部11Bとが同じ情報項目を記載する場合には、一つの表記で兼用してもよい。
【0029】
図4に示す例での印刷媒体1は、区分線3から切り離すことで婚礼用マナー集と葬儀用マナー集とを別々に保持することができる。
【0030】
図6はインデックス付き多段情報媒体1の第2使用例を示し、インデックス付き多段情報媒体1を組織などにおける就業規定集を模式的に示している。この場合、第1コンテンツ収録領域2Aに収録されるコンテンツは就業規定そのものであり、第2コンテンツ収録領域2Bに収録されるコンテンツは就業規定の解説や運用説明となっている。
【0031】
よって、第1インデックス表示部11Aには、就業規定の各章のテーマが見出しとして記載されていて、第1コンテンツ表示部12Aには、連接している第1領域インデックス表示部11Aの各章の条文が詳細情報として記載されている。そして、第2コンテンツ表示部12Bには、同じ頁の第1コンテンツ表示部12Aに記載されている条文についての解説や運用説明が詳細情報として記載されている。したがって、同じ頁の第2インデックス表示部11Bには、連接している第2コンテンツ表示部12Bに記載されている詳細情報の見出しが記載されることになる。
【0032】
図6は、このようなインデックス付き多段情報媒体1において、「総則」の第1インデックス表示部11A(又は、「総則の解説」の第2インデックス表示部11B)を開いたときの状態を示している。規定集や法令集の場合には、条文が記載されている第1コンテンツ収録領域2Aと条文を補完する内容が記載されている第2コンテンツ収録領域2Bとを区分線3から切り離して保管することもある。特に、第2コンテンツ収録領域2Bに収録されるコンテンツが、例えば、第1コンテンツ収録領域2Aに収録される規定の運用管理を説明するもので特定の者にしか公開できないものであれば、第1コンテンツ収録領域2Aを一般者用とし、第2コンテンツ収録領域2Bを特定者用としてそれぞれ切り離し、別々に保管する使い方ができる。
【0033】
このように、第1コンテンツ収録領域2Aと第2コンテンツ収録領域2Bに収録されている一方のコンテンツの内容が他方のコンテンツの内容を補完する関係にある別の使用例としては、図示しないが、文字を主体にするコンテンツと、この文字のコンテンツを図、グラフ、表、画像などを主体にして視覚的に補完するコンテンツとを収録する例がある。
【0034】
さらに、別の使用例として、第1コンテンツ収録領域2Aに収録するコンテンツは試験問題やクイズ・なぞなぞなどで、第2コンテンツ収録領域2Bにはそれに対する解答のコンテンツを記載する問答集がある。
【0035】
図7はインデックス付き多段情報媒体1の第3使用例を示し、第1コンテンツ表示部12Aと第2コンテンツ表示部12Bに記載の詳細情報を記載する向きを相反する方向にした例を示している。この場合、第1コンテンツ表示部12Aの詳細情報は、紙片2の長手方向と直交する方向で一端側(図では上方側)から読み取りが可能な向きで記載されて、第2コンテンツ表示部12Bの詳細情報は、紙片2の長手方向と直交する方向の他端側(図では下方側)から読み取りが可能な向きで記載されている。したがって、多段情報媒体1を挟んで長手方向と直交する方向で複数の利用者が対面したとき、対面者の一方は第1コンテンツ表示部12Aの記載の詳細情報を読み取ることができ、対面者の他方は第2コンテンツ表示部12Bに記載の詳細情報を読み取ることができる。
【0036】
図7は、第1コンテンツ収録領域2A及び第2コンテンツ収録領域2Bにそれぞれ記載する詳細情報を表記する言語を異ならせることで2言語間でのコミュニケーションツールとしての使用例を示している。この場合、第1コンテンツ表示部12Aと第2コンテンツ表示部12Bには、場面ごとで用いられる会話の日本語と英語がそれぞれ記載されて、各場面の説明は、それぞれの言語で第1インデックス表示部11Aと第2インデックス表示部11Bとに見出し情報として記載されている。
【0037】
インデックス付き多段情報媒体1をコミュニケーションツールとして用いる場合に、日本語、英語等の音声言語の文字に限らず、言語以外のコミュニケーション手段としての記号(例えば、点字、象形文字、ジェスチャーや手話の動作を表すイラスト等)を記載してコミュニケーションをとる場合にも利用できる。
【0038】
図7に示すインデックス付き多段情報媒体1は、対面者がそれぞれの言語で同じコンテンツを共有するのにも使用できる。また、同じコンテンツを同じ言語によって、第1コンテンツ収録領域2Aと第2コンテンツ収録領域2Bとにそれぞれ収録してもよい。このように同じコンテンツを共有する場合には、必要に応じて区分線から第1コンテンツ収録領域2Aと第2コンテンツ収録領域2Bとから切り離してそれぞれ使用することもできる。
【0039】
上記のように本考案によるインデックス付き多段情報媒体1は、コンテンツ収録領域を複数設けたものであるから、複数種のコンテンツを一つの媒体に保持できて、携帯が容易かつ安価であり、素早く検索することが可能なインデックス付き情報媒体が提供される。そして、利用目的に応じて各コンテンツ収録領域には同一又は異なるコンテンツを自由に収録することができる。
【0040】
そして、各コンテンツ収録領域に異なるコンテンツを収録する場合、内容が関連しているコンテンツ同士を組み合わせたり、又は内容が全く異なるものの利用者が要望するコンテンツを組み合わせたりする融通性が図れて利便性が向上する。
【0041】
以上、本考案の実施形態について説明したが、本考案は上記実施形態に限定されるものではなく、本考案の趣旨に基づき種々の変形が可能であり、これらを本考案の範囲から排除するものではない。
【産業上の利用可能性】
【0042】
本考案は、インデックスを備えた携帯可能な多段情報媒体に係り、特に、複数種類のコンテンツを収録しているにも拘らず素早く検索可能なインデックス付き情報媒体に関し、産業上の利用可能性を有する。
【0043】
1 インデックス付き多段情報媒体
2 帯状の紙片
2A 第1コンテンツ収録領域
2B 第2コンテンツ収録領域
3 区分線
11 インデックス表示部
11A 第1インデックス表示部
11B 第2インデックス表示部
12 コンテンツ表示部
12A 第1コンテンツ表示部
12B 第2コンテンツ表示部

(57)【要約】

【課題】複数のコンテンツを収録しても検索するコンテンツの情報項目に素早くアクセス可能なインデックス付き多段情報媒体を提供する。【解決手段】帯状の紙片2を交互に山折り谷折りして折り重ねることで形成される多段情報媒体であって、紙片2には長手方向に沿った区分線3により分割されてコンテンツ収録領域2A、2Bが形成されている。コンテンツ収録領域2A、2Bには、紙片2を折り重ねる際に、谷折りの折り目を中心として左右の山折りの折り目までの寸法を違えることで露出されるインデックス表示部11と、折り重ねにより隠れるインデックス表示部12とがそれぞれ形成される。そして、インデックス表示部11には見出しが印刷されて、コンテンツ表示部12には連接しているインデックス表示部11の見出しと関連する情報が印刷される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):