(54)【考案の名称】太陽光発電システム

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電システムの効率を向上させるための構造的工夫であって、産業上の利用を勧めたい実用新案である。
【従来の技術とその課題】
【0002】
太陽光発電システムというと、システムを屋根に載せるか、広大な土地一面に置き、それらを平面的に配置していて、立体的且つ効率的に動くシステムを作ろうとしてこなかった。メガソーラー等はパネルを平面的に置くだけの設置方法で、占有設置面積を節約しようとする構造的工夫が見られない。今回、その点を改良するのが目的。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
一枚の大きなパネルだと屋根に載せても地面の上に一面に置いても、パネルの占める面積は大きくなりすぎ、単位面積あたりの発電量は少ない。
【0004】
しかし、立体にすると占有面積に対する発電量は大きくなる。立てるだけでも地面に置くよりはいいかも知れない。しかし、最も太陽光が強い時間帯にパネルに当てるためには、地面に対して0度から45度くらいまで寝かせなければ太陽に対する角度が直角にならない。中天にあるときに寝かせた形にするのなら、予め広い面積が必要になり、占有面積を少なくして発電量を上げる目的を達成しない。
【0005】
太陽の光を利用しようとしているのに、動く太陽に対応して本体やパネルが動くように工夫していない。これを改良するだけで、発電効率が上がる。

【効果】

【0008】
メガソーラーのように広大な土地を平面的に使うだけの場合より、数メートルから数十メートルの高さで占有面積を少なくして、それら樹状立体パネルシステムをその広大な土地に設置するほうが相当効率的である。
【0009】
動かさない平面パネルであれば、真昼だけは100%の効率であっても、朝やタ方は限りなく効率0%である。それに対して、常に太陽に向かうように設定してあるパネルであれば、その時点の太陽エネルギーを最大限に利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】「葉っぱパネルが太陽光を追跡するタイプの樹状太陽光追跡型システム」を図示したものである。簡単に二方向あるだけのように書いてあるが、実際は四方八方に枝を伸ばす。葉っぱパネルには太陽の動きに合わせて動かすための細工をして取り付ける。
【図2】「幹が回転するタイプの樹状太陽光追跡型システム」を図示したものである。本体は据え置き台に固定するが、台そのものが太陽の動きに合わせて動くように設定する。

【0011】
本体そのものを太陽の動きに合わせて回転させるタイプと、本体そのものは動かさないで葉っぱパネルだけを動かすタイプが考えられる。
【産業上の利用可能性】
【0012】
メガソーラーを真にメガソーラーにするためには、森林のような樹状太陽光追跡型の太陽光発電システムに置き換えるだけで多大の発電効率が得られる。
【0014】
官庁や役所、学校や大型の商業施設等、広大な駐車場をもつ公共施設であれば、その一角に、駐車スペースくらいの広さの場所に設置したり、街路灯代わりに設置することで、公共の余地においての発電が可能になる。一般家庭や一般企業も、最小の設置場所で最大の発電が可能になる。

(57)【要約】

【課題】少ない面積で最大の発電量を得る太陽光発電システムを提供する。【解決手段】少ない面積で最大の発電量を得る唯一の方法は、立体にすることである。樹木が光エネルギーを利用するに際しては、中心の樹木に枝を付け、そこに付く小さな葉っぱを太陽の動きに合わせて動かすことでエネルギーを得ているように、このシステムも樹状の柱に枝を付け、そこに太陽の動きに合わせて動くような葉っぱ状のパネルを付けることで、エネルギーを得る。植物に真似て、平面的な構造を立体的な構造にすることで、最小の占有面積で最大のエネルギーを獲得し、発電効率を上げる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):