(54)【考案の名称】移動式ルアー

(51)【国際特許分類】

A01K 85/00 擬似餌

(73)【実用新案権者】株式会社デュエル

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、魚釣り用の移動式ルアーに関する。

【従来の技術】

【0002】
通常、釣り用のルアーは、本体にライン(リールなどから出る道糸)を直接繋いで使用するが、ラインに沿って本体が移動するルアーも知られている。
このような移動式ルアーは、ルアー本体と、ルアー本体に貫通して形成された貫通孔と、を有し(特許文献1)、前記貫通孔にラインを通し、そのラインの端部に釣り針を連結して使用される。
【0003】
しかしながら、前記ルアーはラインに沿って移動するので、長時間使用しているうちにラインが擦れてその表面が傷付くおそれがある。
さらに、ラインの長手方向全体が貫通孔の内周面に接するので、ルアーがラインに沿ってスムースに移動しないことがある。
【0004】

【効果】

【0008】
本考案の移動式ルアーは、長時間しても、挿通されたラインが傷付き難い。さらに、本考案の好ましい態様によれば、ラインに沿ってスムースに移動し得る移動式ルアーを提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の1つの実施形態に係る移動式ルアーの斜視図。
【図2】同移動式ルアーの正面図。
【図3】図2のIII−III線で切断した断面図。
【図4】同移動式ルアーに連結部及び釣り針を装着した仕掛けの一部断面を含む側面図(移動式ルアーのみ図3と同様な断面で表している)。
【図5】連結部が移動式ルアーに嵌合した状態の仕掛けの一部断面を含む側面図。
【図6】他の実施形態に係る移動式ルアーの断面図(図2のIII−III線と同じ方向で切断)。
【図7】さらなる他の実施形態に係る移動式ルアーの断面図(図2のIII−III線と同じ方向で切断)。
【図8】さらなる他の実施形態に係る移動式ルアーの側面図。

【0010】
図1乃至図3において、本考案の移動式ルアー1は、ルアー本体2と、ラインを挿通可能な挿通孔3と、を有する。
挿通孔3は、ルアー本体2内に埋設された管状部材4の内周面によって囲われる空間から形成されている。
【0011】
具体的には、ルアー本体2の形態(形状、模様及び色彩など)は、特に限定されない。一般的に、ルアー本体2は、釣りの対象となる魚の餌(例えば、小魚、エビ等)に似せた形態に形成されている。図示例では、ルアー本体2は、例えば、タコ(又はイカ)の頭部に似せた形態に形成されている。
このタコの頭部に似せた形態のルアー本体2は、主部21と、装飾部22と、からなる。主部21は、主としてルアー1の形状を決める部分である。装飾部22は、例えば、ルアー1の模様や色彩を決める部分であり、例えば、目玉などからなる。ルアー本体2の主部21は、例えば、鉛、タングステンなどの金属から形成され、ルアー1の重りとしても機能する。もっとも、ルアー本体2の主部21は、合成樹脂や木などの非金属で形成されていてもよい。主部21が非金属で形成される場合、浮力調整のため、ルアー本体2の内部又は外部に、重りが設けられる。ルアー本体2の主部21は、(後述する貫通孔部を除いて)中実状である。もっとも、主部21は、中空状であってもよい。
【0012】
ルアー本体2の主部21の内部には、管状部材4を埋設するための貫通孔部5が穿設されている。この貫通孔部5は、ルアー本体2の一端部から他端部にかけて略直線状に形成されている。また、貫通孔部5の前方開口端を含む前方部は、前方開口端に向かうに従って内周長が大きくなった前方拡径部51とされ、貫通孔部5の後方開口端を含む後方部は、後方開口端に向かうに従って内周長が大きくなった後方拡径部52とされている。なお、本明細書において、「後方」は、移動式ルアー1を用いて仕掛けを作る際に、釣り針が配置される側であり、「前方」は、その反対側である。
前記貫通孔部5には、管状部材4が固定されている。管状部材4は、ルアー本体2とは別の部材からなる。管状部材4は、貫通孔部5の前方拡径部51及び後方拡径部52を除いて、貫通孔部5に固着されている。前方拡径部51及び後方拡径部52は、管状部材4の前方端及び後方端に連続している。従って、挿通孔3の前方部には、前記前方拡径部51が形成され、挿通孔3の後方部には、前記後方拡径部52が形成されている。
【0013】
本実施形態の管状部材4は、直管状の部材である。直管状は、軸方向の何れの箇所においても内面の周囲の長さ(内周長)が同じ管状をいう。管状部材4の内周面の形状(管状部材4を軸方向と直交する方向で切断したときの内側の形状)は、特に限定されないが、例えば、円形状、楕円状、四角形状などが挙げられ、好ましくは、円形状又は楕円状であり、より好ましくは、円形状である。管状部材4の内周面の形状が、図示したように、円形状である場合、前記内周長は、その円周に等しい。
管状部材4の形成材料は、特に限定されないが、例えば、硬質合成樹脂;エラストマー(例えば、ウレタン系エラストマーやスチレン系エラストマー)などの軟質合成樹脂;ゴムなどが挙げられ、好ましくは、管状部材4は、軟質合成樹脂又はゴムから形成される。
前記管状部材4をルアー本体2の貫通孔部5に固定する方法は、特に限定されず、例えば、接着剤を用いた接着、管状部材4を貫通孔部5に圧入などすることによる嵌合などが挙げられる
ルアー本体2の貫通孔部5に管状部材4を固定することにより、管状部材4がルアー本体2内に埋設される。埋設された管状部材4の内周面で囲われる空間が、本考案のルアー1の挿通孔3となる。
【0014】
本考案の移動式ルアー1に、ラインと釣り針を装着することにより、魚釣り用の移動式仕掛けを作製できる。
例えば、図4に示すように、移動式ルアー1の挿通孔3にライン7を通し、ライン7の端部を後方開口端から出す。ライン7の円周は、挿通孔3の内周長よりも十分に小さいので、ライン7は、挿通孔3に沿って自由に移動できる。
このライン7の端部は、釣り針6の連結部8に繋がれている。釣り針6は、連結部8から延びるハリス71の先端に取り付けられている。連結部8は、前記挿通孔3の内周長よりも大きく且つ貫通孔部5の後方部の内周長よりも小さいストッパー部81を有する。かかるストッパー部81は、挿通孔3を通過できないので、連結部8が移動式ルアー1の挿通孔3を通過することはない。
なお、連結部8には、図示したように、帯状の擬似91及び線状の擬似92が複数取り付けられている。もっとも、これらの擬似91,92は、取り付けられていなくてもよい。
【0015】
上記移動式仕掛け10は、連結部8がストッパー部81を有するので、図5に示すように、ストッパー部81を貫通孔の後方拡径部52に嵌合させることにより、連結部8を移動式ルアー1に係止させることができる。この仕掛け10に魚が食い付くと、その振動によって、連結部8が移動式ルアー1から離れ(図4に示す状態)、移動式ルアー1がライン7に沿って前方に移動する。このため、食い付いた魚が暴れても釣り針6から外れ難くなる。
本考案の移動式ルアー1は、ライン7を通す挿通孔3がルアー本体2とは別体の管状部材4によって形成されているので、移動式ルアー1がライン7に沿って移動しても、ライン7が傷付き難くなる。特に、管状部材4が軟質合成樹脂又はゴムから形成されている場合、ライン7の傷付きを効果的に防止できる。
【0016】
次に、本考案の他の実施形態を示す。
ただし、他の実施形態の説明において、上記実施形態と同様の構成及び効果については(その説明を行ったものとして)その説明を省略し、用語及び図番のみを記す場合がある。
【0017】
上記実施形態の管状部材は、直管状であるが、これに限定されず、例えば、図6に示すように、管状部材4は、その内周長が後方に向かうに従って大きくなった管状であってもよい。この場合、前記挿通孔3の面積は、後方に向かうに従って拡大されている。また、特に図示しないが、管状部材4は、その内周長が前方に向かうに従って大きくなった管状であってもよい。
このように後方又は前方に向かうに従って拡大された挿通孔3を有する移動式ルアー1は、その挿通孔3に挿通されたラインと管状部材4の内周面との接触面積が小さくなるので、ラインが傷付く、さらに、ラインに沿ってスムースに移動するようになる。
【0018】
また、上記実施形態の管状部材の内周面は、平滑であるが、これに限定されず、管状部材の内周面が、凹凸状に形成されていてもよい。管状部材の内周面が凹凸を有する移動式ルアーは、挿通孔に挿通されたラインと管状部材の内周面との接触面積が小さくなるので、ラインが傷付く、さらに、ラインに沿ってスムースに移動するようになる。
【0019】
前記管状部材の内周面を凹凸状に形成する方法としては、例えば、管の内周面を凹凸状に成形する、或いは、管状部材としてスパイラル線材を用いる、などの方法が挙げられる。
管の内周面を凹凸状に成形した管状部材は、例えば、複数のリングを同心円で並べて結合させた形状のものが例示される。
また、前記スパイラル線材4’は、図7に示すように、線材を螺旋状に巻回したものである。前記線材は、金属、合成樹脂などで形成できるが、好ましくは、金属から形成される。金属製のスパイラル線材4’としては、公知のスプリングバネを利用できる。
このスパイラル線材4’を、図7に示すように、ルアー本体2の貫通孔部5に固定することにより、移動式ルアー1が構成される。この際、スパイラル線材4’をルアー本体2から抜けないように固着し且つ内周面を凹凸状にするために、線材の半分程度をルアー本体2の貫通孔部5に埋設し且つ線材の残る部分を貫通孔部5の内周面から突出するように、スパイラル線材4’をルアー本体2に埋設することが好ましい。
【0020】
また、上記実施形態の図示例では、ルアー本体はタコの頭部に似せた形態であったが、ルアー本体2は、例えば、図8に示すように、魚の形態であってもよい。かかる魚の形態のルアー本体2の内部にも上記実施形態と同様に、管状部材4が埋設されることにより、挿通孔3が形成されている。そして、その挿通孔3にライン7を挿通し、そのライン7に釣り針6を繋ぐことによって移動式仕掛け10を作製できる。
【0021】
1 移動式ルアー
2 ルアー本体
3 挿通孔
4 管状部材
4’ スパイラル線材(管状部材)
51 前方拡径部
52 後方拡径部
6 釣り針
7 ライン

(57)【要約】

【課題】 ルアー本体の挿通孔に挿通されるラインが傷付き難い移動式ルアーを提供する。【解決手段】 本考案の移動式ルアー1は、ルアー本体2と、前記ルアー本体2に設けられ且つラインを挿通可能な挿通孔3と、を有し、前記ルアー本体2内には、前記ルアー本体とは別の部材からなる軟質合成樹脂製又はゴム製の管状部材4が埋設され、前記挿通孔3が、前記管状部材4の内周面から構成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):