(54)【考案の名称】携帯型通信端末用ケース

(73)【実用新案権者】株式会社グルマンディーズ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、他者から送信された音声、文字情報、及び画像情報を含む受信信号を感知することができる携帯型通信端末に装着して使用されるケースに関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、携帯電話機を含む携帯型通信端末には、背面部に周囲を照らす手段として照明部を備えたものが多く開発されており、受信信号の感知(以下、着信という。)に連動させて前記照明部を発光させる機能を有するものも存在する。
【0003】

【効果】

【0023】
本考案によれば、照明部から放出された光が光取込部材及び導光部材を介して光放出部から放出されることによって、光の強度を適度に減光させることができる。
【0024】
また、ケース本体の外部に露出してなる光放出部材の形状によって着信時の発光形状に装飾性を具備させることができ、本考案に係る携帯型通信端末用ケースの着信報知装置としての美観を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0025】
【図1】携帯型通信端末用ケース101の正面図である。
【図2】携帯型通信端末用ケース101の背面図である。
【図3】携帯型通信端末用ケース101の上部分のA−A拡大部分断面図である。
【図4】携帯型通信端末用ケース101のB−B拡大断面図である。
【図5】ケース本体102、光取込部材103、及び保持板109を分解した状態の携帯型通信端末用ケース101を示す分解斜視図である。
【図6】光取込部材103を照明被覆位置まで移動させた状態の携帯型通信端末用ケース101の背面図である。
【図7】光取込部材103を照明被覆位置まで移動させた状態の携帯型通信端末用ケース101の上部分のC−C拡大断面図である。
【図8】発光装飾部材214の背面図である。
【図9】発光装飾部材214の平面図である。
【図10】ケース本体202及びこれに取り付けられた摺動板215と保持板209の正面図である。
【図11】ケース本体202及びこれに取り付けられた摺動板215と保持板209の背面図である。
【図12】カメラ穴208の上下方向中心線でケース本体202及び発光装飾部材214を切断し底面方向をみた断面図であり、ケース本体202に発光装飾部材214を取り付ける作業の様子を示す図である。
【図13】光取込部材203を開放穴210に挿し入れた発光装飾部材214を軸回転させて固定した状態を示す携帯型通信端末用ケース201の背面図である。
【図14】光取込部材203を開放穴210に挿し入れた発光装飾部材214を軸回転させて固定した状態を示す携帯型通信端末用ケース201の正面図である。
【図15】携帯型通信端末用ケース201の背面図である。
【図16】携帯型通信端末用ケース301の正面図である。
【図17】携帯型通信端末用ケース301のD−D断面図である。
【図18】導光板309の全体斜視図である。
【図19】外付装飾部材313の全体斜視図である。
【図20】外付装飾部材313を取り付けた状態の携帯型通信端末用ケース301の背面図である。
【図21】外付装飾部材313を取り付けた状態の携帯型通信端末用ケース301のE−E断面図である。
【図22】携帯型通信端末用ケース401の正面図である。
【図23】携帯型通信端末用ケース401の背面図である。
【図24】携帯型通信端末用ケース401のF−F断面図である。
【図25】導光板409の全体斜視図である。

【0026】
以下、本考案に係る実施の形態を、図を参照しながら詳しく説明する。
【0027】
<第一の実施形態>
図1は、携帯型通信端末用ケース101を正面方向から見た正面図であり、図2は携帯型通信端末用ケース101を背面方向から見た背面図である。第一の実施形態においては、携帯型通信端末用ケース101は、携帯型通信端末Pに装着されるケース本体102と、ケース本体102の上部においてケース本体102を貫通して左右方向に長い長円形状に形成されたカメラ穴108と、当該カメラ穴108内に設置されてケース本体102の内面106に沿って摺動可能な光取込部材103と、光取込部材103の抜け落ち防止用にカメラ穴108に嵌め込まれた保持板109とからなる。なお、保持板109の右半部には携帯型通信端末Pの背面部に形成されたカメラ部C及び照明部Lがケース本体102の外部に対して露出するように開放穴110が形成されている。また、図1において、ケース本体102に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定される携帯型通信端末P、携帯型通信端末Pの正面部に形成されたディスプレイD、カメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されており、図2において、ケース本体102に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定されるカメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されている。
【0028】
本実施例において、ケース本体102及び光取込部材103は照明部Lから放出された光を透過する透明素材から構成されている。当該透明素材は、例えばポリカーボネイト、若しくはABS樹脂等の樹脂材からなることが好ましい。
【0029】
図5にはケース本体102、光取込部材103、及び保持板109を分解した状態を示す分解斜視図を示す。光取込部材103には、上下端面から外方に突出して形成された摺動突板部111が形成されてなる。また、光取込部材103の正面は、光取込部材103を照明被覆位置に移動させたときに照明部Lと対向し、光取込面120として機能する。一方、カメラ穴108の上下内周面には前記摺動突板部111よりも左右に長く形成された摺動溝112が設けられている。光取込部材103は、摺動突板部111を摺動溝112に嵌め込むことによって図3に示すようにケース本体102の背面方向に抜け落とすことなく光取込部材103の背面を露出させた状態のまま当該摺動溝112に沿って左右に摺動させることができる。保持板109は、ケース本体102の内面106のカメラ穴108の外周を一回り大きくした領域に形成された嵌め込み凹部113に嵌め込まれて固定される。保持板109を嵌め込み凹部113に嵌め込み固定することによって、図3に示すように光取込部材103がケース本体102の正面方向に抜け落ちることを防止することができる。なお、図3において、ケース本体102に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定される携帯型通信端末Pの輪郭が破線で示されている。
【0030】
図1及び図2において、光取込部材103は、照明開放位置である保持板108の左半部に位置している。このとき、開放穴109は図2及び図4に示すように開放され、カメラ部C及び照明部Lが外部に露出している。前記照明開放位置にある光取込部材103を保持板108の右半部まで摺動させて図6に示す照明被覆位置まで移動させると、光取込部材103が開放穴110を閉塞すると共に光取込面120が照明部Lに対向する位置に配置される。このとき、光取込部材103の上下端面及び右側端面はケース本体102に設けられたカメラ穴108の内周面と当接し、光取込部材103とケース本体102とは連接した状態となっている。なお、図4において、ケース本体102に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定される携帯型通信端末P、カメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されており、図6において、ケース本体102に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定されるカメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されている。
【0031】
本実施の形態においては、前述したとおり、ケース本体102及び光取込部材103は透明な樹脂からなる。これにより、照明部Lから放出された光は光取込面120から光取込部材103の内部に取り込まれ、光取込部材103の背面で反射されて光取込部材103の上下端面及び右側端面からケース本体102内へ導波し、ケース本体102の外表面から放出されることにより、ケース本体102を導光部材104として、及びケース本体102の外表面を光放出部105として機能させることができる。そのため、着信時にはケース本体102の外表面全体から光が放出されて、図6の二点鎖線で囲まれた部分100が発光したように見えることによって使用者に着信を報知することができる。
【0032】
なお、本実施の形態においては光取込部材103の背面の断面形状は図7に示すように凹凸構造を左右に繰り返した格子形状部114に形成されてなるため、照明部Lから放出された光を前記格子形状部114の背面で乱反射され、導光部材104中へ均一に導波させることができる。また、格子形状部114は、指を使って光取込部材103を左右に摺導させる際の滑り止め効果も発揮することができる。なお、図4において、ケース本体102に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定される携帯型通信端末P、カメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されている。
【0033】
<第二の実施形態>
図8及び図9には、長円板状に形成された光取込部材203、光反射部203の中心部から背面方向に突出して形成された導光部材204、及び導光部材204の背面から導光部材204の周方向外方に拡径した平板状に形成されてなる光放出部材205が一体に形成された発光装飾部材214の背面図及び平面図が示されている。一方、図10には、ケース本体202及びこれに取り付けられた摺動板215と保持板209の正面図が示され、図11には、ケース本体202及びこれに取り付けられた摺動板215と保持板209の背面図が示されている。なお、図10において、ケース本体202に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定される携帯型通信端末P、携帯型通信端末Pの正面部に形成されたディスプレイD、カメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されており、図11において、ケース本体202に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定されるカメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されている。
【0034】
本実施例において、光取込部材203、導光部材204、及び光放出部205は照明部Lから放出された光を透過する透明素材から構成されている。当該透明素材は、例えばポリカーボネイト、若しくはABS樹脂等の樹脂材からなることが好ましい。なお、ケース本体202及び摺動板215は特に透明である必要はない。
【0035】
ケース本体202の上部には、ケース本体202を貫通して左右方向に長い長円形状に形成されたカメラ穴208と、当該カメラ穴208内に設置されてケース本体202の内面206に沿って摺動可能な摺動板215と、摺動板215の抜け落ち防止用にカメラ穴208に嵌め込まれた保持板209とからなる。なお、保持板209の右半部には携帯型通信端末Pの背面部に形成されたカメラ部C及び照明部Lがケース本体202の外部に対して露出するように開放穴210が形成されている。開放穴210はカメラ穴208よりも小さい左右方向に長い長円形状に形成されてなる。摺動板215及び保持板209は、それぞれ第一の実施形態における光取込部材103及び保持板109と同一の構造によってケース本体202に取り付けられているものである。
【0036】
ここで光取込部材203の外形は、開放穴210よりも僅かに小さい相似形状に形成されており、図12に示すように、光取込部材203の長軸と開放穴210の長軸とを平行にしながら光取込部材203を開放穴210に挿し入れることができる。使用者は、発光装飾部材214を、図13の矢印に示すように開放穴210に光取込部材203を挿し入れた後に少し軸回転させることで、図14に示すように光取込部材203の縁端部を開放穴210の周縁部に係止させて開放穴210から抜け落ちないように固定することができる。このとき、光取込部材203は照明部Lを覆う照明被覆位置に設置され、光取込部材203の正面は照明部Lと対向して配置され、光取込面220として機能する。また、導光部材204をカメラ穴208及び開放穴210の深さ同一の長さとすることによって、光取込部材203と光放出部材205とによってケース本体202を狭持して発光装飾部材214を固定することができる。なお、図14において、ケース本体202に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定される携帯型通信端末P、携帯型通信端末Pの正面部に形成されたディスプレイD、カメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されている。
【0037】
図15は発光装飾部材214をケース本体202に固定し、光取込部材203を前記照明被覆位置に設置した状態の携帯型通信端末用ケース201の背面図である。当該携帯型通信端末用ケース201を装着した携帯通信端末Pが着信することによって照明部Lが発光すると、照明部Lから放出された光が光取込面220から光取込部材203の内部に取り込まれ、光取込部材203から導光部材204へ誘導される。そして導光部材204中を介して導波した光が光放出部材205の端面から放出され、図15に示す二点鎖線に囲まれた部分200が発光したように見えることによって使用者に着信を報知することができる。なお、光放出部材205を漫画のキャラクター、アクセサリー、食べ物、動物、植物、建物、若しくは乗物等の形状に形成することによって、携帯通信端末Pが着信していない状態であっても発光装飾部材214を着脱可能なアクセサリーとして用いることができる。
【0038】
<第三の実施形態>
図16は第三の実施形態における携帯型通信端末用ケース301の正面図である。携帯型通信端末用ケース301には、ケース本体302、及びケース本体302の内面に光取込部材303、導光部材304、及び光放出部305が一体に形成されてなる導光板309が取り付けられてなる。導光板309は、図17に示すように、導光板309の表面とケース本体302の内面306とが同一面内となるようにケース本体302の内側から埋め込まれて取り付けられている。このように導光板309が埋め込まれて取り付けられることによって、携帯型通信端末用ケース301を携帯通信端末Pに装着した際に、導光板309の一部が携帯型通信端末Pの背面部に対して局所的に当接し、携帯型通信端末Pと携帯型通信端末用ケース301とが不安定な状態で装着されることを防止することができる。なお、図16において、ケース本体302に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定される携帯型通信端末P、携帯型通信端末Pの正面部に形成されたディスプレイD、カメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されている。
【0039】
導光板309は図18に示すような平板状に形成されることによって、ケース本体302の内面に設けられた埋め込み用の溝に容易に嵌め込むことが可能である。本実施例において、光取込部材303、導光部材304、及び光放出部305は照明部Lから放出された光を透過する透明素材から構成されている。当該透明素材は、例えばポリカーボネイト、若しくはABS樹脂等の樹脂材からなることが好ましい。なお、ケース本体302は特に透明である必要はない。
【0040】
ケース本体302には、携帯型通信端末Pに装着した際にカメラ部Cと対向する位置にカメラ穴308が形成されている。また、導光板309にもカメラ部Cと前記対向する位置に導光板カメラ穴310が形成されているため、カメラ部Cは外部に露出しており、使用者は携帯型通信端末Pのカメラ機能を使用することが可能である。
【0041】
また、導光板309において、携帯型通信端末Pに携帯型通信端末用ケース301を装着した際に照明部Lと対向する照明被覆位置には光取込面320が配置されるように光取込部材303が形成されている。本実施例において、図16に示すように導光部材304は、光取込部材303と連続してなり、光取込部材303から左方向に延在して形成されている。さらに、導光部材304の左端部の上端から上方に光放出部305が延出して形成され、光放出部305はケース本体302の上端よりも上方に突出することにより、外部に露出してなる。また、光放出部305の中心部には光放出部305の正面から背面にかけて貫通してなる光散乱孔311が形成されている。
【0042】
当該携帯型通信端末用ケース301を装着した携帯通信端末Pが着信することによって照明部Lが発光すると、照明部Lから放出された光が光取込面320から光取込部材303の内部に取り込まれ、光取込部材303から導光部材304へ誘導される。そして、導光部材304中を介して導波した光が光放出部材305の端面及び光散乱孔の端面から放出され、図16に示す二点鎖線に囲まれた部分300aが発光したように見えることによって使用者に着信を報知することができる。
【0043】
また、図19には光放出部材305を挿し込むことができる装着穴312を有する外付装飾部材313の全体斜視図を示している。外付装飾部材313は、照明部Lから放出された光を透過する透明素材から構成されている。当該透明素材は、例えばポリカーボネイト、若しくはABS樹脂等の樹脂材からなることが好ましい。
【0044】
図20には、装着穴312に光放出部材305を挿し込んで導光板309に外付装飾部材313が装着された状態の携帯型通信端末用ケース301の背面図を示している。また、図21には図20のE−E断面図を示している。外付装飾部材313が装着されている状態で着信があると、照明部Lから放出された光は光放出部材305を介して外付装飾部材313中を導波し、外付装飾部材313の端面から放出される。これにより、図20に示す二点鎖線に囲まれた部分300bが発光したように見えることによって使用者に着信を報知することができる。なお、図20において、ケース本体302に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定されるカメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されている。
【0045】
なお、外付装飾部材313を漫画のキャラクター、アクセサリー、食べ物、動物、植物、建物、若しくは乗物等の形状に形成することによって、携帯通信端末Pが着信していない状態であっても外付装飾部材313を着脱可能なアクセサリーとして用いることができる。
【0046】
<第四の実施形態>
図22は第四の実施形態における携帯型通信端末用ケース401の正面図である。携帯型通信端末用ケース401には、ケース本体402、及びケース本体402の内面に光取込部材403、導光部材404、及び光放出部405が一体に形成されてなる導光板409が取り付けられてなる。導光板409は、図24に示すように、導光板409の表面とケース本体402の内面406とが同一面内となるようにケース本体402の内側から埋め込まれて取り付けられている。このように導光板409が埋め込まれて取り付けられることによって、携帯型通信端末用ケース401を携帯通信端末Pに装着した際に、導光板409の一部が携帯型通信端末Pの背面部に対して局所的に当接し、携帯型通信端末Pと携帯型通信端末用ケース401とが不安定な状態で装着されることを防止することができる。なお、図22において、ケース本体402に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定される携帯型通信端末P、携帯型通信端末Pの正面部に形成されたディスプレイD、カメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されており、図23において、ケース本体402に携帯型通信端末Pが嵌め込まれた場合に想定されるカメラ部C及び照明部Lの輪郭が破線で示されている。
【0047】
導光板409は図25に示すように、平板状に形成された光取込部材403及び導光部材404と、導光部材405の背面に突出して形成されてなる光放出部405とからなる。一方、ケース本体402には光放出部405と同一形状の嵌め込み孔411が設けられている。導光板409は、光取込部材403及び導光部材404を内面に設けられた埋め込み用の溝に容易に嵌め込むと共に、光放出部405を嵌め込み孔411に貫入することによって、ケース本体402に容易に取り付けることが可能である。
【0048】
本実施例において、光取込部材403、導光部材404、及び光放出部405は照明部Lから放出された光を透過する透明素材から構成されている。当該透明素材は、例えばポリカーボネイト、若しくはABS樹脂等の樹脂材からなることが好ましい。なお、ケース本体402は特に透明である必要はない。
【0049】
ケース本体402には、携帯型通信端末Pに装着した際にカメラ部Cと対向する位置にカメラ穴408が形成されている。また、導光板409にもカメラ部Cと前記対向する位置に導光板カメラ穴410が形成されているため、カメラ部Cは外部に露出しており、使用者は携帯型通信端末Pのカメラ機能を使用することが可能である。
【0050】
また、導光板409において、携帯型通信端末Pに携帯型通信端末用ケース401を装着した際に照明部Lと対向する照明被覆位置には光取込面420が配置されるように光取込部材403が形成されている。本実施例において、図22に示すように導光部材404は、光取込部材403と連続してなり、光取込部材403から下方向に延在して形成されている。さらに、導光部材404の下端部の背面から背面方向に光放出部405が延出して形成される。光放出部405の一端面は、導光板409をケース本体402に取り付けた状態において、ケース本体402の背面407と同一面内となるように形成されると共に、外部に露出してなる。
【0051】
当該携帯型通信端末用ケース401を装着した携帯通信端末Pが着信することによって照明部Lが発光すると、照明部Lから放出された光が光取込面420から光取込部403の内部に取り込まれ、光取込部材403から導光部材404へ誘導される。そして、導光部材404中を介して導波した光が光放出部材405の一端面から放出され、図23に示す二点鎖線に囲まれた部分400が発光したように見えることによって使用者に着信を報知することができる。
【0052】
なお、光取込部材403から延在して形成される導光部材404は一つに限らず複数あってもよい。例えば導光部材404が複数本光取込部材403から延在して形成され、それぞれの導光部材404に光放出部405が形成されることによって、ケース本体402に複数の光放出部405を露出させた状態で配置することができる。そして、複数の光放出部405に模様を形成させることによって、着信時に全ての光放出部405から光が放出され、発光による模様を構成することができる。
【0053】
さらにまた、光放出部405を一つの導光部材404に対して複数設けられていても、発光による模様を構成するために好ましい。
【0054】
101 携帯型通信端末用ケース
102 ケース本体
103 光取込部材
104 導光部材
105 光放出部
120 光取込面
P 携帯通信端末
C カメラ部
L 照明部


(57)【要約】

【課題】携帯型通信端末に設けられた照明部の発光を直接着信報知として機能させる場合において、着信の報知機能として適切な光の強さとし、美観にも優れた携帯型通信端末用ケースを提供する。【解決手段】照明部L覆う照明被覆位置に設けられた光取込部材103と、前記光取込部材と連続若しくは連接してなり、ケース本体102の内面に沿って設けられた透明な導光部材104と、前記導光部材と連続してなると共に、前記ケース本体の外部に露出してなる光放出部105とを有する携帯型通信端末用ケース101によって、着信と連動して照明部Lから放出された光を光放出部105から放出させて着信を使用者に報知する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):