(54)【考案の名称】多機能フィットネスマシン

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は多機能フィットネスマシンに関し、特にダブルレール式レール棒上にそれぞれキャスターにより、レール棒に沿ってスライド移動が可能なクッションフレーム体をスライド状に嵌め、クッションフレーム体頂点部は、可動ピンにより、クッション台底部の弧状槽内に固定し、レール棒前端左右には、ひじサポートパッドをそれぞれ固定し、ひじサポートパッド前にはさらに、回して角度を調整可能なグリップを可動状に連接し、レール棒前縁底端と、レール棒末端が接続するサポートスタンドフレーム台前縁との間には、伸縮連棒を可動状に連接し、これによりサポートスタンドフレーム台を地面に置き、伸縮連棒を調整して斜めに立たせ、前が高く後が低い傾斜状にして地面に置くことができ、伸縮連棒の長さとグリップの角度を回して調整することで、クッション台を固定するかどうかを選択でき、使用者は両膝をクッション台上につき、両ひじをそれぞれひじサポートパッドで支え、次に両膝、片膝に腰部と腹部を対応させ、クッション台を押して移動させ、クッションフレーム体のレール棒に沿った前後スライド移動と左右回転スライドを同時に生じさせ、スケートボードに類似の運動を達成でき、しかも伸縮連棒の長さを調整することで、異なる傾斜角度を形成し、さまざまな使用者に適用でき、また腰部と腹部と臀部の鍛錬に長時間使用でき、さらに収納と使用が便利で迅速であるという実用の利益をも備える多機能フィットネスマシンに関する。

【従来の技術】

【0002】
バランスの悪い食生活を送り、運動場所と運動量が不足している現代人は、健康を非常に重視するようになっている。しかし、現在市場に見られるフィットネスマシンでは、腰部と腹部と臀部を同時に訓練できる器具は極めて少なく、またあったとしても非常に高価で、重く、体積も大きいため広い収納スペースを必要とする。さらに、違った使用者、及び違ったレベルでの使用に調整することができない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案が解決しようとする課題は、本考案人のフィットネス器具製造、設計における十数年の経験を生かし研究を積み重ね、上記の欠点を解決すべく何度も実験と試作を繰り返し開発した多機能フィットネスマシンを提供することである。

【効果】

【0005】
本考案の多機能フィットネスマシンは、腰部と腹部と臀部の運動と鍛錬を同時に達成することができ、収納、使用共に、便利で迅速に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案実施例の立体図である。
【図2】本考案実施例の立体分解図である。
【図3】本考案クッションフレーム体とクッション台実施例の立体分解図である。
【図4】本考案使用実施例の立体模式図である。
【図5】本考案使用実施例の立体模式図である。
【図6】本考案使用実施例の立体模式図である。
【図7】本考案使用実施例の立体模式図である。
【図8】本考案使用実施例の立体模式図である。
【図9】本考案使用実施例の立体模式図である。
【図10】本考案使用実施例の立体模式図である。
【図11】本考案使用実施例の立体模式図である。

【0007】
本考案の技術内容、構造特徴、達成する目的を詳細に説明するため、以下に実施例を挙げ並びに図面を組み合わせて説明する。
【0008】
図1〜11に示すように、本考案は、サポートスタンドフレーム台1、ひじサポートパッド2、レール棒3、クッションフレーム体4、クッション台5により組成する。
【0009】
レール棒3には、それぞれキャスター30により、ダブルレール式レール棒3に沿ってスライド移動が可能なクッションフレーム体4をスライド状に嵌める。
【0010】
クッションフレーム体4頂点部は、可動ピン31により、クッション台5底部の弧状槽32内にスライド状に嵌めて設置し、しかも調節ダイヤル40により、定位孔41に螺入し、クッション台5を定位することができる。
【0011】
ダブルレール式レール棒3前端左右には、ひじサポートパッド2をそれぞれ固定する。ひじサポートパッド前にはさらに、回して角度を調整可能なグリップ20を可動状に連接する。レール棒3前縁底端と、レール棒3末端が接続するサポートスタンドフレーム台1前縁との間には、伸縮連棒10を可動状に連接する。これにより、サポートスタンドフレーム台1を地面に置くことができ、及び固定ネジ11を調整し、伸縮連棒10の長さを調整することができる。こうして、前が高く後が低い傾斜状にして地面に置くことができる。
【0012】
レール棒3底縁には、停止体34を設置でき、これによりクッションフレーム体の前後スライド移動の行程に制限を加えることができる。
【0013】
実際の操作及び使用時には、使用者は、サポートスタンドフレーム台1を地面に置き、伸縮連棒10の長さを調整し、固定ネジ11により固定する。これにより、ダブルレール式レール棒3は、前が高く後が低い傾斜状を呈して地面上に支えられる。こうして、便利かつ迅速に施力程度を改変でき、しかも調節ダイヤル40により、クッションフレーム体4とクッション台5との間の結合状態を固定し、或いは緩めることができる。さらに、グリップ20を回して調整することで、傾斜角度を変更でき、これによりさまざまな使用者、或いは違った傾斜角度に対応して、両手で握る形式とできる。
【0014】
使用者は、両膝をクッション台5上につき、両ひじをそれぞれひじサポートパッド2で支える。次に、両膝、片膝、或いは両足により、腰部と腹部を対応させ、クッション台5を押して移動させ、クッションフレーム体4のレール棒3に沿った前後スライド移動を連動し、さらにクッション台を回して移動させ、左右に回転させることができる。しかも、レール棒3底縁の停止体34により制限を加えることができる。こうして、スケートボードに類似の運動により、腰部と腹部と臀部の同時鍛錬を達成することができる。さらに、違った使用者、及び異なるレベルの使用をも提供することができる。
【0015】
本考案は、固定ネジ11により、伸縮連棒10を緩め、或いは締めるだけで、サポートスタンドフレーム台1とダブルレール式レール棒3を、迅速に収納し、また展開することができる。よって、収納、使用共に非常に迅速かつ便利に行うことができる。
【0016】
以上述べたことは、本考案の実施例にすぎず、本考案の実施の範囲を限定するものではなく、本考案の権利請求の範囲に基づきなし得る同等の変化と修飾は、いずれも本考案の権利のカバーする範囲内に属するものとする。
【0017】
1 サポートスタンドフレーム台
2 ひじサポートパッド
3 レール棒
4 クッションフレーム体
5 クッション台
10 伸縮連棒
11 固定ネジ
20 グリップ
30 キャスター
31 可動ピン
32 弧状槽
34 停止体
40 調節ダイヤル
41 定位孔

(57)【要約】

【課題】腰部と腹部と臀部の運動と鍛錬を達成できる多機能フィットネスマシンを提供する。【解決手段】サポートスタンドフレーム台1を地面に置き、伸縮連棒10を調整して斜めに立たせ、前が高く後が低い傾斜状にして地面に置く。伸縮連棒10の長さとグリップ20の角度を回して調整することで、クッション台5を固定するかどうかを選択でき、使用者は両膝をクッション台5上につき、両ひじをそれぞれひじサポートパッド2で支え、次に両膝、片膝に腰部と腹部を対応させ、クッション台5を押して移動させ、クッションフレーム体4のレール棒3に沿った前後スライド移動と左右回転スライドを同時に生じさせ、スケートボードに類似の運動を達成する。しかも伸縮連棒10の長さを調整することで、異なる傾斜角度を形成し、さまざまな使用者に適用でき、また腰部と腹部と臀部の鍛錬に長時間使用できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):