(54)【考案の名称】マイク用カバー

(51)【国際特許分類】

H04R 1/08 ・送話器口 その付属物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、マイク落下等による破損が防止でき、かつ音響が悪くなることがなく楽しく使用できることを目的としたマイク用カバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来カラオケ等のマイク(マイクロホン)に使用されるマイク用カバーには、下記従来例に示すように マイクの集音部とハンドル部分をカバー(スカート状部を含む)で被覆して、使用するときに直接マイクに触れることがなく衛生的であるという利点を有するが、マイク集音部の全てを比較的厚みの高い布等のカバーで覆っているためにカバー自体が口からの音声を妨げてしまい、ひどい場合には音声がこもったりするため、マイクとしての音響性能劣化が否めないということがあり、さらにマイク集音部においてカバーに貼着片を設けた場合には、より一層集音効果が低下する問題があった。またマイクカバーは、単なる薄い布を設けただけのものであるため、子供等が乱暴に使用してマイクを落すと、当該マイク本体に過大な落下衝撃力が加わり、マイクが破損する等の恐れがあるという問題があった。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案では、集音部とハンドル部からなるマイクの前記集音部およびハンドル部を被覆するクッション性のあるキャラクター被覆部材からなり、前記マイクの音声を直接受ける面の反対側の集音部およびハンドル部の略半面を前記キャラクター被覆部材に設けた収納凹所に収納することにより前記マイクに着脱自在に取着し、かつキャラクター被覆部材に前記集音部の露出高さより突出したクッション性のある突出部を設けたことにより、前記キャラクター被覆部材により子供や女子学生等が楽しみながらカラオケができるとともにキャラクター被覆部材を設けていない略半面部分で人の音声を直接拾うことができるのでキャラクター被覆部材のカバーを設けているのに関わらず、通常のマイクと同じように音響劣化がない状態で使用することができ、音響性の良いマイクを構成することができる。また、マイク集音部の近傍に設けたクッション性のある突出部により、子供や女子学生等がキャラクター使用の効果により楽しさのあまりマイクを乱暴に扱って仮に落下したとしても、クッション性のある被覆部材およびこの突出部により集音部を確実に落下衝撃力から保護することができるので、マイクの破損防止を図ることができるものである。
【0009】
また、前記キャラクター被覆部材がぬいぐるみで構成され、当該ぬいぐるみに設けたマイク収納凹所にマイクを収納するとともに収納凹所のマイク集音部近傍の周縁に設けた面状ファスナーによりマイクに着脱自在にしているので、前記面状ファスナーにより、たとえ子供等であっても簡単にキャラクター被覆部材をマイクに確実に着脱することができ、極めて容易に使用することができるマイク用カバーを構成することができ、かつ当該面状ファスナーには、クッション性があるため、万一マイク使用時に落下したとしても、この面状ファスナーによっても落下衝撃のクッションとなりマイクの破損を抑えることができる。
【0010】
また、前記マイクの集音露出部に貼付カバーを着脱自在に設けたことにより、マイク使用時にマイク集音露出部に唾や唾液等が付着することを防止することができ、極めて衛生的に使用することができるマイク用カバーを構成することができる。なお、貼付カバーが汚れた場合には、着脱自在の構成となっているため簡単に交換して新しい貼付カバーを使用することができ衛生的に使用できる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の一実施例のマイクを装着した全体概要図、
【図2】本考案の一実施例の側面図、
【図3】本考案の一実施例の正面図、
【図4】本考案の一実施例の裏面図、
【図5】本考案の一実施例の要部である貼付カバーの平面図

(57)【要約】

【課題】カラオケ等の娯楽場において、特に子供や女子が楽しく利用できるとともに乱暴に扱って落下しても壊れにくいマイクカバーを提供する。【解決手段】人が発した音声を集音する集音部1aと手で把持するハンドル部1bからなるマイク1の前記集音部およびハンドル部を被覆するクッション性のあるキャラクター被覆部材2であって、前記マイクの音声を直接受ける面の反対側の集音部およびハンドル部の略半面を前記キャラクター被覆部材に設けた収納凹所7に収納することにより前記マイクに着脱自在に取着し、かつキャラクター被覆部材に前記集音部の露出高さより突出したクッション性のある突出部3を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):