(54)【考案の名称】飲用容器の収納具

(51)【国際特許分類】

B65D 23/08 ・被覆 外部コーテング

(73)【実用新案権者】株式会社ケイ・エム・ジェイ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、飲用容器の収納具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
最近では様々な飲用物が、ポリエチレンテレフタラートを材料とするいわゆるペットボトルと呼ばれる飲用容器に入れて販売されている。また、ペットボトル類のような飲用容器は、季節やその中身によって暖めたり、冷やしたりあるいは凍らせたりと云った状態で販売されている。すなわち、中身である飲用物が、例えばコーヒー類あるいはお茶類の場合に、冬場であれば温めた状態で販売することができるので、顧客に対して温もりを提供することができる。また、夏場であれば、清涼飲料水等の場合に冷やしたり予め飲用容器ごと凍らせた状態で販売することで顧客に、冷涼感を与えることができる。
【0003】
このペットボトル類は、内容物を飲み終われば廃棄されるいわゆる使い捨てを想定したものである。しかしながら、ペットボトル類は、ねじ込み式の蓋が付されているために、内容物をほぼ密閉した状態で携帯することができるため水筒の代わりとして用いられる場合がある。すなわち、一度で飲みきれない場合のみならず、一度使用した空のペットボトルにお茶等の内容物を入れて携帯することができる。この場合であっても、夏場であればあらかじめそのペットボトルごと冷凍した状態にし、それを体に接触させるなどして涼を得ることや、冬場であればあらかじめ、そのペットボトルを加温した状態にし、手を温めたり、暖を取ることができることは云うまでもない。
【0004】
しかしながら、水筒の代わりにペットボトルを使用する場合においても、また、飲用物の販売に際しても、予めペットボトルごと加温したり、あるいは冷やしたり、時にはペットボトルごと凍らせている場合において、飲用容器のままでは、使用者は加温されている状態であれば熱すぎて持てない場合もあり、また、冷凍している状態であれば冷たすぎて持てないということも起こりうる。
【0005】
ここで、特許文献1において、アルミシートやウレタンシートなど断熱効果を有するシートを2枚重ね合わせ、または1枚のシートを二つ折りにして、肩部分と側面部分を接合するだけの底面の無いペットボトルカバーの発明が記載されている。この発明に係るペットボトルカバーすなわち収納具は、アルミシートやウレタンシートからなるものであってそれらは断熱性を有するものである。従ってこの収納具に、冷凍され、または加温された飲用容器を収納すれば、冷たくて持てなくなったり、熱くて持てないといったこともない。しかし、それらのシートは、ペットボトルに生じた結露を吸収しにくく、収納具に入れたペットボトルを鞄内に携帯した場合に、そのペットボトルに生じた結露がこぼれて鞄内をぬらしてしまう恐れがある。また結露によって、使用者の持ち手が濡れることによって不快感を生じさせる場合がある。
【0006】
また、上記収納具は断熱性に優れているがゆえに、ペットボトルをお茶やコーヒーなどの内容物を凍らせたり、あるいは加温させたりした場合にあって、飲用文献1に係る上記収納具に、これらのようなペットボトルを収納した場合であっても、必ずしも満足に涼を得たり暖を得たりすることはできない。また、底面が無いものであるので、不用意にカバーを持った場合に、つかみそこねて当該カバーのみが手元に残りペットボトルのみを落下させる恐れがあり極めて持ちにくい。特に子供であればなおさらである。また、中身の飲料が加熱されていたものであれば、中身が飲用容器の落下に伴って飛び散る場合がありやけどしてしまう恐れがある。
【0007】
また、中の飲用物がなくなった場合に、ペットボトルは廃棄するが、収納具は廃棄せずに鞄等に入れ持ち帰る場合がある。このときに、この従来の収納具は小さく折り畳むことができず嵩張るという問題があった。さらに、従来の収納具は、飲用容器を覆うものであるが、ペットボトルの形状は種々存在するために、それらの形状のすべてに対応する必要から、ペットボトルの最大径よりも大きめにしなければならない。従って、ペットボトルの形状が例えば、絞り込まれた形状の場合には、必ずしもその形状に適合したものとは云えず、ペットボトルなどの飲用容器を収納した収納具ごと持ち上げようとする場合に手にあまり、持ちにくいものとなっている。
【0008】

(57)【要約】

【課題】ある程度の熱の伝導性を確保しつつ、冷凍または加温されたペットボトルを収納具内に収納した場合であってもその冷気や熱を緩和して、涼を得たり、暖をとることができる収納具を提供する。【解決手段】ペットボトル類の飲用容器を収納する収納具10であって、収納具は、胴部11と胴部の上部に開口端部12を有し胴部の下部が閉塞され、当該収納具は袋状を呈し、かつ、開口端部および胴部が伸縮性を有し、飲用容器を収納具に収納したときに収納具はその飲用容器の外形に倣うことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):