(54)【考案の名称】ブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案はブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のブックカバーは両端を内側に折り曲げ、本の表裏表紙小口内側に折挟むものが一般的である。
【0003】
この方法では装着後の安定性に欠ける。そこで、装着後の安定性を確保するために工夫を凝らしたブックカバーが多数考案されている。
【0004】
例えば、実用新案登録第3154410号公報には横長四角形からなる紙製カバーシートの上下縁より少し内側に内向きに折りたたむための内向き折り畳み手段を設けると共に前期カバーシートの左右端氏縁から少し内側に前期折り畳み手段に上下端を可及的に接近させて表表紙と裏表紙をそれぞれ挿し込むためのスリットを形成して成るブックカバーが開示されている。
【非特許文献1】実用新案登録第3154410号

【考案が解決しようとする課題】
【0005】
しかし実用新案登録第3154410号公報に開示されたブックカバーはカバーシートの左右端縁から少し内側に折り畳手段を本の表紙を挿し込むスリットを入れ、本の表紙を挿し込むとカバーシート素材と本の表紙がクロス状に交差することになり、本の表紙素材に折り曲げ圧力がかかり、悪影響を与え問題があった。
【0006】
そこで本考案は、本の表紙に折り曲げ圧力がかかり難く、且つ本の小口から背までの表紙幅と背の厚みに関係なく装着を必要とする適正な位置に装着できるブックカバーを提供することを技術課題として研究開発を行い、次の考案を開発した。

【効果】

【0011】
カバー本体の厚みよりも帯体の厚みを薄くすることにより、本の表紙不当な曲げ圧力を軽減し、該表紙をより綺麗に保つことが可能となる。
【0012】
カバー本体の表面側に文字、図柄、模様を描きカバーの装飾性および嗜好性を高めた時、これらの文様を本の背の厚さ、表紙幅の寸法に自由に対応し、適正な位置に配置装着することが可能となる。
【考案を実施するための最良の形態】

(57)【要約】

【課題】絵柄や文字を適正な位置に装着し且つ使用時の装着状態を安定にさせるブックカバーを提供する。【解決手段】本に対して表紙、背表紙及び裏表紙を覆うように装着されるカバー本体aと、カバー本体aの上端側から下端側に架け渡される一対の帯体cとから構成されている。カバー本体aは、矩形状に形成されている。カバー本体aの横幅は、本の表紙側の小口から背表紙を通って裏表紙側の小口までの横幅よりも長い横幅になっており、カバー本体の縦幅は、本の縦幅よりも長い縦幅になっている。カバー本体の表側には、中央から横幅方向にずらして位置付けられるように図柄bが描かれている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):