(54)【考案の名称】自転車用カゴカバー

(73)【実用新案権者】有限会社川住製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、自転車用カゴカバーに関し、上端と下端に開口部を有する円筒部のカバーの一部において自転車用カゴを覆う袋状のフタ部を設けることで自転車用カゴのフタを簡単に脱着出来、カゴの内容物の大きさに応じてカバー自体の大きさも変化出来る自転車用カゴカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、自転車用カゴカバーとしては、防水や防麈のために、生地に撥水加工をした上端と下端に開口部を有する筒状のものが知られている。
【0003】
なお、下端の開口部はカゴに取り付ける際にゴム紐体でカゴ本体の下部において締めつけ、上端の開口部はその縁周部にファスナーを設け、フタ部を取り付けているものが知られている。
【0004】
一方で上端の開口部をファスナーではなく、開口部の縁周部に巾着状に開閉する紐体が開口部全周に設けられて、紐体を絞り込んで開口部を閉じるものも知られている。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、先述の上端の開口部の縁周部にファスナーを設け、フタとして取り付けるものは、カゴの容量を超える大きさのものが有るとファスナーを閉じることが出来なくなる欠点が有った。
【0006】
又、上端の開口部の縁周部に巾着状に開閉する紐体が開口部全周に設けられていて紐体を絞り込んで開口部を閉じるものでは、カゴ容量を超えた大きさのものを収納出来てもキチンとフタを閉じる事が出来ず、巾着状に絞り込んだ開口部のスキマから雨やホコリが入るという欠点が有った。
【0007】
一方これら従来の自転車用カゴカバーは基本的にカゴの外側を覆うため、カゴの内側においてはカゴ自体の素材と荷物が直接触れたり擦れたりするため、荷物自体を傷つけたりする問題点も有った。
【問題を解決するための手段】
【0008】
上記課題を解決するために本考案は、上端と下端に開口部を有する円筒形の自転車用カゴカバーにおいて、上端開口部(3)の縁周部(5)には巾着状に開閉する紐体(7)が開口部全周に設けられ、下端開口部(4)の縁周部(6)には伸縮するゴム紐体(8)が開口部全周に設けられており、更に自転車用カゴカバー本体(2)の外側の一部において下端開口部(4)と平行になるよう自転車用カゴ(9)を覆う袋状のフタ部(10)が、縫製一体化されたことを特徴としている自転車用カゴカバー(1)である。
【0009】
更に、前記縫製一体化された袋状のフタ部(10)の真ん中から、下端開口部(4)の縁周部(6)まで切り込み部(12)が設けられたことを特徴としている自転車カゴカバー(1)である。
【0010】
又、前記縫製一体化された袋状のフタ部(10)の箇所以外の自転車用カゴカバー本体(2)の外側外周部(13)に自転車用カゴ側面(14)を締めつけて保持するための伸縮性のゴム紐体(15)が設けられたことを特徴としている自転車用カゴカバー(1)である。

【効果】

【0011】
本考案の自転車用カゴカバーは、以上のような構成であるため、カゴの容量を超える大きさのものが有っても上端の開口部の縁周部に巾着状に開閉する紐体で絞り込んだ後に、自転車用カゴカバー本体の外側の一部において下端開口部と平行になるよう縫製一体化された袋状のフタ部で自転車用カゴの上部開口部を覆ってキチンとフタをすることが出来るため、スキマから雨やホコリ等の進入を防ぐことの出来る優れたものとなる。
【0012】
もちろん後カゴのみならず、前カゴにおいても使用することが出来る。その際、前カゴがハンドル部において前カゴ側面でナット留め等で取り付けられている場合が多いため、その場合には、縫製一体化された袋状のフタ部の真ん中から下端開口部の縁周部まで設けられた切り込み部を利用すれば簡単に取り付けられる優れたものとなる。
【0013】
又、縫製一体化された袋状のフタ部の筒所以外の自転車用カゴカバー本体の外側外周部に自転車用カゴ側面を締め付けて保持するためのゴム紐体が設けられており、カゴの大きさや形状に限定されることなくカゴに密着して取り付けの出来るものとなる。
【0014】
なお、本考案の自転車用カゴカバーは、カゴの外側を覆うだけでなく、上端開口部の縁周部をカゴの内側に沿って覆いフタをすることが出来るため、カゴに入れた荷物のキズつけ防止やクッションの役目となる副次的効果も得られる優れたものである。

(57)【要約】

【課題】自転車用カゴカバーに関し、上端と下端に開口部を有する円筒部のカバーの一部において自転車用カゴを覆う袋状のフタ部を設けることで自転車用カゴのフタを簡単に脱着出来、カゴの内容物の大きさに応じてカバー自体の大きさも変化出来る自転車用カゴカバーを提供する。【解決手段】上端と下端に開口部を有する円筒形の自転車用カゴカバーにおいて、上端開口部3の縁周部5には巾着状に開閉する紐体7が開口部全周に設けられ、下端開口部4の縁周部6には伸縮するゴム紐体8が開口部全周に設けられており、更に自転車用カゴカバー本体2の外側の一部において下端開口部4と平行になるよう自転車用カゴ9を覆う袋状のフタ部10が、縫製一体化されたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):