(54)【考案の名称】立方体駒を用いる盤ゲームセット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図17

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、専用の盤と駒を用いる新規に発案した盤ゲームセットに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、種々の盤ゲームが多用されているが、本案にて示すような新規な盤と専用の駒を用いる盤ゲームセットは見あたらない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
盤ゲームは古来より親しまれており、日本では囲碁、将棋、その他多くの盤ゲームが存在し、各々専用の駒等を用いてプレイしている。今般創案したのは二人でプレイする盤ゲームであり、そのゲームに用いる専用の駒および専用の盤を権利化せんとするものである。

【効果】

【0005】
本案ゲームは以下の効果を有する。
1.ゲームルールがシンプルなので、誰でも容易に覚えてゲームを楽しむことができる。
2.勝負はすべての駒の配置が終わるまで判定せず、相手駒の捕獲や駒の回転による相手駒の自陣側駒への変更などによる一発逆転の楽しみがある。
3.駒の回転要素を含んだゲームであり、駒を回転させるための指の動きが必要のため、従来のゲームにない斬新さがあるとともに、頭脳トレーニングにも適している。
4.勝敗がつくまで長時間を要しないので、限られた時間でも何回も楽しむことができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案のゲーム盤の平面図
【図2】本考案の置き駒の斜視図(正面方向)
【図3】本考案の置き駒の斜視図(背面方向)
【図4】本考案の役駒の斜視図
【図5】本考案の役駒の斜視図
【図6】本考案の役駒の斜視図
【図7】本考案の置き駒の他例斜視図(正面方向)
【図8】本考案の置き駒の他例斜視図(背面方向)
【図9】本考案の置き駒の他例斜視図(正面方向)
【図10】本考案の置き駒の他例斜視図(正面方向)
【図11】本考案の置き駒の他例斜視図(背面方向)
【図12】本考案のゲーム展開説明図
【図13】本考案のゲーム展開説明図
【図14】本考案のゲーム展開説明図
【図15】本考案のゲーム展開説明図
【図16】本考案のゲーム展開説明図
【図17】本考案のゲーム展開説明図(勝敗判定)

(57)【要約】

【課題】新規な盤ゲームセットを提供する。【解決手段】適宜サイズのマス目をその表面に多数連設した平板状もしくはシート状のゲーム盤1を設けるとともに、立方体形状の駒を多数設け、該立方体の相互に隣り合う3面に特有色を表現し、他の面を別色として表現して以上の構成による置き駒4を設け、一方、特有配置色による立方体形状の役駒を設けて、以上のゲーム盤1と置き駒4および役駒との組み合わせよりなることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):