(54)【考案の名称】浴槽

(73)【実用新案権者】株式会社富士開発機工

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、浴槽に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、様々な形状、機能を有する浴槽が開発され、市販されている。
【0003】
しかしながら、浴槽に関連して、風呂蓋に着目したところ、シャッタータイプ・折りたたみタイプ・分割タイプなどの種類があるものの、浴槽開口部の密閉・開放をするには、いずれも、風呂蓋を着脱あるいは移動させる必要があり、手間や置き場所を要するものであった。
【0004】
浴槽と風呂蓋とがこのような構成の場合、子供や身体障害者、老人等にとって、風呂蓋の着脱は難儀な行為になり得る。
【0005】
また、入浴中は、風呂蓋の置き場所が必要不可欠である。
【考案が解決しようとする課題】
【0006】
上述のような構成の浴槽と風呂蓋との関係に見られる不便を解決するとともに、快適と使いやすさを確保することを目的とする。
【0007】
本考案は、繰り出し・巻き取り自在なロールスクリーン状の風呂蓋及び風呂蓋収納部を備えた浴槽を提供しようとするものである。

【効果】

【0009】
本考案によれば、浴槽は、以上説明した構成を備えることによって、子供や身体障害者、老人等であっても、浴槽開口の密閉・開放を簡単に行うことができる。
【0010】
浴槽と一体に風呂蓋および風呂蓋収納部を備えた構成であることから、入浴中に、風呂蓋の置き場所を別途に必要としないものである。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】 本考案に於ける浴槽の正面図である。
【図2】 本考案に於ける浴槽の上面図である。
【図3】 本考案に於ける浴槽の風呂蓋を途中まで繰り出した説明図である。
【図4】 図2のA−B矢視断面図であるである。

【0012】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照して説明する。
図1・図2・図3・図4に示すように、浴槽1の開口部7周縁の一方側に風呂蓋収納部2を設け、該風呂蓋収納部2に、繰り出し・巻き取り自在なロールスクリーン状の風呂蓋3を収納して設置し、該風呂蓋3を操作することで該浴槽1の開口部7を密閉・開放可能な構成とし、これらを一体に成したことを特徴とした。
【0013】
1 浴槽
2 風呂蓋収納部
3 風呂蓋
4 風呂蓋の出し入れ口
5 風呂蓋の取っ手
6 バスエプロン
7 開口部

(57)【要約】

【課題】 繰り出し・巻き取り自在なロールスクリーン状の風呂蓋及び風呂蓋収納部を備えた浴槽を提供する。【解決手段】 浴槽1の開口部7周縁の一方側に風呂蓋収納部2を設け、該風呂蓋収納部2に、繰り出し・巻き取り自在なロールスクリーン状の風呂蓋3を収納して設置し、該風呂蓋3を操作することで該浴槽1の開口部7を密閉・開放可能な構成とし、これらを一体に成したことを特徴とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):