(54)【考案の名称】家庭用流し台の水はねよけ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
家庭用流し台の手前縁に洗い物する時の水はねよけをつける。
【0002】
流し台の手前縁に、簡単な水はねよけを付ける。

【効果】

【0005】
使用時には枠を立てて、不使用時には枠を下に押し下げて流しの手前縁に収めることが出来る。エプロンをしなくても、洗物が出来る。
手ぬぐいを掛けて手をふくことが出来る。夜間に布巾などかけてかわかせる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】 本考案の流し台みずはねよけの正面図である。
【図2】 本考案の流し台みずはねよけの平面図である。
【図3】 本考案の流し台みずはねよけの側面図である。
【図4】 四角形枠を押し下げたときの状態を示す図である。
【図5】 流し台の縁に付ける土台の一部の斜め正面図である。
【図6】 四角形枠を引き上げ手ぬぐいをひっかけた図である。


(57)【要約】

【課題】家庭調理場の流し台でエプロンを使わずに、水はねを防ぐ流し台の縁に付ける土台を提供する。【解決手段】流し台の手前の縁に四角形の枠を付け、その枠に手ぬぐいを引っかけて、水はねを防ぐ。この枠の四隅はリベットなどで固定し、動かせるようにし、全体を押し下げたり、引き揚げたりできるようにする。使用時には枠を立てて、不使用時には枠を下に押し下げて流しの手前縁に収めることが出来る。エプロンをしなくても、洗物が出来る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):