(54)【考案の名称】犬のフン処理機

(51)【国際特許分類】

A01K 23/00 ふん尿袋

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【従来の技術】

【0002】
現在犬のフン処理機としては、取っ手の先端にワイヤー又はプラスチックでできたリング状の部材が取り付けられており、リング状の部材にフン処理袋を挟んで筒状にしてフンを中に入れる方式、又はフン処理袋を段付きのリング状構造体に挿入して、入口をゴムリングで固定するなどの方式があるが、フンの処理はまだ複雑である。
【0003】
別の犬のフン処理機として、取っ手の付いた角形の剛体でできた物はあるが、どんな犬の肛門下にも置く事ができるように、フンを受ける上下位置が変化した時の対応が困難である。
【0004】
コンパクトな形状で使い易く,腰をかがめる必要のない犬のフン処理機は少ない。
【0005】

【効果】

【0008】
フン処理袋の取り付け、取り外しが簡単で、しかも道路を汚す事が少なく持ち運びも容易である。また、どんな犬に対しても肛門下のフンを受ける上下位置の対応ができ、メインフレームに対してキャッチフレームが90度の位置にある為、フンの処理操作がし易すく飼い主は立ったままでフンの処理が出来る。
【0009】
図1に示すようにメインフレーム(6)にはブラケット(5)が一体化されている。ブラケット(5)の軸受部(8)にはキャッチフレーム(1)が取り付けられており先端軸部(3)を中心に回転できる。キャッチフレーム(1)にはフンの容器(4)が取り付けられている。 メインフレーム(6)の軸部にアーム(10)が取り付けられており、アーム(10)はアームの軸受部(11)を中心に回転できる。
【0010】
キャッチフレーム(1)は円形で一部が途切れており、その両端部は下側にU型形状(2)が形成されている。先端軸部(3)は左右に直角に折曲っており軸の役目をしている。 キャッチフレーム(1)にはフンの容器(4)が先端部を外側に折り返して取り付けられている。これは前述のU型形状(2)の構造により折り返す事ができる。フンの容器(4)はキャッチフレーム(1)に接着で固定されている。
【0011】
ブラケット(5)はメインフレーム(6)と、メインフレーム先端(7)で圧入により一体化されている。ブラケット(5)は左右に軸受部(8)を設けており、下部にストッパ(9)が形成されている。
【0012】
キャッチフレーム(1)の先端部(3)はブラケットの軸受部(8)に挿入されており軸受部(8)を中心に回転することができる。また、キャッチフレーム(1)のU型形状(2)の側面部をブラケットのストッパ(9)に当てる事でキャッチフレーム(1)の位置が決まる。
【0013】
アーム(10)は手で握る部分の部材で左右にアームの軸受部(11)がある。 先端部には左右に突起部(12)があってストッパの役目をしている。メインフレーム(6)とは軸受部(11)で連絡されており、先端の突起部(12)をメインフレーム(6)に当てる事でアーム(10)の位置を決めている。
【0014】
フン処理の使用例として、図2はフン処理袋(13)、図3はフンの容器(4)にフン処理袋(13)を挿入して、開口部先端を外側に折り返して装着した図である。このフン処理袋(13)はフンの容器(4)より大きなもので、かつ先端を折り返せるように深い物を使用する。 排便後はフン処理袋(13)を取り出し、フン処理袋(13)の先端部を縛る事で終了する。フンを処理した後は図4に示すようにアーム(10)を折りたたみ、更にキャッチフレーム(1)を折りたたむ事でコンパクトになり、持ち運びが容易にできる。
【産業上の利用可能性】
【0015】
年寄りや腰の悪い人にとっては、立ったままで犬のフンが処理できる。持ち運びもコンパクトにでき、フンの処理もし易い。フンが道に落ちる前に処理できるので環境衛生上も好ましく利用価値はある。

(57)【要約】

【課題】フン処理操作がし易く、かつフン処理が簡単で、持ち運び易く、どんな犬に対しても肛門下のフンを受ける上下位置の対応ができる、フン処理機を提供する。【解決手段】フンの容器4の中にフン処理袋が簡単、かつ確実に装着されるようにキャッチフレーム1の一部途切れた端部をU型構造2とした。また、メインフレーム6に対して90度傾けた位置にキャッチフレーム1を位置する事でフン処理操作がし易い。また、持ち運びを容易にするため、メインフレーム6に対してアーム10とキャッチフレーム1は折りたたみ可能な構造としている。そしてフン処理袋を入れるフンの容器4を変形可能な部材で作ることで、どんな犬に対しても肛門下でのフンを受ける上下位置の対応を可能にしている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):