(54)【考案の名称】スライドフロアー

(73)【実用新案権者】株式会社金澤製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、室内に静置した家具や電気機器の筺体が地震による振動や横揺れによる倒壊を防止することのできるスライドフロアーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、地震による振動や横揺れによる倒壊を防止することのできる種々の床面免震装置が開発されているが、その殆どが建築物や床上の電子機器に対して、免震効果を有する球体の転動方式や、受皿方式のものが多く存在する。
【0003】

【効果】

【0013】
本考案のスライドフロアーは、地震による振動や余震が断続的に起こり、振幅が大きくなったときでもフロアーを構成するエンボスプレート自体がスライドする構造であるから、載置されている筺体や電気機器が倒壊することがないように構成されている。
【0014】
また、エンボスプレートの縁部にゴム等からなる緩衝復元テープが固定されており、中央部がコンクリート床面またはベースプレートに強固に固定されているので、ベースプレートに対するエンボスプレートのスライド位置が大きくずれた場合でも、元の位置に復元することができる。

(57)【要約】

【課題】家具や電気機器の筺体が地震による振動や横揺れによる倒壊を防止するスライドフロアーを提供する。【解決手段】コンクリート床面1上に接着剤、両面粘着テープ2によって、鋼板製のベースプレート3を固定し、該ベースプレート上にスライド自在のエンボスプレート5を載置し、該エンボスプレート5の下面に緩衝復元テープ4を配置して、該緩衝復元テープ4の先端部をエンボスプレート5の端部に固定する。該緩衝復元テープ4の交差部がコンクリート床面1またはベースプレート3に強固に固定されており、ベースプレート3に対するエンボスプレート5のスライド位置を元の位置に復元できるように構成され、ベースプレート3の表面がフッ素樹脂加工されており、該ベースプレート3とエンボスプレート5間にクロムモリブデン粉末が塗布されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):