(54)【考案の名称】コンクリート製の水槽用装飾品

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は観賞用水槽内にコンクリート建造物をレイアウトするためのミニチュア化と無害化に関する

【従来の技術】

【0002】
従来の観賞用水槽装飾品にコンクリートは使用されなかった。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
狭い水槽内ではコンクリートの有害な物質が生き物に悪い影響を与える
コンクリートでは細かい製品の強度が弱い

【効果】

【0005】
定着加工によりコンクリート表面とガラスが一体化しコンクリートが直接外気や水に接する事が無く生き物への悪影響をなくしガラスの強度により細かい形状の製品が実現できた。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】「考案の断面図である。」
【図2】「考案の実施を示した立体図である。」

【0007】
図1−1はコンクリート
図1−2はコンクリート表面に定着処理をして定着剤を施す
図1−3はガラスで全面を覆う
図2のようなコンクリート構造物のミニチュアをガラスで覆い、組み合わせて観賞用水槽内に魚礁を作りリアルな護岸を再現できる。
図2−1はU字溝
図2−2は平板
図2−3は消波ブロック

(57)【要約】

【課題】コンクリート製水槽用装飾品を提供する。【解決手段】コンクリート構造物1の表面に定着加工を施し薄いガラス3で覆い形成した。組み合わせて、鑑賞用水槽内に魚礁を作りリアルな護岸を再現できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):