(54)【考案の名称】電子機器のコネクタ用保護カバー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は、例えば、スマートフォン、デジタルカメラ、タブレットコンピュータ、イヤホーンのような携帯形およびもしくは可搬形電子機器を接続するコネクタの保護カバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来広く利用されている携帯形電子機器には、音声が直接利用者の口と耳を該電子機器にあてて送受できる通信機能、画像情報を取り込むカメラ機能並びに、例えば、文字のようなテキスト情報を入力して文章を作成できるコンピュータ機能があるスマートフォン、通信機能とカメラ機能がある携帯電話機、カメラ機能及びコンピュータ機能があるタブレットコンピュータ(PC)並びにカメラ機能があるデジタルカメラ、ビデオムービー、がある。それらには、該携帯形電子機器から別の電子機器およびもしくは電源を主にデジタル信号と電源を接続するコネクタが利用されている。また、従来から利用されている携帯形電子機器には、例えば、イヤホーンのようなアナログ信号、電源を接続するコネクタがある。
【0003】
従って、それらの多くの電子機器では、該電子機器をホストとして使用するパソコン(デスクトップおよびもしくはノートPC)に信号を接続する目的と電池を充電する電源アダプターとを接続する目的で、コネクタ(もしくは端子)を設けている。
【0004】
前記、コネクタ(もしくは端子)の中でも、USB(Universal Serial Bus)2.0コネクタと称される、標準形のコネクタがパソコン他多くの携帯形電子機器においては広く利用されている。このUSB2.0コネクタの標準仕様は、電源、接地、2本の差動信号線の合計4線(端子)である。
なかでもスマートフォンやタブレットPCのように厚さが1cm以下と非常に薄い携帯形電子機器においては、マイクロUSB(USB3.0)と称される超小型のサイズのコネクタが使用されている。この外形サイズにおいてUSB3.0仕様では、合計9端子を両面に収納する。また、これと略同じ外形サイズの大きさであるが、例えば、端子の配列はUSB2.0に併せて4端子を配備したHigh Speed USB2.0仕様のコネクタがある。このコネクタのオス形(プラグ)は台形状をしている。一方、同じくマイクロUSB(USB3.0)と類似の外形サイズを持つ超小型のサイズのコネクタがある。このコネクタのオス形(プラグ)は、矩形状をしている。このコネクタのオス形(プラグ)は、上下両面で合計16端子あるがその中でそれぞれ4端子をHigh Speed USB2.0の仕様に併せて配備している。この結果、使用者が間違って逆さしをしても接続できる。
以下簡単のために、これらの仕様のコネクタも全てマイクロUSBと総称(定義)する。
即ち、該携帯形電子機器にはメス形のマイクロUSBが設けられPCもしくは電源アダプターにはメス形の標準USB2.0が設けられており、その間は、両端に夫々、オス形(プラグ)のマイクロUSBとオス形(プラグ)の標準USB2.0が設けられたケーブルもしくはリードが用意されている(非特許文献1)。
【0005】
一方、イヤホーンのような携帯型電子機器では、機器自体が超小型であるために該携帯型電子機器自体から、例えば、円筒形の同軸形の端子をジャックに接続するコネクタが使用されている。また、デジタルカメラやビデオカメラとTV受像機との接続には、HDMIという規格(標準)に準拠したコネクタが用いられている。
【0006】
コネクタは、電気もしくは光の信号もしくは電源もしくは光源を接続するものであるが、接続時(使用時)もしくは非接続時(未使用時)に、外部のストレスを受ける可能性がある。外部のストレスとしては、機械的ストレス、化学的ストレス、電気的ストレスである。機械的ストレスがひどい時にはコネクタの端子が変形するので接続不良の原因となる。化学的ストレスとしては、塵埃や錆の可能姓がある。塵埃や錆は、やはり接続不良の原因となる。電気的ストレスとしては、例えば、不用意に端子の間を導体(例えば、ピンセット)で結合すると、短絡(ショート)の原因となる。
【0007】
このために、コネクタを保護する保護カバーおよびもしくは保護キャップが提案されている。
特許文献1は、コネクタを収容する覆いとこの覆いをケーブルに固定する円筒型のストッパを備えたものである。この保護カバーは、コネクタが使用時、未使用時に関係なく適用される。
特許文献2は、電源コードの一端がプラグに接続され、他端が電子機器に接続された状態において、電子機器の引き込み部分に蛇腹状の保護カバーを設けたものである。この保護カバーにはフェライトコアを使用することで、電子機器の端子から放射される電磁ノイズを低減することを目的とする。
特許文献3は、嵩張ることがなく携行が容易な携行電子機器用外部電力供給装置を目的とするものである。ループ状、またはループ状にして手掛けバンドまたは首掛けバンドとすることができるバンド部材の一端に外部電源接続部を設けるとともに他端に携行電子機器の入力用接続部に接続される出力用接続部を設け、該出力用接続部と外部電源接続部間を電気的に接続し、バンド部材に電力供給機能を組み込んだものである。
特許文献4は、光ファイバーケーブルのコネクタプラグの保護キャップが結束手段を兼用するようにし、これによって、別途結束具を用いないようにしたものである。
非特許文献2には、標準サイズのオ型USBコネクタ2.0用保護キャップの記載がある。この保護キャップは、図1のような構造をしており、プラスチックをベースに成型している。この保護キャップには未使用時の保持に関わるストッパはない。
【0008】

【効果】

【0012】
本考案によれば、
(1)保護キャップが小さくても未使用時に散逸しない、効果がある。
(2)保護キャップとストッパが一体形成できる、効果がある。
(3)弾性があるゴムやプラスチックを用いれば、オス型のUSBコネクタをほぼ密閉した状態で保護できると同時に、該保護キャップが未使用時にはケーブル(リード)が保護カバーではさまれた状態で保持できる強度が更に増す、効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】「従来の標準サイズのオス型USB2.0コネクタの概略鳥瞰図である」
【図2】「本考案の概略鳥瞰図1である」
【図3】「本考案の概略鳥瞰図2である」
【図4】「本考案の別の実施例におけるオス型コネクタの概略鳥瞰図である」

【0014】
以降に続く説明では、図面を作成する際の制約のために、本発明を構成する一部(例えば、当該電子機器の利用者)の要素を図面で表現できない点に留意する。また、実施例に示す鳥瞰図の一部の表現を平面図で示す或いは遠近であっても画一のスケールで図面を作成しており不自然であるが、説明を分かり易くするために敢えて用いたことに留意する。
【0015】
図2、3は、本実用新案の実施例1である。図2、3において、0021,003,004,005は夫々本実用新案の保護カバーのコネクタ受け口、保護カバー、保護カバーをケーブル(リード)に保持するためのスロット、ケーブル(リード)に保持するためのスロットの入り口(スリット)、である。
006,007,008は、オス形のマイクロUSBの夫々、保持部分、コネクタ(リード)のネック部分、ケーブル(リード)である。保護カバー003の素材は、プラスチックおよびもしくはゴムである。これらの素材は、一体成型およびもしくは貼り合わせで成型される。保護カバー003の大きさは、幅が14mm、奥行き(ケーブルの方向)が15mm,厚さが7mmである。
オス形のUSBコネクタが未使用時には、保護カバー003のコネクタ受け口0021にオス形のUSBコネクタをはめ込んで、保存する。一方、USBコネクタを使用時には、保護カバー003のコネクタ受け口0021からオス形のUSBコネクタを抜き出して、保護カバー003をケーブル(リード)に保持するためのスロットの入り口(スリット)005からマイクロUSBのケーブル(リード)をスロット004にはめ込んで保持する。図に示すように、スロットの入り口(スリット)005はスロット004よりも細いので、容易に保持できる。
なお、素材がゴム材もしくは弾性があるプラスチックで形成するとスロットの入り口(スリット)005に弾力があって伸縮するので保持に更に好都合である。
【0016】
図4は、実用新案の実施例2である。オス形のコネクタが円柱状(図示せず)であるイヤホーン用コネクタの保護カバー0031である。図2、3と同一構造物は同じ番号を付して説明を省略する。
0061はオス形のコネクタの保持部分である。図3と同様に、オス形のコネクタと反対側に、保護カバーをケーブル(リード)に保持するためのスロット004,スロット入り口(スリット)005を設けている。保護カバー003の素材は、プラスチック、ゴムである。これらの素材は、一体成型およびもしくは貼り合わせで成型される。保護カバー003の大きさは、幅が14mm、奥行き(ケーブルの方向)が30mm,厚さが7mmである。保護カバーの使用、未使用時の状態は、図2,3と同様であるので説明は省略する。
【0017】
以上、実施例1から2までを例として本発明を記述してきたが、本発明の思想はこれらの例に留まらない。すなわち、実施例では、マイクロUSBとイヤホーン用のコネクタの保護カバーを説明したが、標準のUSB2.0仕様のコネクタにも適用できる。適用電子機器も、ノートPC、デスクトップPC、オーデオプレーヤ、小型録音機にも適用できる。更に、デジタルカメラやビデオカメラからTV受像機とを接続するHDMI仕様(標準、規格)のコネクタにも適用できる。
また、オス形のコネクタの保護カバーについて説明してきたが、メス形のコネクタの保護カバーにも適用できる。
電子本発明の精神、思想、並びに概念が及ぶ実施物の全て、即ち、添付されている請求項目に述べられた特徴に囲まれた範囲及びそれと等価なものの中で具体化されたいかなる可能な実施物を含んでいる。
【産業上の利用の可能性】
【0018】
本実用考案である、携帯形電子機器のコネクタ用保護キャップはコンパクトで製造し易く、利便性もあるのでスマートフォン、タブレットPC,デジタルカメラ、イヤホーン他に広く利用できる。
【0019】
001:保護カバー
002:USB3.0仕様のオス形コネクタの受け口
0021:マイクロUSB3.0仕様のオス形コネクタの受け口
003:マイクロUSB3.0仕様のオス形コネクタの保護カバー
0031:イヤホーン用オス形コネクタの保護カバー
004:マイクロUSB3.0仕様の保護カバーを保持するケーブル(リード)用ロット
005:マイクロUSB3.0仕様の保護カバーを保持するケーブル(リード)用スロットの差込口
006:マイクロUSB3.0仕様のオス形コネクタを保持する部分
0061:イヤホーン用オス形コネクタを保持する部分
007:マイクロUSB3.0仕様のケーブル(リード)のネック部分
008:マイクロUSB3.0仕様のケーブル(リード)

(57)【要約】

【課題】スマートフォン、タブレットPC、デジタルカメラ、イヤホーンのような携帯形電子機器に装備された、例えば、マイクロUSB仕様の超小型コネクタ(オス形)を保護する目的の未使用時にも散逸しない保護カバーを提供する。【解決手段】オス形コネクタ用保護カバーのコネクタ受け口002の反対側にコネクタのケーブル(リード)を通すスロット021を設ける。スロットの入り口(スリット)005はスロットよりも薄い構造にして、保護カバー003をケーブル(リード)に保持する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):