(54)【考案の名称】蓋付の容器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、食品や各種物品等を収容したり取り出したりするのに好適な蓋付の容器に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
食品や食品以外の各種物品を収容する容器として、従来から蓋付の容器が広く知られている。蓋付の容器の中でも、例えば、ピクルスなどの食品を入れておく蓋付の瓶容器では、図6および図7に示すように、収容物の液漏れ防止用として、密閉タイプの蓋1が用いられている。この蓋1は、ビン本体2の口部3に設けてある雄ねじ4を利用したねじ込み式となっている。
【0003】
この種の蓋付の瓶容器では、食品の収容時や取り出し時に不便さを感じることが多い。例えば、代表的なピクルスは、塩漬けにしたキュウリなどの野菜を、酢、砂糖などからなる漬け液につけ込んだものである。そのため、しばらくの間寝かせて置き、食べるときにその都度、必要量だけビンから取り出すことになるが、食べた分だけ漬け足したりするには不便である。
【0004】
なぜなら、漬け足したピクルスは、瓶口付近に存在しているため、その下にある十分に漬かったピクルスを取り出し難いという問題が生じるからである。
【0005】
特許文献1には、生花郵送瓶の技術が記載されている。この生花郵送瓶は、生花の花束を鮮度保持しながら、遠方に郵送や宅配で手軽に届けられるようにする技術である。
【0006】
具体的には、ペットボトル状の透明プラスチック瓶で、上下に蓋栓があり、中に花束を入れ、水がもれないようにして、また、温度が充分に保てるように上下を蓋栓で密閉した構成である。
【0007】

【効果】

【0017】
本考案の蓋付き容器によれば、容器本体の上下に、収容物の出し入れ時に開閉可能な蓋付きの開口を設けたので、収容物の種類や状態に応じて上下のいずれからでも出し入れ可能にして、利便性を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本考案の実施形態1に係る蓋付き容器を示す斜視図。
【図2】本考案の実施形態1に係る容器本体の一部を省略した斜視図。
【図3】本考案の実施形態1に係る蓋付き容器の分解正面図。
【図4】本考案の実施形態2に係る図で、(a)は正面図、(b)は分解正面図。
【図5】本考案の実施形態3に係る図で、(a)は斜視図、(b)は分解正面図。
【図6】従来の蓋付き容器の斜視図。
【図7】従来の蓋付き容器の容器本体の一部を省略した斜視図。

【0019】
以下、本考案の実施形態について図1ないし図5を参照して説明する。
<実施形態1>
図1〜図3は、本考案の実施形態1に係るもので、蓋付きの筒状の瓶容器に適用した例を示すものである。
【0020】
この実施形態1に係る蓋付き容器10は、食品や物品等の収容物を収容する容器本体12と、容器本体12の上部に設けられて収容物を出し入れ可能な上部開口13と、容器本体12の下部に設けられて収容物を出し入れ可能な下部開口14と、上部開口13を開閉する第1の蓋15と、下部開口14を開閉する第2の蓋16と、を備えている。
【0021】
容器本体12はガラスや透明プラスチック等により筒状に形成されている。もちろん、着色ガラスや着色樹脂により形成してもよい。容器本体12の上部には、容器本体12よりも小径の口部12aが設けられ、その口部12aの上端面が上部開口13となっている。口部12aには雄ねじ17が設けられている。第1の蓋15には、この雄ねじ17と螺合(噛み合う)雌ねじ15bが設けられている。
【0022】
また、容器本体12の下部には、容器本体12よりも小径の口部12bが設けられ、その口部12bの下端面が下部開口14となっている。口部12bには雄ねじ18が設けられている。第2の蓋16には、この雄ねじ18と噛み合う雌ねじ16bが設けられている。
【0023】
本実施形態では、第1の蓋15と、第2の蓋16とが、気密構造および液蜜構造となっている。これにより、容器本体12内の収容物を気密及び液密に密閉することができる。
【0024】
また、第1の蓋15の上面15aと、第2の蓋16の下面16aとがそれぞれ平坦に形成されている。これにより、第1の蓋15又は第2の蓋16の何れかが下方になるように、この蓋付き容器10を置いても真っ直ぐ安定な立ち状態を維持することができる。したがって、この蓋付容器10をピクルス容器に用いた場合でも、食べた分だけ漬け足した後、付け足した部分が下になるように、容器10を置いた状態でも、上に位置している蓋を開けて良く漬いているピクルスを容易に取り出すことができ、その分、利便性が向上する。
【0025】
また、第1の蓋15および第2の蓋16の外径と、容器本体12の胴部12cの外径と、がほぼ同一に形成されている。これにより、第1の蓋15および第2の蓋16の外径を充分に大きくすることができる。したがって、第1の蓋15又は第2の蓋16の何れかが下方になるように、この蓋付き容器10を平坦な場所に置いても(設置しても)、倒れ難くしてより安定状態に保持することが可能になる。
【0026】
この実施形態においては、第1の蓋15と第2の蓋16とを同一構造にしてある。即ち、同じ構造の蓋を用いている。これにより、蓋を1種類にして制作性や低コスト化を図ることができる。
また、この蓋付き容器によれば、容器本体12の上下に、収容物の出し入れ時に開閉可能な蓋付きの開口を設けたので、収容物の種類や状態に応じて上下のいずれからでも出し入れ可能にして、利便性を高めることができる。
【0027】
<実施形態2>
図4(a)、(b)は、本考案の実施形態2に係る蓋付き容器10を示す正面図である。なお、これらの図において、図1〜図3と基本的に同一構成要素については同一の符号を付してその説明を簡略化する。
【0028】
この実施形態2における蓋付き容器10も、食品や物品等の収容物を収容する容器本体12と、容器本体12の上部に設けられて収容物を出し入れ可能な上部開口13と、容器本体12の下部に設けられて収容物を出し入れ可能な下部開口14と、上部開口13を開閉する第1の蓋15と、下部開口14を開閉する第2の蓋16と、を備えている。
【0029】
但し、この実施形態2では、茶壺等に好適なように、口部12a、12bをそれぞれ円筒状に形成してある。したがって、第1の蓋15及び第2の蓋16の内周面にも雌ねじは設けられていない。
【0030】
この実施形態2によれば、例えばこの茶壺状の容器本体12内にお茶を収容しておき、その使用につれて、開口13から種類の異なるお茶を更に収容した場合でも、上部開口13および下部開口14を有しているので、先に収容していたお茶と、後から収容したお茶の何れも区別して取り出すことができる。これにより、利便性を大きく向上させることができる。
【0031】
<実施形態3>
図5は、本考案の実施形態3に係る蓋付き容器10を示す正面図である。なお、これらの図において、図1〜図4と基本的に同一構成要素については同一の符号を付してその説明を簡略化する。
【0032】
この実施形態3における蓋付き容器10も、食品や物品等の収容物を収容する容器本体12と、容器本体12の上部に設けられて収容物を出し入れ可能な上部開口13と、容器本体12の下部に設けられて収容物を出し入れ可能な下部開口14と、上部開口13を開閉する第1の蓋15と、下部開口14を開閉する第2の蓋16と、を備えている。
【0033】
但し、この実施形態3では、米びつ等に好適なように、長方形状の箱形に形成してある。したがって、第1の蓋15及び第2の蓋16の内周面にも雌ねじは設けられていない。
【0034】
この実施形態3によれば、例えばこの米櫃状の容器本体12内にお米を収容しておき、その使用につれて、開口13から種類の異なるお米を更に収容した場合でも、その境界部分にシート等を敷いて区分しておくだけで、上部開口13および下部開口14を有しているので、先に収容していたお米と、後から収容したお米の何れも区別して取り出すことができる。これにより、利便性を大きく向上させることができる。
【0035】
なお、本考案の蓋付き容器は、以上の実施形態に限らず、種々の蓋付き容器に適用することができる。
【0036】
10 蓋付き容器
12 容器本体
13 上部開口
14 下部開口
15 第1の蓋
15a 上面
16 第2の蓋
16a 下面





(57)【要約】

【課題】容器本体の上下に、収容物の出し入れ時に開閉可能な蓋付きの開口を設け、収容物の種類や状態に応じて上下のいずれからでも出し入れ可能にして、利便性を高めた蓋付の容器を提供する。【解決手段】食品や物品等の収容物を収容する容器本体12と、容器本体12の上部に設けられて収容物を出し入れ可能な上部開口13と、容器本体12の下部に設けられて収容物を出し入れ可能な下部開口14と、上部開口13を開閉する第1の蓋15と、下部開口14を開閉する第2の蓋16と、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):