(54)【考案の名称】すのこ用脚部材

(73)【実用新案権者】株式会社南栄プラスチック

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図8

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、すのこ用脚部材に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
すのこの用途は広く、例えば、浴室、台所、室内、押入れ、ベランダ等、様々な場所に設置して使用される。すのこには、用途に応じて大小様々なサイズがあるが、すのこの基本的な構造は共通しており、次のようなものである。すなわち、すのこは、平行に並ぶ複数のすのこ板と、すこの板を横切る方向に延びる複数の脚部材とを備える。そして、前記すのこ板の下面に前記脚部が固着され、該脚部によって前記すのこ板が支持される(特許文献1〜4参照)。
【0003】

(57)【要約】

【課題】 複数のすこのを容易に一体化させることができ、且つ、一体化を容易に解除することができる、すのこ用脚部材を提供する。【解決手段】 一端面7に突出部8が形成され、該突出部8の先端に抜け止め部9が形成され、他端面10に上向きの凹陥部11が形成され、さらに次の要件を満たす、すのこ用脚部材1とする。すなわち、前記すのこ用脚部材1を二つ用いて一方のすのこ用脚部材1の前記突出部8と他方のすのこ用脚部材1の前記凹陥部11とを互いに上下方向に嵌め合わせることにより、前記一方の脚部材1と前記他方の脚部材1とが水平方向に不離一体に連結されることである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):