(54)【考案の名称】コンセント

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電気機器に接続されたプラグが差し込まれることにより、このプラグを介して前記電気機器に電力を供給するようにしたコンセントに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般に、電気機器に駆動電力を供給するために、前記電気機器に、電源線を介してプラグを接続しておき、このプラグを、たとえば、建築物の壁等に設置されたコンセントに差し込んで、電気機器を電源に接続するようにしている。
【0003】
ところで、このように接続されたプラグは、供給される電力が不用意に切断されることを防止するために、抜き取り方向へある程度の抵抗が与えられている。
【0004】
また、このような電力供給の不用意な切断を確実に防止するために、特許文献1においては、コンセントにプラグを差し込んだ状態において、これらを積極的に固定することが提案されている。
【0005】
この技術においては、コンセントとプラグとの固定を解除した後にプラグを抜き取るのであるが、その際に、前記プラグには、一般的なコンセントと同様にある程度の抵抗が与えられている。
【0006】

【効果】

【0019】
このように、本考案によれば、通常の使用時におけるプラグの不用意な抜けを防止しつつ、使用後におけるプラグの引き抜きを容易にすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】本考案の一実施形態を示す外観斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態を示すもので、要部の縦断面図である。
【図3】本考案の一実施形態を示すもので、要部の縦断面図である。
【図4】本考案の一実施形態を示す外観斜視図である。
【図5】本考案の一実施形態を示す外観斜視図である。
【図6】本考案の他の実施形態を示す外観斜視図である。
【図7】本考案の他の実施形態を示すもので、要部の縦断面図である。
【図8】本考案の他の実施形態の変形例を示す外観斜視図である。

【0021】
以下、本考案の一実施形態を図1ないし図5を参照して説明する。
図1において符号1は、本実施形態に係わるコンセントを示す。
このコンセント1は、電気機器に接続されたプラグ2の一対の雄型端子3が差し込まれる一対の挿入口4が設けられ、これらの挿入口4内に前記プラグ2を弾性的に挟持して電気的接続をなす雌型端子(図示略)が設けられ、前記挿入口4内に差し込まれた前記プラグ2を取り外す方向に移動させる押圧手段5を備え、かつ、この押圧手段5の操作部6が、前記プラグ2が差し込まれる面に設けられた構成となっている。
【0022】
詳述すれば、前記押圧手段5は、本実施形態においては、前記雌型端子間に摺動可能に、かつ、前記挿入口4が開口された面から突出して前記プラグ2に対向させられるプッシュロッド7と、前記プラグ2が差し込まれた状態において、このプラグ2を避けた位置に摺動可能に設けられ、かつ、前記挿入口4が開口された面から突出して設けられた操作ロッド8と、この操作ロッド8と前記プッシュロッド7との間に設けられ、前記操作ロッド8の摺動動作を前記プッシュロッド7の摺動動作に変換する動力伝達機構9(図2参照)とによって構成されている。
【0023】
前記動力伝達機構9は、本実施形態においては、図2に示すように、リンク機構で構成されており、前記コンセント1の、前記挿入口4の開口部と反対側の面に設けられたブラケット10と、このブラケット10に枢軸11を介して回動可能に取り付けられ、かつ、その各端部に、前記プッシュロッド7と前記操作ロッド8とがそれぞれ回動自在に連結されたリンクアーム12とによって構成されている。
【0024】
そして、本実施形態においては、前記枢軸11は、前記リンクアーム12の長さ方向の中間部を支持するようになされている。
【0025】
さらに、前記リンクアーム12の各端部には、その長さ方向に沿った長穴12a・12bが形成され、これらの長穴12a・12bに、前記各プッシュロッド7および操作ロッド8のそれぞれの端部に取り付けられた連結ピン13・14が摺動可能かつ回動可能に係合させられている。
【0026】
さらに、前記操作ロッド8の、前記プラグ2が差し込まれる側の端部には、矩形状の操作プレート15が一体に設けられている。
【0027】
このように構成された本実施形態のコンセント1にあっては、図1に示すように、その挿入口4に前記プラグ2の雄型端子3を位置合わせした後に、これらの雄型端子3のそれぞれを前記挿入口4に押し込むことによって、図4に示すように、前記プラグ2をコンセント1へ接続することができる。
【0028】
このような接続操作に際して、前記プッシュロッド7が、差し込まれる前記プラグ2によって押されて前記コンセント1内に押し込まれるとともに、前記動力伝達機構9を介して前記操作ロッド8が押され、図2および図4に示すように、前記コンセント1の表面から突出させられる。
【0029】
そして、前記プラグ2を取り外す場合には、前記操作プレート15を前記コンセント1へ向けて押圧することにより、図3に示すように、前記操作ロッド8をコンセント1内に押し込む。
【0030】
このような前記操作ロッド8の移動に伴い、前記動力伝達機構9により、前記プッシュロッド7が、図3および図5に示すように、前記コンセント1からと突出させられる。
【0031】
これに伴って、差し込まれていた前記プラグ2が、前記プッシュロッド7によって取り外し方向に移動させられる。
【0032】
ここで、前記プラグ2の雄型端子3と前記コンセント1の雌型端子との摩擦抵抗は、前記プラグ2がある程度引き抜かれた時点で急激に低下することから、その位置まで前記プラグ2を移動させることで弱い力で引き抜くことができる。
【0033】
もちろん、前記動力伝達機構9のリンク構造を調整して、前記プッシュロッド7や前記操作ロッド8のストロークを長くすることによって、前記プラグ2を完全に押し出すようにすることもできる。
【0034】
また、前記リンクアーム12を支持する枢軸11の位置を、前記プッシュロッド7側へずらすことによって、このプッシュロッド7に作用する力、すなわち、前記プラグ2の押し出し力を大きくすることができる。
【0035】
また、前述した操作プレート15の操作は、何等かの器具を用いて、あるいは、足を用いて操作することができ、したがって、立ったままでの前記プラグ2の抜き取りが可能となる。
【0036】
この結果、前記プラグ2の抜き取りのために屈む必要がなく、その作業が極めて容易である。
【0037】
図6および図7は本考案の他の実施形態を示すもので、独立して用いられるコンセントとしたものである。
すなわち、符号101で示す本実施形態のコンセントは、長方形状の基体102に、二組の雌型端子を備えた挿入口104を形成し、各組の挿入口104に対応した位置に、前述した実施形態と同様のプッシュロッド7、操作ロッド8、動力伝達機構9、および、操作プレート15からなる押圧手段105を装着し、さらに、前記挿入口104と反対側の面に、これらの挿入口104内に装着されている雌型端子に電気的に接続された雄型端子103を、突出状態で設けた構成としたものである。
【0038】
このように構成された本実施形態のコンセント101は、図6に示すように、壁Wに埋め込まれた既設のコンセントCに装着することにより、あるいは、テーブルタップ等に装着することによってアタッチメントとして使用される。
【0039】
したがって、必要とする箇所に本実施形態のコンセント101を設置することができ、既設のコンセントCに加工を加えることなく、前記プラグ2の抜き取り操作を簡便なものとすることができる。
【0040】
一方、図6においては、前記コンセント101を2個口として示したが、図8に示すように1個口とすることも可能で、プラグ装着数は任意に設定することができる。
【0041】
1 コンセント
2 プラグ
3 雄型端子
4 挿入口
5 押圧手段
6 操作部
7 プッシュロッド
8 操作ロッド
9 動力伝達機構
10 ブラケット
11 枢軸
12 リンクアーム
12a 長穴
12b 長穴
13 連結ピン
14 連結ピン
15 操作プレート
101 コンセント
102 基体
103 雄型端子
104 挿入口
105 押圧手段
C (既設の)コンセント
W 壁



(57)【要約】

【課題】通常の使用時におけるプラグの不用意な抜けを防止しつつ、使用後におけるプラグの引き抜きを容易にするコンセントを提供する。【解決手段】プラグ2の一対の雄型端子3が差し込まれる一対の挿入口4が設けられ、これらの挿入口内に前記プラグを弾性的に挟持して電気的接続をなす雌型端子が設けられたコンセント1であって、挿入口内に差し込まれたプラグを取り外す方向に移動させる押圧手段を備え、かつ、この押圧手段の操作部15が、プラグが差し込まれる面に設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):