(54)【考案の名称】電気筋肉刺激ベルト

(73)【実用新案権者】株式会社D.I.D.Y

(73)【実用新案権者】伊藤超短波株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、利用者の身体に巻きつけて装着され、該利用者の身体内部の筋肉を電気的に刺激してトリートメントを行う電気筋肉刺激ベルトに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、複数の電極が配設され、身体深部の筋肉を電気的に刺激するための電気筋肉刺激ベルトが知られている(例えば、下記特許文献1参照)。この種の電気筋肉刺激ベルトには、ベルト本体の面上に複数の対電極が設けられるとともに、ベルト本体に1つの共通電極が接続される。そして、各対電極が設けられたベルト面を利用者の腹部や腰部、臀部等に当接させて巻きつけるとともに、共通電極を対電極に対向する位置で利用者の身体に当接して固定し、各対電極及び共通電極間に通電を行うことにより、身体深部の筋肉に電気的な刺激を与え、筋肉のトレーニングや痩身のためのトリートメントを行う。
【0003】

【効果】

【0007】
本考案の電気筋肉刺激ベルトによれば、2以上のベルト本体が係合手段により係合され一体化した状態で、腹部や腰部、臀部等に装着して通電可能であるとともに、各ベルト本体を分離した状態においても、それぞれを脚等に装着して通電可能となる。したがって、多数のベルトを所持せずとも、身体各部への装着や両足同時の装着も可能となるため、利便性が向上されるとともに、より効果的な筋肉のトレーニングが可能となる。

(57)【要約】

【課題】身体各部への装着が可能な電気筋肉刺激ベルトを提供する。【解決手段】電気筋肉刺激ベルト10は、8極ベルト20及び7極ベルト30からなる15極ベルト11と、これらのベルトに接続して使用される1極パッド12と、コントローラ13とを含んで構成される。この電気筋肉刺激ベルト10を利用して、利用者は、15極ベルト11を腹部や腰部、臀部等のトリートメント部位に装着して、該トリートメント部位の筋肉をトレーニングすることができるとともに、8極ベルト20を左脚に、7極ベルト30を右脚に、それぞれ装着して、両脚の筋肉を同時にトレーニングすることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):