(54)【考案の名称】食器洗浄用具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一般家庭の調理場に於いて、食器を洗浄する為に用いる、食器洗浄用具に関する物である。
【背景の技術】
【0002】
従来から調理場に於いて、食器を洗う場合、スポンジを直接、手に持って洗う場合が多く、コップ状の細長い食器を洗う場合には、スポンジに、棒状の長い柄の付いた用具を用いて、細長い食器の内部を洗う、という方法が用いられており、又、U字形の柄の双方の先端に、スポンジを取付けた用具も、見受けられる為、たぶん、茶碗のような食器を、U字形の柄の、双方の先端に取付けられたスポンジによって、挟み込んで、食器の内側と、外側とを、同時に洗う事を目的として、開発されたものと思われるが、実際に使用してみての実感としては、あまりにも使いずらくて、食器洗い用具としては、適していないと、思わざるを得ない。

【効果】

【0005】
上記のように、本考案に於ける食器洗浄用具は、トングとスポンジとを、組合わせて用いる事により、トングを自在に開閉しながら、トングの先端に取付けたスポンジによって、食器を洗う事ができる為、スポンジを、直接、手に持って食器を洗うよりも、スピード感をもって食器を洗う事ができ、コップ状の細長い食器を洗う場合、1本の棒状の柄にスポンジを取付けた用具で洗うよりも、しっかりと、力を込めて、食器の内部を洗う事ができ、又、食器の内側と外側を、用具に取付けたスポンジによって、挟み込んで、同時に洗う方法に至っては、従来のU形の固形化した柄に、スポンジを取付けた用具とは異なり、洗うべき対象となる食器の形状に合わせて、トングの開閉ができる為、どのような形状の食器にでも対応して、トングに取付けたスポンジで挟み込んで、食器の内側及び外側を、同時に洗う事ができる。

(57)【要約】

【課題】どのような形状の食器にでも対応して、食器を速く洗う事が可能となる食器洗浄用具を提供する。【解決する手段】2つの同等のスポンジ2a、2bの中に、トング1に於ける、双方の先端を、差し込むようにして、スポンジ2a、2bと、トンク1の先端とを、組合わせて取付け、双方のトング1の先端に取付けたスポンジ2a、2bの上から、紐3a、3bを巻付けて、トング1の先端と、スポンジ2a2bとを、しっかりと、固定させる事によって、食器洗浄用具として使用するものであり、この食器洗浄用具を使用するに当っては、どのような形状の食器であっても、トンク1の開閉によって、食器の形状に合わせて食器を洗う事ができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):