(54)【考案の名称】防災用毛布

(73)【実用新案権者】株式会社フロムハート

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、保温効果に優れ、保管場所をとらない防災用毛布に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、災害等の緊急時に備えて、自治体、学校、病院、職場などにおいて、防災用品が備蓄されている。この中でも、必須のアイテムである防災用毛布は、季節に関係なく避難者等の体温を保持するとともに、例えば体育館等の床に直接寝ることを想定して、分厚くて保温効果に優れたものが必要とされている。
【0003】
しかし、分厚くて保温効果に優れた毛布は、重さも大きさもあるため、広い保管場所を必要とする、という問題があった。そこで、例えば特許文献1に開示されているように、防災用毛布をラミネート袋に入れて保管する真空パックが考案されている。
【0004】

【効果】

【0008】
この考案の防災用毛布によれば、軽量で、コンパクトに収納できるため保管場所を取らず、かつ、高い保温性を保つことができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】 この考案の実施の形態における防災用毛布を折りたたんだ状態を示す斜視図である。
【図2】 この考案の実施の形態における防災用毛布の構造を示す概略断面図である。
【図3】 アルミ蒸着シート3を内部に縫い込んでいることを示す説明図である。
【図4】 従来の防災用毛布を折りたたんだ状態を示す斜視図である。
【図5】 この考案の防災用毛布と従来の防災用毛布(一般的なポリエステル製難燃毛布)との保温率を調べた比較結果を示す表である。

【0010】
以下、この考案の実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。
図1は、この考案における防災用毛布10を折りたたんだ状態を示す斜視図である。また、図2は、この防災用毛布10の構造を示す概略断面図であり、図3は、アルミ蒸着シート3を内部に縫い込んでいることを示す説明図である。
【0011】
この防災用毛布10は、図2に示すように、表面から、不織布1、不織布2、アル蒸着ミシート3、不織布4、不織布5の5層で構成されており、基本的には、災害等の緊急時のために備蓄しておく毛布である。
【0012】
また、図4は、従来の防災用毛布20を折りたたんだ状態を示す斜視図である。従来では、季節に関係なく避難者等の体温を保持するとともに、例えば体育館等の床に直接寝ることを想定して、分厚くて保温効果に優れた毛布が使用されていた。従来の防災用毛布としては、一般的に、ポリエステル製の難燃毛布が使用されている。
【0013】
しかしながら、従来の防災用毛布20を折りたたんだ状態では、例えば図4に示すように、かなりの場所をとる結果となり、備蓄するために広い保管場所が必要であった。また、持ち運ぶ際の重さもあり、避難者等に配布するためにも大変な作業が必要であった。一般的に、ポリエステル製の難燃毛布の重量は、1.3kg程度である。
【0014】
これに対し、この考案の防災用毛布10は、図2および図3に示すように、2重の不織布1,2および4,5を用い、それら2重の不織布の間にアルミ蒸着シート3を縫い込んでいるため、保温効果に優れ、かつ、厚みも薄くて軽量である。
【0015】
図5は、この考案の防災用毛布10と、従来の防災用毛布20(一般的なポリエステル製難燃毛布)との保温率を調べた比較結果を示す表である。なお、これは、高知県立紙産業技術センター調べのデータである。この図5の表に示すとおり、従来の防災用毛布20の保温率は50%であるのに対し、この考案の防災用毛布10の保温率は65%であり、従来に比べて優れた保温効果を有している。
【0016】
また、この考案の防災用毛布10は、折りたたんだ状態でも、図1に示すようにコンパクトな状態となるため、必要な備蓄スペースも従来の半分以下でよく、保管場所も取らないので、大量に備蓄するのにも最適なものである。また、この防災用毛布10の重量は600〜800g程度であるため、軽量で持ち運ぶのも楽であり、避難者等に配布するための作業も容易となる。
【0017】
さらに、不織布1,2,4,5およびアルミ蒸着シート3のみで構成できるため、コストも大幅に削減することができる。
【0018】
以上のように、この実施の形態の防災用毛布によれば、軽量で取り扱いが容易である上に、コンパクトに収納できるため保管場所を取らず、かつ、高い保温性を保つことができる。また、コストも大幅に削減することが可能となる。
【0019】
なお、本願考案はその考案の範囲内において、実施の形態の任意の構成要素の変形、もしくは実施の形態の任意の構成要素の省略が可能である。
【0020】
1,2,4,5 不織布
3 アルミ蒸着シート
10 この考案の防災用毛布
20 従来の防災用毛布

(57)【要約】

【課題】軽量で、かつ、保管場所を取らず、保温効果にも優れた防災用毛布を提供する。【解決手段】防災用毛布10は、表面から不織布1、不織布2、アルミ蒸着シート3、不織布4、不織布5の5層で構成されていることにより、軽量で、コンパクトに収納できるため保管場所を取らず、かつ、高い保温性を保つことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):