(54)【考案の名称】鉄筋挟持構造及び鉄筋挟持構造を使用する鉄筋懸吊装置

(73)【実用新案権者】潤弘精密工程事業股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1B

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、一回で複数の鉄筋を挟持させた後複数回に分けてこれら前記鉄筋を下ろす事が可能な挟持機構に関する。

【従来の技術】

【0002】
鉄筋網構造は例えば床板或いは壁面等の補強構造である。しかしながら、前述した従来の技術では、鉄筋網構造は常用される部材であるが、製造に時間とコストが掛かった。このため、成形効率と品質、更には建築施工速度の向上という目的を考慮すると、鉄筋網構造の製造方式には改善の余地がある。
【0003】
そこで、本考案者は上記の欠点が改善可能と考え、鋭意検討を重ねた結果、合理的設計で上記の課題を効果的に改善する本考案の提案に到った。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案は、このような従来の問題に鑑みてなされたものである。上記課題解決のため、本考案は、一回で複数の鉄筋を挟持させた後、複数回に分けてこれら鉄筋を下ろす事が可能な鉄筋挟持構造を提供することを主目的とする。
【0005】
また、本考案は、鉄筋網構造を高速で形成させる鉄筋挟持構造を提供することを別の目的とする。
【0006】
さらに、本考案は、鉄筋挟持構造を備える鉄筋懸吊装置であって、鉄筋網構造形成の高速化を提供することを別の目的とする。
【0007】
本考案の鉄筋懸吊装置はレール梁及び懸吊アームを備える。懸吊アームは固定棒及び前述の鉄筋挟持構造を含み、前記レール梁に可動で連結される。

(57)【要約】

【課題】一回で複数の鉄筋を挟持させた後複数回に分けてこれら前記鉄筋を下ろす事が可能な挟持機構を提供する。【解決手段】台座部100、第一挟持部310、第二挟持部330、第一固定部材510、及び第二固定部材530を備え、第一挟持部310及び第二挟持部330は台座部100の一方に相対して設置され、互いの間にスペースを有する。その少なくとも1つは一方の挟持部を移動させるように台座100に設置される。第一固定部材510及び第二固定部材530は第一挟持部310及び第二挟持部330にそれぞれ可動で設置され、第二挟持部330及び第一挟持部310の一方にそれぞれ向けられると共に前記スペースに選択的に伸張され、少なくとも1つは選択的に前記台座部100を相対させて移動させる。鉄筋懸吊装置はレール梁及び懸吊アームを備える。懸吊アームは前述の鉄筋挟持構造を含み、レール梁に可動するように連結される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):