(54)【考案の名称】自動車用エアーバンパー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、不燃繊維、ビニール、プラスチィク等からなる自動車のバンパーに関する。

【従来の技術】

【0002】
空気・エアーの力で衝突時、衝突を緩和する。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
自動車は、車両法による全長、全幅がきまっている。

【効果】

【0005】
自動車用エアーバンパーを取り付けることで、衝突を緩和する。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の自動車用エアーバンパーの正面図である。
【図2】本考案の自動車用エアーバンパーの取り付け板である。

【0007】
不燃繊維、ビニール、プラスチィク等で製造した自動車用エアーバンパーに、空気・エアーを入れて、自動車の前後のバンパー、車体等に、強力接着剤で接着する。
自動車用エアーバンパーを、取り付け板に強力接着剤で、接着し自動車の前後のバンパー、車体等にネジ、ボルト等で取り付ける。
【産業上の利用可能性】
【0008】
自動車産業。
【0009】
1 自動車用エアーバンパー
2 自動車用エアーバンパー取り付け板
3 ネジ、ボルト穴

(57)【要約】

【課題】空気・エアーの力を利用した自動車の安全装置である自動車用エアーバンパーを提供する。【解決手段】不燃繊維、ビニール、プラスチィク等で製造した自動車用エアーバンパー1に、空気・エアーを入れて、自動車の前後のバンパー、前後の車体等に、強力接着剤で接着し、プラスチィク板、鉄板等で製造した自動車用エアーバンパー取り付け板に、強力接着剤で接着し、自動車の前後のバンパー前後の車体等にネジ、ボルト、等で取り付ける。自動車は各形状がちがうので、形状にあわせて、自動車用エアーバンパー、取り付け板等を製造する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):