(54)【考案の名称】穴あけ位置を変えられるパンチ器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
書類のパンチ穴はタテ方向の中央点をはさみ対称にあけられている。一方、現行商品のファイルの表紙体10に取り付けられている綴じ具1の中央は、表紙体10の高さ方向(タテ方向)の中央位置(以後、表紙体中央と記す)にあり、綴じ具中央は表紙体中央と一致している。 書類のパンチ穴中央、綴じ具中央、表紙体中央の三者を一致させたものが現在のファイル商品となっている。

【従来の技術】

【0002】
こうした事務機具としてのファイル(以後これを表紙体と記す)及びパンチ器についてはJISにて規格が定められている。このJISは本考案に深くかかわりがあるために、その要点を一部に説明を加えながら記す。
(イ)先ずファイルについては、現在市販のファイル寸法は、JIS S 5505事務 用ファイル(フラットファイル)により規格化されている。これによると、表紙体 10の高さは紙加工寸法高さ(日本ファイル・バインダー協会の統一名称)より10 mm(A4-E(A4の横使い)のみ16mm)大きくなっている。これの視覚的な解 説図が同規格に示されている(図3)。日本規格協会によると、この図は規格では なく、参考技術情報であるという。しかしながら、市場商品の表紙体はこの図にな らい、用紙寸法より上下に5mm(A4-Eでは8mm)づつ大きくなっている。その大 きい部分が書類の上部、下部にそれぞれ余長aまたはdとなって突き出ている (図3)。
(ロ)次にパンチ器については、JIS S 6041 事務用穴あけ器、およびJIS S 6041 事務用穴あけ器(追補1) により形状および材質などが規定され ている。形状の一例として、規格内の図1には「中心を示す表示」の例示がある が、詳しい位置などは示されていない。
(ハ)こうした状況の下で、表紙体は高さ方向の1/2位置に綴じ具中央を取り付け、一 方書類はタテ方向の1/2位置に、パンチ器にある「中心を示す位置マーク」12 (以後センターマークと記す)を合わせて穴をあけることでJISの解説図 (図3)を満足させてきた。(図4(イ))
【0003】
注意すべきは表紙体上での綴じ具やパンチ穴の位置は規格化されていないことである。
【0004】
また、背幅の広いファイル、綴じ穴が多穴式の場合も上記の規格を準用している。
【0005】
用紙の綴じ穴と綴じ位置については、各種の工夫がなされている。
(イ)穴あけ位置を用紙の外形により決める工夫(特許文献1)
(ロ)穴あけ位置を用紙中心と、用紙外形から決める工夫(特許文献2)
(ハ)パンチ刃の本数より多くの穴をあける工夫(特許文献3)
(ニ)2穴あるいは4穴と選択的に穿孔する工夫(特許文献4)
(ホ)産業用に紙葉が厚い場合や枚数が多い場合に、連続的に自由な穴間隔で穿孔する工 夫(特許文献5)
(ヘ)綴じ具位置を表紙体中央からずらせることによる効果の工夫(特許文献6)
などがあるが、用紙と表紙体との位置関係を考慮した工夫は(ヘ)以外には見当ら ない。
【0006】
パンチ穴中央、綴じ具中央、表紙体中央の位置関係を変えることが出来ると、棚板と接する表紙体の下辺と、書類の下辺との位置関係を調整することができ、書類保管時に書類が捩れるように変形するのを防ぐことが可能となる。
【0007】

【効果】

【0013】
本考案による具体的効果は、ファイルされた書類が捩れ変形を起こしにくいことであるが、以下に詳しく記す。
(イ)このファイルを並べて書棚に立てておいても書類等の曲がり癖は殆ど付かない。 従って、長期間綴じ込んだ書類でも、快適に再使用できる。この使用感の変化は著 しい。
(ロ)曲がり癖の付いた書類は再コピーされて保存し、古いものは破棄される場合にくら べると、書類に曲がり癖が付かないことは省資源効果が大きい。
(ハ)ポケット付きの台紙の場合とか、袋状ページの場合は、収納する資料類に変形をつ けないために、従来は棚に平置きされていたが、これらの資料類のうちのかなりの 数が、ファイルを立てて並べて保管できるので、省スペース効果を期待できる。
(ニ)一方、表紙体は綴じこんだ書類の目方に起因する変形歪が殆ど生じないことから、 表紙体は損傷するまで何回も転用使用が出来る。従来は、表紙体に変形歪が生じる と破棄されていたから、表紙体の資材節約効果は大きい。
(ホ)その上に、表紙体にかかる書類の目方が激減するから、表紙体には現行よりも薄い 材を使用できる、という資源節約効果も大きい。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】ファイルの見開き図
【図2】ファイルの姿図
【図3】JIS S 5505―1994の解説図
【図4】(イ)現行のパンチ器の見下ろし図 (ロ)現行のパンチ器のベース面(パンチ面)の一例
【図5】実施例1のベース面(パンチ面)の一例 なお、図5は細かくなる部分(12、13、14の間隔、および12、 23、24の間隔)を拡大して表示してある。

【0015】
以下、本発明の実施の形態について説明する。
【0016】
図4(イ)および(ロ)に示すように現行のパンチ器は一般にベース19、書類のストッパ18、作動ハンドル20、パンチ穴21に加えて中心を示す表示であるセンターマーク12、からなっている。
【0017】
本考案はこのセンターマーク12に加えて、図5に示すように第2のセンターマーク13および23、第3のセンターマーク14および24を表示する。
【0018】
第2のセンターマーク13および23はセンターマーク12より2mm、第3のセンターマーク14および24はセンターマーク12より3mm離れた位置に表示する。
【0019】
以下、本考案に係るパンチ器の使用について説明する。
書類(図示せず)の表を上にして、左綴じする場合は書類の左側にパンチ穴をあけるが、このときは「書類の左側にパンチするとき」の領域を使う。
同じく書類の表を上にして、右綴じする場合は書類の右側にパンチ穴をあけるが、このときは「書類の右側にパンチするとき」の領域を使う。
【0020】
段落番号0019で述べたように本パンチ器を使うことにより段落番号0013項に述べた効果を実現できる。
【0021】
1 綴じ具
10 表紙体
12 現行のセンターマーク
13 書類の左側にパンチするとき、現行センターマーク12より位置を2mmず らせた第2のセンターマーク
14 書類の左側にパンチするとき、現行センターマーク12より位置を3mmず らせた第3のセンターマーク
23 書類の右側にパンチするとき、現行センターマーク12より位置を2mmず らせた第2のセンターマーク
24 書類の右側にパンチするとき、現行センターマーク12より位置を3mmず らせた第3のセンターマーク
18 書類のストッパ
19 ベース面(パンチ面)
20 作動ハンドル
21 抜き穴(パンチ穴)


(57)【要約】

【課題】書類や表紙体に曲げ変形・捩れ変形・たれ変形を少なくするために、書類などの穴あけ位置を変えられるパンチ器を提供する。【解決手段】パンチ器は一般にベース、書類のストッパ、作動ハンドル、パンチ穴21で構成され、加えて中心を示す表示であるセンターマーク12、からなっている。このセンターマーク12に加えて、第2のセンターマーク13および23、第3のセンターマーク14および24を表示する。第2のセンターマーク13および23はセンターマーク12より2mm、第3のセンターマーク14および24はセンターマーク12より3mm離れた位置に表示する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):