(54)【考案の名称】モズクのキムチ漬

(51)【国際特許分類】

A23L 1/337 ・・食用海藻[2]

(73)【実用新案権者】有限会社ハマショク

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はモズクを使用したキムチ漬に関する。

【従来の技術】

【0002】
モズクのおよそ90%が水分でその他は食物繊維である。モズクの生産者はモズクを塩漬けに加工してから全国に出荷しているが、全国の加工業者は加工する前に水を使用して塩抜きする為、モズクのヌルヌル成分に含まれている栄養分を取り除いたモズクを使用して酢の物に加工している。
【0003】
モズクは他の食材に加工する事が難しい海藻といわれ、現在でも酢の物以外には加工される事が少ない食材である。
【0004】
海藻類の昆布やワカメ.ひじき類にはそれぞれの風味があるが、モズクには風味が少ない為、加工食としては現在では酢の物に限られている。このモズクを消費者が好んで食べるキムチ味に漬ける事により、消費者の消費量が増えてきて、それに伴いモズクの生産量も増加する。
【0005】
生のモズクに塩分を加えると、モズクの繊維質が塩分を吸収し容易に塩漬けに加工する事ができる。この塩分の作用で1年位日持ちがする。
【0006】
塩漬けにしたモズクを塩抜きするには、水洗いするだけで容易に塩分を抜くことができる。この塩抜きしたモズクはしゃきしゃきした食感はあるが、塩抜きする際にモズクの栄養分は水分で洗い流され、大半は失なわれてしまう。
【0007】
生のモズクの水分を10乃至20%を抜いて半乾燥すると、生のモズクの10乃至15分の1に半乾燥される。この半乾燥したモズクに水分を加えると元の容量に膨れ、しかもしゃきしゃきした食感もある。
【0008】
考案者は、生のモズクや半乾燥したモズクが塩分を容易に吸収する作用を利用して、生のモズクや半乾燥したモズクをキムチの溶液に漬けるだけで、これらのモズクをキムチ漬に加工する事を考案した。
【0009】
本考案では、生のモズクや半乾燥したモズクをキムチの溶液に漬ける事により、モズクの繊維質がキムチの溶液を吸収し、モズクが食材としての品質を落すことなく、しゃきしゃきした食感のあるキムチ漬けに加工することができる。
【0010】
モズクを使用したキムチ漬には食物繊維が多量に含まれているが、この食物繊維には抗癌作用のある「フコイダン」も含有している。
【0011】
財団法人日本食品分析センターの分析結果によると、モズクの粉末100グラム中フコイダンに含有しているフコースの含有量は24.2グラムと分析されている。
【0012】
モズクのフコイダンの含有量を分析するには、フコイダンに一番多く含有しているフコースの含有量を分析するが、その他のフコイダンに含有している物質は含有量が非常に少ない為、分析することが困難である。
【0013】
乾燥したモズクを水等で戻すと約25倍に戻るが、この乾燥モズク100グラムを生のモズクに換算すると約2,500グラムになる。また生モズク100グラム中のフコースの含有量は約10グラムで、生のモズクを10グラム摂取するとすれば約1グラムのフコースを摂取する事になる。
【0014】
生のモズクや半乾燥したモズクをキムチ漬に加工するだけで、消費者はモズクを沢山食べるようになり、モズクの食物繊維や抗癌作用のあるフコイダンを直接摂取することもできる。
【0015】

【効果】

【0020】
日本人の食物繊維の摂取量を多くする為に、モズクをキムチ漬に加工すると摂取量が多くなる。またモズクの食物繊維の摂取量を多くすることにより、食物繊維に含まれている抗癌作用のある「フコイダンを」も共に摂取し、胃腸を丈夫にして免疫力を高め、日本人の健康状態を促進する効果が大である。
【0021】
食物繊維の多いモズクを消費者が好んで食べる食材にする為には、モズクをキムチの溶液に漬け込むと、消費者は知らず知らずの間に多くの食物繊維を摂取するようになる。このモズクの摂取量が多くなる効果は計り知れず、それに伴いモズクの消費量も多くなリ、生産者も生産意欲が湧いてくる。
【0022】

(57)【要約】

【課題】モズクを利用したモズクの加工食品を提供する。【解決手段】海藻類のモズクを各種の溶液に漬けて漬物類に加工し、この加工したモズクを殺菌に耐える容器に詰めて殺菌処理し、長期間保存できる漬物に加工する事を特徴とする。さらに、海藻類のモズクをキムチの溶液に漬けてキムチの漬物に加工し、このキムチの漬物に加工したモズクを容器に詰め殺菌処理する事を特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):