(54)【考案の名称】自動車用窓ガラス割り装置

(73)【実用新案権者】三宜有限会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、事故や災害により自動車のドアや窓ガラスが開かなくなって自動車の車内に閉じ込められたときに、自動車の窓ガラスを割って車外に脱出するために使用する自動車用窓ガラス割り装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年の自動車は、ドアロックや窓ガラスの開閉装置は電気により作動するようになっている。そのため事故や災害の時に、電気系統の故障でドアや窓ガラスが開かなくなり、自動車からの脱出が出来なくなるという問題点があった。そこで、窓ガラスを割って自動車から脱出できるようにするための自動車用窓ガラス割り具が開発された。
【特許文献1】特開平04−250987号 公報

【効果】

【0010】
本考案の自動車用窓ガラス割り装置は、拳銃を握り持つときのように本体フレーム1を握り持ち、本体フレーム1の開口部1c面を窓ガラス面に垂直に当てて、トリガー11を引くことで窓ガラスを割るので、不自由な体勢であっても簡単に窓ガラスを割ることができる。このように、振り下ろす空間がなくても、本考案の自動車用窓ガラス割り装置を使用すれば、力を要せずに確実にしかも安全に窓ガラスを割って車外に脱出することができる。
【0011】
また使用後の待機のときの状態に戻すリセットも、リセットレバー14を90度往復回動することで力を要せず簡単にできる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の自動車用窓ガラス割り装置の斜視図である。
【図2】本考案の自動車用窓ガラス割り装置の待機時の状態を示す側断面図である。
【図3】本考案の自動車用窓ガラス割り装置の使用時の状態を示す側断面図である。
【図4】本考案の自動車用窓ガラス割り装置のリセット時の状態を示す側断面図である。
【図5】本考案の自動車用窓ガラス割り装置の本体フレーム示す側斜断面図である。
【図6】本考案の自動車用窓ガラス割り装置の機構部を示す分解斜視図である。

【0013】
次に、各図を参照しながら、本考案の実施の形態について説明する。図1は、自動車用窓ガラス割り装置の斜視図である。図2から図4は、自動車用窓ガラス割り装置の作動状態を説明するための側断面図である。図5は、自動車用窓ガラス割り装置本体フレームの側斜断面図である。図6は、自動車用窓ガラス割り装置の機構部分解斜視図である。
【0014】
図1に基づいて説明する。窓ガラス割り装置本体フレーム1は樹脂で形成されており、ノズル部1bは窓ガラスを割るための矢じり本体2の突き出し開口部1cが設けてある。矢じり本体2は合金鋼製で先端部2aは尖頭形状に設けてある。グリップ部1aは、トリガー11が操作し易く握り易いよう拳銃型になっている。
【0015】
図2から図6に基づいて説明する。矢じり本体2と連結シャフト4は、連結シャフト4の外面ネジ溝4aと連結部4dが本体フレーム1の穴1hを通し、スプリング3を通し入れ、矢じり本体2の内面ネジ溝2cと連結シャフト4の外面ネジ溝4aで連結形成されている。
【0016】
連結形成された矢じり本体2と連結シャフト4は、図6に示すように、連結シャフト4の移動長形穴部4bに両側から挟み込むように、リンクプレート15とリンクプレート6が配置され、回転ピン7がリンクプレート15の穴15aを挿通して、連結シャフト4の移動長形穴部4bを通し、リンクプレート6の穴6aを挿通して連動するよう形成されている。挿通した回転ピン7の溝部7aに止め輪16を差し込んで、回転ピン7が抜けないように形成されている。
【0017】
連結シャフト4に設けられた長形移動穴部4bは、矢じり本体2が突き出し動作を有する寸法を、リンクプレート15の穴15aとリンクプレート6の穴6aに挿通された回転ピン7を軸に連結シャフト4の長形移動穴部4bが動作するよう形成されている。
【0018】
図6に示すように、リンクプレート15とリンクプレート6は、レバー用リンク5の両側を挟み込むように配置され、回転ピン8がリンクプレート15の穴15bを挿通して、レバー用リンク5の穴5cを挿通し、リンクプレート6の穴6bを挿通して連動するよう形成されている。挿通した回転ピン8の溝部8aに止め輪17を差し込んで、回転ピン8が抜けないように形成されている。
【0019】
レバー用リンク5は、回転ピン9がレバー用リンク5の穴5bに挿通し、図5に示す本体フレーム1の両側に設けられた挿通穴1dに軸支され、本体フレーム1の両側に設けられた挿通穴フランジ側面11で側受けされている。レバー用リンク5とリセットレバー14は、レバー用リンク5の内面ネジ溝5aとリセットレバー14の外面ネジ溝14aで連結形成されている。
【0020】
リセットレバー14は、連結形成したレバー用リンク5の穴5bに挿通した回転ピン9を軸として、レバー用リンク5と連結形成したリセットレバー14は回動できるよう形成されている。またリセットレバー14は、本体フレーム1の側窓1jの内側を回動するよう形成されている。
【0021】
矢じり本体2は、スプリング3の伸縮力により本体フレーム1の開口部1cの内側を平行移動して、突き出すように形成されている。図2及び図4に示すように、矢じり本体2の溝部2bを設けることで、作動ピン10の先端部10aを押し上げ挿入させてスプリング3の伸縮力による突出し動作を止めるように形成されている。作動ピン10の先端部10aは本体フレーム1の穴1eを上下移動するよう形成されている。
【0022】
作動ピン10は、作動ピン10のリフト部10bにトリガー11の先端溝部11aが挟み込み、トリガー11の先端溝部11aは、作動ピン10の上フランジ10cと下フランジ10dに挟まれている。それにより、トリガー11の先端溝部11aと作動ピン10のリフト部10bは連動するよう形成され、トリガー11が回動すると作動ピン10は上下移動するように形成されている。
【0023】
トリガー11は、トリガー回転ピン12がトリガー11の穴11bに挿通し、図5に示す本体フレーム1の両側に設けられた挿通穴1fに軸支され、本体フレーム1の両側に設けられたトリガー取り付け面1kの両側で側受けされている。また動作したトリガー11を元の位置に戻すために、図2から図4に示すように本体フレーム1の穴1gとトリガー11の穴11cにスプリング13が形成されている。
【0024】
図3に基づいて説明する。トリガー11が引かれ、矢じり本体2が突き出し動作した時の状態図である。
【0025】
トリガー11を引くことで、トリガー回転ピン12を軸としてトリガー11が矢印Aのように回動する。トリガー11が回動することで先端溝部11aも回動され、連動形成されている作動ピン10が動作し、作動ピン10の先端部10aが本体フレーム1の穴1eの内側を下側に移動し、矢じり本体2の溝部2bから抜け外れる。それにより、スプリング3の伸縮力により矢じり本体2が、本体フレーム1の開口部1cの内側を平行移動して、突き出すように形成されている。
【0026】
トリガー11は、矢じり本体2が動作しても、矢じり本体2に作動ピン10の先端部10aが当たっているため、スプリング13の伸縮力がトリガー11に働いても、作動ピン10が押し上げられずトリガー11は、元の位置に回動できずに、図3の示すように引かれた状態になるように形成されている。
【0027】
矢じり本体2が動作することで、連結形成された連結シャフト4も動作する。連結シャフト4の長形移動穴部4bの移動穴部寸法は、矢じり本体2が突き出し動作を有した寸法と同じ寸法になるよう形成されている。リンクプレート15の穴15aとリンクプレート6の穴6aに挿通された回転ピン7を軸に連結シャフト4の長形移動穴部4bが動作するよう形成されている。図3に示すように、スプリング3の伸縮力で動作した矢じり本体2と連結形成された連結シャフト4の長形移動穴部4bの右側端部4cが回転ピン7に接して伸縮力が伝わる。回転ピン7に伝わった伸縮力はリンクプレート15とリンクプレート6から回転ピン8に伝わり、回転ピン8からレバー用リンク5に伝わり、レバー用リンク5から本体フレーム1の挿通穴1dに軸支された回転ピン9を介して連結シャフト4の動作が停止する。連結シャフト4の動作が停止することで、連結形成された矢じり本体2も動作を停止するよう形成されている。
【0028】
図4に基づいて説明する。リセットレバー14を矢印Cのように回転ピン9を軸に本体フレーム1の側窓1jの内側を90度回動することで、矢じり本体2は本体フレーム1の開口部1cの内側を平行移動して引っ込み、作動ピン10の先端部10aが矢じり本体部2の溝部2bに挿入され、トリガー11が元の位置に戻された状態図である。
【0029】
リセットレバー14は、連結形成されたレバー用リンク5の挿通された回転ピン9を軸として、矢印Cのように90度回動させることができる。90度回動されたリセットレバー14と、連結形成されたレバー用リンク5も連動して回動する。
【0030】
回動したレバー用リンク5は、リンクプレート15の穴15bとリンクプレート6の穴6bに挿通された回転ピン8と連動してリンクプレート15とリンクプレート6が動作する。動作したリンクプレート15とリンクプレート6は、リンクプレート15の穴15aとリンクプレート6の穴6aに挿通された回転ピン7によって、連結シャフト4の長形移動穴部4bの右側端部4cが引っ張られて矢印Eのように連結シャフト4が移動するよう形成されている。それにより、連結シャフト4と連結形成された矢じり本体2が連動して、本体フレーム1の開口部1cの内側を平行移動して引っ込み、スプリング3は収縮されるよう形成されている。
【0031】
引っ込んだ矢じり本体2は、矢じり本体2の溝部2bが作動ピン10の位置に合うよう形成され、作動ピン10と連動するトリガー11に形成されたスプリング13の伸縮力で、トリガー回転ピン12を軸として矢印Bのようにトリガー11が回動し、作動ピン10が連動して押し上げられ、先端部10aが矢じり本体2の溝部2bに挿入するように形成されている。
【0032】
これで図2に示すように、矢じり本体2の溝部2bに作動ピン10の先端部10aが挿入することで、スプリング3の伸縮力で動作しようとする矢じり本体2の動作を押さえている。矢印Dのようにリセットレバー14を、回転ピン9を軸として本体フレーム1の側窓1jの内側を回動して元の位置に戻すことで、待機のときの状態に戻るように形成されている。
1,1a,1b,1c,1d,1e,1f,1j,1h,1i,1j,1k
本体フレーム
2,2a,2b,2c 矢じり本体
3 スプリング
4,4a,4b,4c,4d 連結シャフト
5,5a,5b,5c レバー用リンク
6,6a,6b リンクプレート
7,7a 回転ピン
8,8a 回転ピン
9 回転ピン
10,10a,10b,10c,10d 作動ピン
11,11a,11b,11c トリガー
12 トリガー回転ピン
13 スプリング
14,14a リセットレバー
15,15a,15b リンクプレート
16 止め輪
17 止め輪

(57)【要約】

【課題】使用者がどのような状況下にあっても、力を要せずに確実にしかも安全に窓ガラスを割って車外に脱出することができる自動車用窓ガラス割り装置を提供する。【解決手段】トリガー11を引くことで、矢じり本体2の溝部2bから作動ピン10が抜け外れ、尖頭状の矢じり本体2がスプリング3の伸縮力で突き出し、窓ガラスが割れるよう形成された機構が設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):