(54)【考案の名称】ブロー成形機における型締装置と、この型締装置を備えるブロー成形機

(73)【実用新案権者】株式会社プラコー

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本件考案は、ブロー成形機における型締装置、ならびにこの型締装置を備えるブロー成形機に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のブロー成形機の一種であるブロー成形機における型締装置の一例を説明する。
この従来のブロー成形機における型締装置は、ベース上に敷設されたレールに互いに接近および離間できるように案内された左右一対の架台と、前記架台の垂直板にそれぞれ型開閉方向へ移動可能に支持された一対の型板と、前記型板にそれぞれ取り付けられた分割金型と、前記架台とともに型板を互いに接近させて前記分割金型を型閉じしたときに前記架台同志が型開き方向へ移動しないようにロックするためのロック機構を備えている。そして、前記架台にはベース側へ突出したスピンドルナット部が設けられており、前記スピンドルナット部にはモーターにより正逆回転されるスピンドルの互いに逆向きのねじ部がそれぞれ螺合されている。また、前記型板には前記架台に一体的に設けられた中間板に支持された複数の流体圧シリンダのそれぞれのピストンロッドが固着されている。
上記従来のブロー成形機における型締装置において、型開きされた分割金型間に押出ダイよりパリソンを押し出して配置したのち、モーターによりスピンドルを型閉じ方向へ回転させることにより架台とともに分割金型を移動させて型閉じを行ない、ロック型締め機構によって型開き方向へ移動しないようにロックするとともにパリソンを挟持し、次いで、前記ロック型締め機構により分割金型に型締力を作用させ型締めを行う。
前記従来の技術におけるロック型締め機構は、少なくとも1対4組のメス、オスの着脱可能な掛け合い部を先端に有するロッドを備え、各組の一対のロッドのうち、メス側のロッドの長さは固定され、オス側のロッドは型締板送り装置(例えば油圧シリンダまたは、電動ボールネジ)により、メス側のロッドに対して接近する方向に送られ、オス側のロッドにおける掛け合い部がメス側のロッドにおける掛け合い部に入り込み、前記分割金型の閉じ限界の10〜50mm手前でこのオス側のロッドは一時停止され、その後、その軸線周りに90°回転させられて、オス側のロッドにおける掛け合い部がメス側のロッドにおける掛け合い部に係合し引っ掛かり、この後、更にこのオス側のロッドをメス側のロッドから離反する方向に移動させ、型締力を発生させている(特許文献1)。
【特許文献1】 特開昭61−192534号公報

【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従って、前記従来の技術におけるロック型締め機構においては、前記オス側ロッドの移動ストロークは前記架台の送り寸法で決められているため、その結果として、型厚さ、即ち分割金型が型開きした時の分割金型の空間が一定の分割金型の型締めの場合には適しているが、この型厚が一定でない場合には適用できず汎用性に欠ける嫌いがある。
前記オス側ロッドはその軸線方向での移動とその軸線周りでの回転とを行う複合油圧シリンダを使用しているため、駆動装置として複雑な油圧シリンダ構造となっている。
【0004】
本件出願に係わる考案は、前記従来の技術の有する問題点に鑑みなされたものであって、前記オス側のロッドの駆動装置のような複雑な構造を使用することなく型締装置の構造を簡略化することを目的とする。

【効果】

【0007】
請求項1、2記載の型締装置の考案は、前記構成により次の効果を奏する。即ち、一対の型板を型板の中央に配置した分割金型の全開位置から相互接近する方向に所定寸法移動したところで、片側の型板に基端で固定され、反対側の型板を貫通する移動可能なタイロッドの中央の外周面に設けた環状の溝に掛け合い爪機構の一対の爪を掛け合いし、この掛け合いした状態で、反対側の型板の背面に配置され、前記タイロッドが貫通する油圧シリンダ装置を作動し、前記油圧シリンダ装置のピストンロッドを収縮位置から伸張し、このピストンロッド先端に一体に設けた前記掛け合い爪機構を介して、油圧力を前記タイロッドに伝達し、一対の型板を更に所望寸法接近させて、一対の前記分割金型同士を相互に押圧し、所望の型締力を発生させると共に前記一対の分割金型が離反するのをロックすることにより、所望の型締め力を簡易かつ、確実に発生させることができる。
請求項3記載のブロー成形機は、ブロー成形時に請求項1、2記載の型締装置の効果を発揮できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】 型締装置の概略側面図である。
【図2】 その要部の拡大縦断面図である。
【図3】 図2の爪機構の概略側面図である。
【図4】 金型全開位置の状態を示す型締装置の一部概略側面図である。
【図5】 所定寸法接近した状態を示す型締装置の一部概略側面図である。

【0009】
この実施の形態は、請求項1、2、3記載の考案の代表的な実施の形態である。
図1において、10はベースであり、このベース10上に敷設された水平なレール12に互いに接近および離間可能に案内される左右一対の架台14と、各架台14をラック装置を介して接近離間移動させる単一の電動モーターであるサーボモーターまたはインバータモーター16と、各架台14の垂直板に支持された一対の型板18A.18Bと、型板18A.18Bの相互接近時に作動し、型締め力を発生可能に前記型板18A.18Bに配備した型締め用の油圧シリンダ装置22と、前記型板18A.18Bの中央部分にそれぞれ取り付けられた分割金型(図示せず)と、前記型板18A.18Bを互いに接近させて前記分割金型を型閉じしたときに前記型板18A.18B同士が型開き方向へ移動しないようにロックし型締めするためのロック型締め機構30を、ブロー成形機における型締装置40は備える。
前記ロック型締め機構30は、前記型板18A.18Bに対して対角線上に配置された水平で上下一対のタイロッド50を備え、相互平行に配置された各タイロッド50の一端は一方の型板18Aに固定され各タイロッド50は他方の型板18Bに設けた前記油圧シリンダ装置22のシリンダ22A中央に貫通して配置した軸受22Bに支持され、前記油圧シリンダ装置22を貫通し、これらタイロッド50の他端は共通の可動枠60に固定され、金型全開時には各タイロッド50周面に設けた環状の溝50Aから離反し、型板18A.18B同士が相互に接近し、所定寸法接近した時にタイロッド50周面に設けた前記環状の溝50Aに自動掛け合いする開閉可能の掛け合い爪機構70が、型板に設けた油圧シリンダ装置22のピストンロッド22Cの先端部に連結されている(図2.図3参照)。
前記爪機構70は、前記タイロッド50の前記溝50Aに半径方向から掛け合い、離反可能な一対の爪70Aを備え、前記一方の型板18Aの移動に伴う前記タイロッド50の前後動に従い、前記環状溝50Aに前記一対の爪70Aを掛け合い、離反する爪駆動装置70Bが設けてある。この爪駆動装置70Bのシリンダ部分は前記油圧シリンダ装置22のピストンロッド22Cに固定され、そのシリンダ部分内で往復動するピストンに、前記一対の爪70Aが開閉可能に連結されている(図2.図3参照)。
前記油圧シリンダ装置22は、中央部に貫通する前記軸受22Bを有する環状のシリンダ22Aを備え、前記シリンダ22A内壁と前記軸受22Bの外壁間には環状の油圧室が外部に対して液密に形成され、この油圧室内に、環状のピストンが往復動可能に配置され、このピストンの前記ピストンロッド22Cの先端部に前記掛け合い爪機構70が連結され、前記軸受22B内に前記タイロッド50は摺動可能に配置される(図2.図3参照)。
【0010】
この形態の型締装置の作用を説明する。前記サーボモーター16の駆動によりボールねじを介して、一対の前記型板18A.18Bを前記分割金型の全開位置(図4図示の位置)から相互接近する方向に移動し、所定寸法接近したところで、移動速度を減速し前記タイロッド50の前記環状の溝50Aに掛け合い爪機構70の一対の爪70Aを掛け合し、前記ピストンロッド22Cを前記タイロッド50に連結する(図5参照)。
この後、前記油圧シリンダ装置22の油圧室への作動油の供給、排出を制御し、前記ピストンロッド22Cに対してシリンダ22Aを油圧力で型締め方向に移動し、前記油圧シリンダ装置22が取り付けられた他方の型板18Bを一方の型板18A方向に移動し、前記分割金型同士を当接し(図1参照)、所望の型締め力を発生させるとともに、その反力を前記爪機構70と可動枠60で受け止め、金型のロック作用も行う。この状態で型締めした分割金型のキャビティ内に供給されているパリソンにエアを吹き込みし、合成樹脂製成形品をブロー成形した後、前記と逆の手順で全開位置に前記型板18A.18Bを復帰させる。
前記サーボモーターに代えて、油圧装置を設けても、この考案の技術範囲に入ることは言うまでもない。
【0011】
18A.18B 型板
22 油圧シリンダ装置
50 タイロッド
50A 環状の溝
70 爪機構

(57)【要約】

【課題】所望の型締め力を簡易かつ確実に発生させ、構造を簡略化した、ブロー成形機における型締装置を提供する。【解決手段】一対の型板18A.18Bを分割金型の全開位置から相互接近する方向に移動し、所定寸法接近したところで、環状の溝50Aに掛け合い爪機構70の一対の爪70Aを掛け合いする。この後、油圧シリンダ装置22を作動し、前記ピストンロッド22Cに対してシリンダ22Aを油圧力で型締め方向に移動し、油圧シリンダ装置22が取り付けられた他方の型板18Bを一方の型板18A方向に移動し、分割金型同士を当接し、所望の型締め力を発生させるとともに、その反力を爪機構70と可動枠60で受け止め、金型のロック作用も行う。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):