(54)【考案の名称】ギフト容器

(73)【実用新案権者】株式会社神堂

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、内部に商品を入れることのできる本体と蓋からなるギフト容器に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、竹製の容器としては、特許文献1或いは特許文献2に開示されているようなものがある。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案のギフト容器は、本体および蓋で良好に商品を包み込むことができ、竹を編んで形成されているものであるため、意匠性に優れ、土産物等の容器として良好な顧客吸引力を発揮できる。
【0007】
また、本考案のギフト容器において、竹の編み方が、編み目が六角状となる六ツ目編みであるものとすることもできる。
こうすれば、六ツ目編みであるため、より意匠性が向上したものとなる。
【0008】
また、本考案のギフト容器において、前記本体は上面が開放された略半球状をなし、前記蓋は下面が開放された略半球状をなしているものとすることもできる。
こうすれば、本体に蓋を被せて閉じた状態では、全体が球状をなし、より良好な意匠性を呈することとなる。
【0009】
また、本考案のギフト容器において、前記本体の上面周縁には、段部を有する本体リングが設けられ、前記蓋の下面周縁には、前記段部に係脱可能に嵌合し得る蓋リングが設けられているものとすることもできる。
こうすれば、本体上面周縁に設けられている本体リングの段部に、蓋の下面周縁の蓋リングを嵌合させて、本体に対し蓋を確実に固定することができるものとなる。
【0010】
また、本考案のギフト容器において、前記本体リングおよび蓋リングは竹製であるものとすることもできる。
こうすれば、本体および蓋の全体が竹製であり、高級感を呈するものとなる。
【0011】
また、本考案のギフト容器において、前記本体リングおよび蓋リングに、染め或いは炭化処理が施されているものとすることもできる。
こうすれば、本体リングおよび蓋リングの部分を、例えば、染めによる黒色、或いは、炭化処理によるスス色として、より高級感を高めることができる。
【0012】
また、本考案のギフト容器において、前記本体リングと蓋リングを繋ぐ繋ぎリングが設けられ、該繋ぎリングにより、前記本体と前記蓋が開かれた状態でも繋がっているものとすることもできる。
こうすれば、本体から蓋を開けた時に、繋ぎリングにより蓋が離れることがなく、本体と蓋を常に繋ぎリングで繋いで蓋の紛失を防ぐことができるものとなる。
【0013】
また、本考案のギフト容器において、前記繋ぎリングは、竹,藤,紐で形成されているものとすることもできる。
こうすれば、本体および蓋と一体感をなす竹,藤,紐を用いることにより、全体としての高級感を呈することができるものとなる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】ギフト容器を閉じた状態の外観斜視構成図である。
【図2】ギフト容器を半開きにした状態の外観斜視構成図である。
【図3】ギフト容器の蓋を完全に開いた状態の外観斜視構成図である。
【図4】繋ぎリングの正面構成図である。
【図5】ギフト容器の蓋を開けて複数のギフト容器を重ねた状態の斜視構成図である。

【0015】
次に、本考案を実施するための形態を実施例を用いて説明する。
図1は、ギフト容器を閉じた状態を示すものであり、図2は、半開きの状態を示すものであり、図3は、完全に蓋を開けた状態を示すものである。
【0016】
このギフト容器1は、本体2と蓋3で構成されており、内部に、お菓子や土産物等の商品を入れることができるものである。
本体2および蓋3は、竹ひごTを編んで形成したものであり、編み目TMが六角形状となる六ツ目編みとなっており、本体2は、上面が開放された略半球状に形成され、蓋3は、下面が開放された略半球状に形成されている。
【0017】
本体2の上面周縁にはリング状の本体リング4が設けられており、この本体リング4に本体2を構成する竹ひごTが連結されている。本体リング4は、内側の小径の内部材4aと外側の大径の外部材4bを重ね合わせてリング状に形成されており、外部材4bよりも上方へ内部材4aが立ち上げられて、内部材4aの外周と外部材4bの上端の略水平な面により段部4cが形成されている。
【0018】
一方、蓋3の下面周縁にはリング状の蓋リング5が設けられており、この蓋リング5に蓋3を構成する竹ひごTが連結されている。この蓋リング5は、本体リング4の段部4cに係脱可能に嵌合し得る径に形成されている。即ち、本体2に対し蓋3を被せた状態では、蓋リング5が、本体リング4の内部材4aの外周と外部材4bの上端の略水平な面に当接して、蓋リング5が内部材4aの外側に嵌合され、嵌合状態では、蓋リング5の外周と本体リング4の外部材4bの外周が面一状となるように構成されている。
【0019】
従って、蓋3を本体2に対し閉じた状態では、全体が球状をなすものである。例えば、本体2と蓋3を閉じた球状態における直径は約130mm程度に設定されている。
なお、完全な球状にしても良いが、本体2の底面側と蓋3の上面側を、ある程度、平らにして形成しても良く、このように、本体2の底面と蓋3の上面を扁平状にした場合は、本体2の底から蓋3の上面に至る高さが95mm程度になるように設定しておくことができる。そのような形状では転がりにくくなり、置いた状態が安定したものとなる。
【0020】
なお、蓋リング5の上下幅寸法は例えば9mmに設定されており、本体2の本体リング4の外部材4bの上下幅寸法も9mmに設定されている。また、段部4cを構成する外部材4bの上端の略水平な面の水平方向寸法は6mmに設定されており、外部材4bから立ち上がる内部材4aの上下寸法は7mmに設定されている。
【0021】
この蓋リング5および本体リング4は竹製であり、全体が竹製であるため高級感を呈するものとなっている。
なお、蓋リング5および本体リング4には、染め或いは炭化処理を施して、色を付けておいても良く、例えば黒染めにより黒色にしたり、或いは炭化処理によりスス色にしたりしておけば、更に高級感を呈するものとなる。
【0022】
なお、蓋リング5と本体リング4を繋ぐ繋ぎリング6が2本用いられており、2本の繋ぎリング6,6は、蓋リング5と本体リング4の外周に巻かれたリング状に形成されており、例えば直径が35mm程度のリング状をなすものであり、竹製で形成しても、また、藤や他の色紐等を用いたものであっても良い。
【0023】
この2本の繋ぎリング6は、ギフト容器1の本体2と蓋3の後面側のみに配置しておけば、図2のように、繋ぎリング6,6が配置されていないギフト容器1の前面側を良好に開けることができ、図3のように、完全に蓋3を開けた状態でも、本体2と蓋3を良好に繋ぐことができ、蓋3が本体2と分離して蓋3が紛失されることがなく、蓋3と本体2を常に一体に連結保持しておくことができるものである。
【0024】
このギフト容器1の内部には、お菓子等の商品を入れて、観光地等の土産物店等で販売することができ、観光客等の目に印象的な「まりも」様の籠として視認され、ギフト容器1の竹製の高級感が得られて、全体として意匠性に優れ、良好な顧客吸引力が発揮されるものである。
【0025】
なお、このようなギフト容器1は、図3のように蓋3を完全に開けた状態で、図5のように、複数個を積み重ねて梱包し、保管しておくことができ、また、輸送時にもこのように重ね合わせて輸送することができ、スペース効率が良く、輸送コストも低減させることができるものである。
なお、重ね合わせる際に、下段のギフト容器1の本体2上には上段のギフト容器1の蓋3を重ね、下段のギフト容器1の蓋3上には上段のギフト容器1の本体2を重ね合わせてゆくと、省スペースで効率良く重ね合わせることができるものとなる。
【0026】
1 ギフト容器
2 本体
3 蓋
4 本体リング
4a 内部材
4b 外部材
4c 段部
5 蓋リング
6 繋ぎリング
T 竹ひご
TM 編み目

(57)【要約】

【課題】意匠性に優れ、良好な顧客吸引力を発揮できるギフト容器を提供する。【解決手段】このギフト容器1は、本体2と、本体2に被せることのできる蓋3からなり、内部に商品を入れることができ、本体2および蓋3は竹を編んで形成されたものであり、本体2に蓋3を嵌合させる部分には、本体リング4と蓋リング5が設けられて、本体リング4に蓋リング5を嵌合させることで、本体2に蓋3を着脱可能に被せることができるように構成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):