(54)【考案の名称】着脱式便器ユニット及び組み立て式仮設トイレ

(73)【実用新案権者】株式会社ハマネツ

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、着脱式便器ユニット及び組み立て式仮設トイレに関し、特に、排泄物を収容する便槽を備えた着脱式便器ユニット及び組み立て式仮設トイレに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、工事現場や野外イベント会場、災害発生時の避難所等において用いられる仮設トイレが知られている(例えば、特許文献1)。特許文献1には、便槽を内蔵し、建屋と一体的に組み込まれている車載移動式木造建屋一体型仮設簡易水洗トイレが記載されている。特許文献1の仮設トイレでは、便槽を地面に埋設する方式に代えて、便槽を内蔵した構成を採用している。特許文献1の仮設トイレは、車によって運搬され、現地では仮設用ブロックなどの上に降ろされて、土台を仮固定することによって設置されるものである。
【0003】

【効果】

【0018】
本考案によれば、設置及び撤去が容易な便器ユニット及び仮設トイレを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】本実施形態に係る組み立て式仮設トイレユニット1の分解斜視図である。
【図2】図1に示す仮設トイレユニット1を組み立てた状態を示す斜視図である。
【図3】図1に示す仮設トイレユニット1を組み立てていない状態を示す斜視図である。
【図4】図1に示す仮設トイレユニット1の天井部10、床板部3及び台座部2の斜視図である。
【図5】図4に示す台座部2の側面図である。
【図6】図5に示す台座部2のA−A線断面図である。
【図7】図4に示す天井部10のB−B線断面図である。
【図8】図4に示す天井部10、床板部3及び台座部2を組み合わせた状態を示す側面図である。
【図9】図4に示す床板部3の平面図である。
【図10】図1に示す支持板4付き便器44の平面図である。
【図11】図1に示す周壁部6に設けられたヒンジ部6a,6bを示す斜視図である。

【0020】
以下、本考案の実施の形態を添付の図により説明する。図1に本実施形態に係る組み立て式仮設トイレユニット1の分解斜視図を示す。図2に図1に示す組み立て式仮設トイレユニット1を組み立てた状態を示し、図3に図1に示す組み立て式仮設トイレユニット1を組み立てていない状態を示す。
【0021】
図1に示すように、組み立て式仮設トイレユニット1は、台座部2と、床板部3と、便器44が設けられた支持板4と、踏み台部5と、持ち手9が取り付けられた周壁部6と、扉7及び扉7のラッチ部8と、天井部10とを備えている。台座部2は、その内部に便槽13を備えるものである。台座部2と床板部3と便器44が設けられた支持板4は、便器ユニットを構成するものである。
【0022】
図2に示すように、組み立て式仮設トイレユニット1は、図1に示す各構成部材を組み立てることによって仮設トイレとして設置される。台座部2は、設置面上に置かれ、台座部2の上には床板部3が着脱可能に載置される。床板部3の上には便座が設けられた支持板4が着脱可能に載置される。周壁部6は、ラッチ部8を嵌め込んだ扉7が組み付けられると共に、床板部3の上に着脱可能に載置される。周壁部6の上には天井部10が着脱可能に載置される。踏み台部5は、扉7の下に設置される。
【0023】
また、仮設トイレを使用しないときには、組み立て式仮設トイレユニット1を分解した状態で保管しておくことができる。図3には、一例として、2個の組み立て式仮設トイレユニット1を分解して収容している状態を示している。
【0024】
台座部2、床板部3及び天井部10の分解斜視図を図4に示す。台座部2は、略直方体形状を有し、台座部2の上面には、便槽13に排泄物を受け入れるための開口が形成されている。台座部2の側面図を図5に示し、A−A線断面図を図6に示す。
【0025】
台座部2は、その側面を構成し、内部の便槽を外部から保護する側壁部12を備えている。側壁部12の内側には便槽底板17を備え、この便槽底板17の上面が便槽13の底を構成している。便槽底板17は、台座部2の下方縁部15よりも高い位置にあり、台座部2を設置面に設置したとき、便槽底板17と設置面の間には空間が形成される。便槽底板17は、排泄物が便槽13の中心部に集まりやすいように、台座部2の外側から内側に向かって緩やかに傾斜し、底板中央部17aは底板周縁部17bよりも高さ位置が低い。本実施形態における便槽底板17は、排泄物の重みによって形状が若干変形し得る可撓性を有している。
【0026】
台座部2の上面2aに形成された開口の縁部19には全周に亘って上方に突出する床板部係合用凸部16が設けられている。台座部2の上に載置された床板部3に、床板部係合用凸部16が嵌め込まれるように構成されている。上面2aは、台座部2の全周に亘って矩形環状に延ばされた平坦面として構成されており、床板部3の裏面周縁部37(後述の図8)が着脱可能に載置される床板部用載置面として機能する。
【0027】
台座部2の側壁部12には、その下方縁部15に凹部14が形成されている。本実施形態においては、長さ方向に延びる対向する一組の側壁部12の下方縁部15に凹部14が設けられている。第1の凹部14aと第2の凹部14bの位置関係を図6に仮想的に示す。対向する上記側壁部12において、一方の側壁部12の2か所に設けられた第1の凹部14aに対して、他方の側壁の2か所に設けられた第2の凹部14bは、それぞれ、第1の凹部14aと対向する位置に形成されている。
【0028】
図4に示す天井部10は、仮設トイレユニット1を組み立てる際に、周壁部6の上に載置してトイレ個室の天井を構成するものである。また、仮設トイレユニット1を分解して収容等しておく際に、台座部2の底面側に設置可能なものである。天井部10のB−B線断面図を図7に示す。
【0029】
天井部10は、矩形の天井板部20と、天井板部20の表面から厚さ方向に突出する上面凸部21と、上面凸部21から厚さ方向に突出する突起部22を備えている。天井板部20の裏面には、周壁部6の上端68(図1)を嵌め込むための周壁部係合用凹部20aが形成されている。なお、周壁部係合用凹部20aには、床板部3を嵌め込むことも可能である。上面凸部21は、段差21aを伴って、天井板部20の上面を覆うように設けられている。
【0030】
上面凸部21の上には、突起部22が奥行方向Dに亘って延在している。図7に示すように、本実施形態においては、突起部22として、第1の外側突起部22aと中央突起部22bと第2の外側突起部22cの3個の突起部22を設けている。各突起部22の先端部には、小突起26が形成されている。各突起部22の高さ位置は同じである。
【0031】
図4に示す天井部10と床板部3と台座部2とが組み合わされた状態を図8に示す。図8に示す組み合わせ状態は、複数の仮設トイレを分解して収容しておく際の収容方法の一例を示すものである。
【0032】
台座部2の上には床板部3が載置され、台座部2の下には天井部10が配置されている。加えて、台座部2の上には他の天井部10が載置されている。すなわち、図8には2個の天井部10を図示している。ここでは、複数個の仮設トイレユニット1を同時に保管しておく場合を想定している。台座部2の上方に配置された天井部10は、他の仮設トイレユニット1の天井部10であり、図示していない他の台座部2の下方に配置されているものである。なお、図3に示すように、台座部2の下方に配置された天井部10が、他の仮設トイレユニット1の天井部10であるように台座部2を積み上げてもよい。
【0033】
天井部10における長さ方向Lのサイズと、台座部2における長さ方向Lのサイズは略同一である。天井部10における奥行方向Dのサイズと、台座部2における奥行方向Dのサイズは略同一である。台座部2の側壁部12の下方縁部15は、天井部10における上面凸部21の縁部21bに載置される。なお、天井部10において突起部22は、上面凸部21における奥行方向Dの両端で縁部21bの僅かに内側から立ち上がっているものである。したがって、台座部2の長さ方向Lにおける下方縁部15を、天井部10における上面凸部21の長さ方向Lの縁部21bに載置することができる。
【0034】
複数の仮設トイレユニット1を分解して収容する際に、台座部2が天井部10の上に載置されると、天井部10の突起部22は、台座部2の便槽底板17の下に形成された空間内に配されることになる。中央に位置する中央突起部22bの小突起26の先端と、第1の外側突起部22a及び第2の外側突起部22cにおける各内側の小突起26の先端は便槽底板17に接し、底板中央部17aを支持している。前述のように、底板中央部17aは底板周縁部17bよりも高さ位置が低い。一方、各突起部22の高さ位置は同じである。したがって、図8に図示した状態においては、第1の外側突起部22a及び第2の外側突起部22cにおける各外側の小突起26の先端は便槽底板17に接していない。便槽底板17が下方に撓んで変形している場合には、第1の外側突起部22a及び第2の外側突起部22cにおける各外側の小突起26の先端が便槽底板17に接する場合もある。
【0035】
図9に床板部3の平面図を示す。床板部3は、略矩形であり、その上面において突出する床板凸部31を備えている。床板凸部31によって床板部3に段差31aが形成されている。床板部3の裏面には、台座部係合用凹部36(図8に仮想的に図示)が形成されている。また、床板部3の裏面周縁部37(図8)は、全周に亘って矩形環状に延ばされた平坦面として構成されている。台座部係合用凹部36は、台座部2の床板部係合用凸部16を嵌め込むことができるように構成されている。
【0036】
床板部3は、便槽13に連通する連通孔30を備えている。連通孔30の縁部31bには、全周にわたって、支持板4を支持する支持板用載置面33が設けられている。支持板用載置面33は、連通孔30の縁部31bの全周に亘って矩形環状に延ばされた平坦面として構成されている。支持板用載置面33には、支持板4の裏面の周縁部である裏面周縁部47が着脱可能に載置される。支持板用載置面33から立ち上がる床板凸部31の側面34は、上方に向かうにつれて連通孔30側に傾くように僅かに傾斜している。
【0037】
連通孔30は、床板部3の奥行方向Dにおける手前側に偏心して形成され、床板部3の長さ方向Lに偏心して形成されている。連通孔30が長さ方向Lに偏心して形成されたことにより、長さ方向Lにおける連通孔30の外側領域は異なるサイズに画定される。広い方の領域に足置き場32が形成されている。足置き場32の表面には滑り止めのための複数の凹凸が設けられている。
【0038】
図10に支持板4付き便器44の平面図を示す。図10に示す支持板4付き便器44は、簡易水洗用便器である。支持板4は略矩形であり、連通孔30の縁部31bに設けられた支持板用載置面33に載置可能なサイズで形成されている。すなわち、支持板4の裏面はその全面にわたって平坦面とされており、裏面周縁部47が支持板用載置面33に載置されるようになっている。支持板4の縁部42の側面41は底面側に向かって僅かに拡がっている。この縁部42の側面41は、支持板4を床板部3に組み付けた際に、床板凸部31の僅かに傾斜した側面34と当接して係合するように構成されている。
【0039】
支持板4の上面40には、便器44と水洗作動装置45が設けられている。便器44は排泄物を排出する排出孔46を備えている。排出孔46は、支持板4を床板部3に載置したときに、床板部3の連通孔30の上に位置するように設けられている。水洗作動装置45は、水を蓄えたポリタンク(不図示)にポンプ等の水汲み揚げ手段(不図示)を介して連結されていて、水洗作動装置45から突出するスイッチ45aを踏むことによって、便器44内に水を流し、排泄物を排出孔46から便槽13へ押し流すものである。
【0040】
次に、図1及び図3を参照して、踏み台部5及び周壁部6について説明する。踏み台部5は、使用者が床板部3の上に登る動作を補助する台である。踏み台部5は、略直方体であり、その内部が中空である。踏み台部5は、その内部に空間を画定する壁部5bを備え、上面5aには滑り止め加工が施されている。踏み台部5の底面には、内部空間に連なる開口が形成されていて、便器44を使用しないときに、踏み台部5の内部に便器44を配した状態で、踏み台部5を支持板4に着脱可能に載置することができる。
【0041】
周壁部6は、トイレの個室空間を画定するものであり、折り畳み可能に構成されている。周壁部6は、使用時においては、図1に示すように略直方体であり、内部に出入り可能とするために、扉7が組み付けられるものである。本実施形態において、扉7は周壁部6の長さ方向Lに延びる壁面に組み付けられる。この扉7のラッチ部8は扉7に対して着脱可能である。
【0042】
周壁部6の壁面は、軽量化のため、内部を中空としたプラスチック製パネルによって構成されている。また、軽量化を図ると共に止水性を高めるため、折り畳み機構として、押出成形によって形成した樹脂ヒンジフレームを採用している。樹脂ヒンジフレームの第1のヒンジ部6aと第2のヒンジ部6bが、周壁部6の奥行方向Dに延びる対向する壁面に設けられている。第1のヒンジ部6aは、上記奥行方向Dに延びる壁面の両端部において、その壁面の高さ方向に亘って形成されている。第2のヒンジ部6bは、上記奥行方向Dに延びる壁面の中央部において、その壁面の高さ方向に亘って形成されている。
【0043】
第1のヒンジ部6aと第2のヒンジ部6bを図11に示す。(a)図に示す第1のヒンジ部6aにおいては、外側壁面61に第1の切れ目62が設けられている。(b)図に示す第2のヒンジ部6bにおいては、内側壁面64に第2の切れ目65が設けられている。したがって、図1に示す状態の周壁部6において、奥行方向Dに延びる対向する壁面に外側から内側に向かって力が加わると、第1のヒンジ部6aでは、内側壁面64における、第1の切れ目62と対向する位置を支点として上記壁面が内側に移動する。また、第2のヒンジ部6bでは、外側壁面61における、第2の切れ目65と対向する位置を支点として上記壁面が内側に折込まれる。したがって、周壁部6は、第1のヒンジ部6a及び第2のヒンジ部6bを介して、図3に示すように折り畳むことができるものである。周壁部6の奥行方向Dに延びる対向する壁面には、両端部に持ち手9が取り付けられている。持ち手9は、周壁部6を持ち運ぶためのものである。
【0044】
次に、本実施形態に係る仮設トイレユニット1の使用方法について説明する。仮設トイレユニット1は、図3に示すように、使用していないときには、各構成部材に分解されて収容されているものである。図1等を参照しながら、仮設トイレの組み立てについて説明する。まず、台座部2の上に、床板部3を載置し、台座部2の床板部係合用凸部16(図4)を、床板部3の裏面の台座部係合用凹部36(図8)に嵌め込む。このとき、上面2aが床板部3の裏面周縁部37の全周に亘って当接することにより、台座部2が床板部3を支持する。これにより、床板部3が台座部2に取り付けられる。このように、床板部3を台座部2に載置するだけで、締結具、接着具等の固定具を別途用いることなく、床板部3を台座部2に容易に取り付けることができる。
【0045】
次いで、支持板4付き便器44の支持板4を床板部3に取り付ける。すなわち、支持板4の裏面周縁部47が連通孔30の縁部31bに形成された支持板用載置面33(図9)上に載置される。このとき、支持板用載置面33が支持板4の裏面周縁部47の全周に亘って当接することにより、床板部3が支持板4を支持する。床板部3に締結具、接着具等の固定具を別途用いることなく、支持板4に設けられた便器4を床板部3に取り付けられる。このように、支持板4を床板部3に載置するだけで、支持板4を床板部3に容易に取り付けることができる。
【0046】
加えて、支持板4が連通孔30の縁部31bに形成された支持板用載置面33(図9)に当接することから、支持板用載置面33によって支持板4が確実に支持されると共に、連通孔30からの排泄物の臭気漏れを防止することができる。また、支持板4を床板部3に載置した際、支持板4の縁部42の側面41(図10)は、床板凸部31の僅かに傾斜した側面34と当接して係合する。したがって、台座部2に対して支持板4をより安定させて設置することができる。
【0047】
また、連通孔30が床板部3の奥行方向Dにおける手前側に偏心して形成されているため、便器44を床板部3の上に取り付ける際に、支持板4付き便器44の移動距離を短くすることができる。したがって、特に支持板4付き便器44の重量が重い場合に、組み付け作業の負担が軽減される。
【0048】
加えて、便器44が支持板4の奥行方向Dにおける奥側に偏心して配置され、支持板4が床板部3に載置された状態において、便器44が奥行方向Dの中央に配されるようになっていることから、使用者が便器を使用し易い。また、連通孔30は、床板部3の長さ方向Lに偏心して形成されているため、使用者の足置き場32を広くすることができる。
【0049】
周壁部6は、図3に示す折り畳まれた状態から、第1のヒンジ部6a及び第2のヒンジ部6bを介して、図1に示す略直方体形状に拡げられる。扉7は予め周壁部6に取り付けた状態で保管等しておいてもよいし、設置現場で周壁部6に取り付けてもよい。なお、扉7のラッチ部8は、扉7に対して着脱可能である。仮設トイレユニット1を分解した状態で保管等する際に、ラッチ部8が突出した形状を備える場合には特に、ラッチ部8を扉7から取り外しておくことが望ましい。折り畳んだ状態の複数の周壁部6を重ねて保管する際に、占有体積を減少させることができるからである。
【0050】
周壁部6は、床板部3の上に載置される。このとき、周壁部6の下端67((図1)が、床板部3の上面に、床板凸部31が周壁部6の内側に位置するように載置される。床板凸部31によって形成された段差31a(図9)によって、何らかの衝撃で周壁部6が内側に折り畳まれてしまうというアクシデントを防止することができる。
【0051】
周壁部6の上端68(図1)には天井部10が載置される。天井部10の裏面に形成された周壁部係合用凹部20a(図7)に周壁部6の上端68が嵌め込まれることによって、トイレ個室の天井が形成される。
【0052】
台座部2は最下層に位置するが、フランジ部18を備えるため、フランジ部18によって便器ユニット、周壁部及び天井部の荷重を支えることができる。したがって、フランジ部18によって仮設トイレ全体の荷重を安定して支えることができる。踏み台部5は扉7の下に設置する。これにより、図2に示すような仮設トイレが完成する。
【0053】
仮設トイレを撤去する際には、図3に示すように、仮設トイレユニット1を構成する各構成部材に分解すればよい。天井部10を周壁部6から取り外し、周壁部6を折り畳んで収容することができる。前述にように、床板部3は台座部2に載置されているだけであるから、床板部3を台座部2から容易に取り外すことができる。また、支持板4は床板部3に載置されているだけであるから、支持板4付き便器44を床板部3から容易に取り外すことができる。
【0054】
台座部2を積み重ねて収容する場合には、台座部2の下に天井部10を配置した状態で積み重ねてもよい。このとき、天井部10の突起部22によって便槽13の底が支持されるため、荷重によって便槽13が変形することを防止できる。なお、図3に示すように、最上層の台座部2の上に天井部10を被せるように積み上げてもよい。この場合、床板部3の連通孔30から便槽13内に埃等が入ってしまうことを防止できる。また、排泄物回収の前に台座部2を一時的に保管しておく場合には、排泄物又は排泄物の臭気が連通孔30から漏れることを防ぐことができる。
【0055】
図7及び図8を参照して前述したように、仮設トイレユニット1では、天井部10の突起部22が便槽底板17に当接することによって、便槽13を支持することができる。そのため、台座部2にかかる荷重を分散することができる。したがって、積み重ねられた複数の部材の荷重によって生じ得る台座部2の変形、特に便槽13の変形を防止できる。また、台座部2を積み重ねずに保管する場合であっても、天井部10を台座部2の底面側に配置して収容しておくことによって、便槽13が自重によって変形することを防ぐことができる。
【0056】
台座部2の下方縁部15には、長さ方向の側壁部12、すなわち、長辺側の側壁部12に凹部14が形成されている。例えば、台座部2の短辺側の側壁12が隣合うように、フォークリフトで複数の台座部2を並置する場合、上記凹部14は露出した長辺側の側壁に形成されているため、フォーク爪を上記凹部14に挿入して台座部2を持ち上げ、複数の台座部2を長さ方向に効率良く設置又は撤去することができる。加えて、凹部14は対向する一組の側壁部12に設けられている。したがって、例えば、フォークリフトのフォーク爪を第1の凹部14a及び対向する第2の凹部14bに貫通させて挿入し、台座部2を持ち上げることができる。
【0057】
また、複数の台座部2が奥行方向Dに並置されている場合、各台座部2の凹部14の位置が揃うため、並置された複数の台座部2の第1の凹部14a及び対向する第2の凹部14bに、フォーク爪を貫通させて挿入することができ、並置した複数の台座部2を一度に持ち上げて移動させることが可能である。
【0058】
支持板4付き便器44は、図3に示すように、踏み台部5の内部に収納しておくことができる。したがって、踏み台部5によって便器44を保護することができる。周壁部6は折り畳むことができるため、複数の周壁部6を積み重ねたり、重ねて立て掛けたりして収容等することができる。
【0059】
以上のように、本実施形態に係る組み立て式仮設トイレユニット1及び便器ユニットは、容易に設置及び撤去することができる。
【0060】
以上、本考案の実施形態について述べたが、本考案は既述の実施形態に限定されるものではなく、各種の変形及び変更が可能である。例えば、上記実施形態に係る仮設トイレユニット1において台座部2の下方縁部15には、凹部14が設けられているがこれに限定されず、台座部2の下方縁部15に凹部14を形成しなくてもよい。この場合、台座部2における下方縁部15の全周で、台座部2に加わる荷重を支えることができる。
【0061】
上記実施形態に係る仮設トイレユニット1は、一例としてプラスチック製であるが、これに限定されず、他の素材によって形成してもよい。また、さらなる軽量化を図るために中空構造板を使用してもよいし、強度を高めるためにFRP(繊維強化プラスチック)を使用してもよい。上記実施形態に係る仮設トイレユニット1は、周壁部6に着脱可能なトイレットペーパーホルダー及び照明等のトイレ備品をさらに備えていてもよい。
【0062】
上記実施形態に係る仮設トイレユニット1では、簡易水洗式便器44を採用しているが、これに限定されない。例えば、汲み取り式便器を用いてもよい。また、上記実施形態に係る仮設トイレユニット1では、支持板4付き便器44は床板部3に着脱可能である。したがって、例えば、上記実施形態に係る支持板4付き簡易水洗式便器44に加えて、支持板4付き汲み取り式便器を備え、これらの便器を択一的に使用するように構成してもよい。この場合、災害時において、インフラの復旧に合わせて、汲み取り式便器から簡易水洗式便器44に取り換えて使用することができる。一例として、上記実施形態に係る仮設トイレユニット1を災害時の避難所で使用するときには、汲み取り式便器を取り付けた汲み取り式トイレとして設置し、インフラがある程度復旧した仮設住宅で使用するときには、簡易水洗式便器44を取り付けた簡易水洗式トイレとして設置することができる。
【0063】
前述のように、仮設トイレユニット1の便器44は、床板部3に着脱可能な支持板4を介して、締結具、接着具等の固定具を別途用いることなく、床板部3に取り付け及び取り外しすることができる。したがって、便器44の交換作業を容易に行うことができる。
【0064】
台座部2と床板部3、床板部3と支持板4付き便器44、周壁部6と床板部3、天井部10と周壁部6又は床板部3の係合における各係合機構は、前述したものに限定されない。
【0065】
上記実施形態では、天井部10を周壁部6の上端68に載置するように形成しているがこれに限定されない。例えば、天井部10は、周壁部6の上方において、周壁部6の内側に組み付けられるものであってもよい。上記実施形態では、台座部2を周壁部6の下に配置するように構成しているが、これに限定されない。例えば、周壁部6の下端67が台座部2の下端と共に地面等のトイレ設置面に接し、周壁部6が台座部2を囲んで組み付けられるように構成してもよい。この場合、台座部2は、周壁部6の内側において周壁部6の下方に設けられていることになる。
【0066】
上記実施形態においては、踏み台部5の内部に便器44を配した状態で、踏み台部5を支持板4に載置して、踏み台部5と支持板4付き便器44を収容しているが、これに限定されない。例えば、踏み台部5を便器44に被せて、踏み台部5の内部に便器44を配し、支持板4と踏み台部5の間にクリアランスが存在している状態で、踏み台部5と支持板4付き便器44を収容してもよい。
【0067】
1 組み立て式仮設トイレユニット
2 台座部
2a 台座部の上面(床板部用載置面)
3 床板部
4 支持板
5 踏み台部
6 周壁部
10 天井部
13 便槽
18 フランジ部
30 連通孔
33 支持板用載置面
44 便器

(57)【要約】

【課題】設置及び撤去が容易な便器ユニット及び仮設トイレを提供する。【解決手段】組み立て式仮設トイレユニット1は、台座部2と、床板部3と、便器44が設けられた支持板4と、踏み台部5と、持ち手9が取り付けられた周壁部6と、扉7及び扉7のラッチ部8と、天井部10とを備える。台座部2は、その内部に便槽13を備える。台座部2と床板部3と便器44が設けられた支持板4は、便器ユニットを構成する。台座部2は、設置面上に置かれ、台座部2の上には床板部3が着脱可能に載置される。床板部3の上には便座が設けられた支持板4が着脱可能に載置される。周壁部6は、ラッチ部8を嵌め込んだ扉7が組み付けられると共に、床板部3の上に着脱可能に載置される。周壁部6の上には天井部10が着脱可能に載置される。踏み台部5は、扉7の下に設置される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):