(54)【考案の名称】箱型ケースの連結用部材、及びこれを用いた箱型ケースの組立セット

(73)【実用新案権者】ナグモプラ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図11

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、箱型ケースの連結用部材、及びこれを用いた箱型ケースの組立セットに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、商品を展示・陳列等するためのケースや、物を整理するためのケースなど、各種の箱型のケースが利用されている。
これらの箱型ケースには、ガラス製、プラスチック製、金属製、その他の素材のものなど、各種の物が利用されている。また、これらの色彩も、無色透明、有色透明、半透明、各種の色彩のケースなど、様々な物が利用されている。
【0003】
さらに、箱型ケースの形状としては、直方体のものや、立方体のもの、さらに6面すべてが閉じている箱や、6面の内の1面は開口している箱、さらに6面のうちの2面が開口している箱、あるいは6面のうちの1面は開閉可能な蓋となっているものなど、各種のバリエーションがある。
また、箱型ケースを複数重ねたり並べたりして、利用することもある。
【0004】

【効果】

【0013】
本考案によれば、収納時にはパネルと連結用部材に分解してコンパクトに収納でき、簡易な作業で組み立てができるとともに、組立時には連結用部材が目立たない、箱型ケースの連結用部材、及びこれを用いた箱型ケースの組立セットを提供することができる。
また、パネルと連結用部材とはバラバラに分解できるので、箱の一部が欠損したり、紛失したりした場合には、一部のパネル又は部材を交換するだけで、再度利用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】図1は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、箱型ケースの内側にあたる方向から見た斜視図である。
【図2】図2は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、箱型ケースの外側にあたる方向から見た斜視図である。
【図3】図3は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、一つの板状部材を正面にした方向から見た図である。
【図4】図4は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材の別の実施形態を、箱型ケースの内側にあたる方向から見た斜視図である。
【図5】図5は、図4に示した本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、一つの板状部材を正面にした方向から見た図である。
【図6】図6は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材の別の実施形態を、一つの板状部材を正面にした方向から見た図である。
【図7】図7は、連結用部材とこれを用いた箱型ケースの組立セットを示す図である。
【図8】図8は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、直角に接する2枚のパネルに取り付ける状態を示す断面図である。
【図9】図9は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、直角に接する2枚のパネルに取り付けた状態を示す断面図である。
【図10】図10は、図9に示した断面図の別の形態として、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、直角に接する2枚のパネルに取り付けた状態を示す断面図である。
【図11】図11は、図10に示した断面図の別の形態からさらに、正面の板状部材に本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を取り付け、箱形ケースの頂点に接する3枚のパネルを取り付けた状態を示す断面図である。
【図12】図12は、連結用部材を用いた箱型ケースを組み立てた状態を示す図である。
【図13】図13は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、直角に接する1枚のパネルに取り付けて箱型ケースを組み立てた後に、複数の箱型ケース同士を連結する実施形態の一例を示す断面図である。
【図14】図14は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、直角に接する1枚のパネルに取り付けて箱型ケースを組み立てた後に、複数の箱型ケース同士を連結する実施形態の一例を示す断面図である。

【0015】
以下、本考案の箱型ケースの連結用部材、及びこれを用いた箱型ケースの組立セットについて、図面を参照しながら説明する。
図1は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材2を、箱型ケースの内側にあたる方向から見た斜視図である。図1において、3本の直線が交わる頂点は図中の奥側に位置しており、連結用部材が箱型ケースの頂点の内側に配置される際の内側方向から見た図である。
図2は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材2を、箱型ケースの外側にあたる方向から見た斜視図である。図2において、3本の直線が交わる頂点は図中の手前側に位置しており、連結用部材が箱型ケースの頂点の内側に配置される際の外側方向から見た図である。
図3は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材2を、一つの板状部材21を正面にした方向から見た図である。
【0016】
本考案の第一の実施形態は、箱型ケースの連結用部材である。
本考案の箱型ケースの連結用部材は、複数枚のパネル1を連結させて直方体又は立方体の箱型ケースを組み立てるために、組立時に隣接するパネル1を連結させるための連結用部材である。
【0017】
本考案の第二の実施形態は、第一の実施形態に置いて説明した連結用部材を用いた箱型ケースの組立セットである。
図7は、連結用部材とこれを用いた箱型ケースの組立セットを示す図である。
箱型ケースの連結用部材複数個と、複数枚のパネルとから構成されている。
パネル1は、組立完成時の箱型ケースの大きさに合わせたサイズであり、素材は樹脂、金属、その他の各種素材を用いることができる。
【0018】
パネル1は、箱型ケースが6面すべて組立時には閉じた状態となるときには、6枚のセットとなる。また、直方体あるいは立方体の6面の内の1面が開いた状態となる箱型ケースの場合には、パネル1は5枚のセットとなる。直方体あるいは立方体の6面の内の2面が開いた状態となる箱型ケースの場合には、パネル1は4枚のセットとなる。
これらの組み合わせに合わせ、本考案の連結用部材が必要数セットとされている。
【0019】
なお、本考案の連結用部材は、図1、図2、図3等に示されるように、雌ネジ穴を有する3枚の板状部材21が、互いに直角に接合され、箱型ケースの頂点の内側に配置される際に頂点において3枚が接するように一体にされた雌ネジ部材2と、これに対応する3個の雄ネジ部材3とで、連結用部材の1セットが構成される。
【0020】
本考案の実施形態として、パネル1と連結用部材のセットとして構成する場合には、これ以外の部材をセットに組み入れても良い。
たとえば、箱型ケースの頂点以外の、2枚のパネル1が接する箇所に取り付けるための連結用部材としては、雌ネジ穴20を有する2枚の板状部材21が、互いに直角に接合され、箱型ケースの頂点の内側に配置される際に、箱型ケースの辺において2枚が接するように一体にされた、L字型の雌ネジ部材を使用するようにしてもよい。
また、箱型ケースの6面すべてが組立時には閉じた状態となるときには、6枚のパネル1の内の1枚は、開閉できるようにするために、たとえば蝶番などの部材をセットに入れるようにしてもよい。
【0021】
前記複数枚のパネル1には、前記雌ネジ部材の雌ネジ穴10に対応する雌ネジ穴が設けられている。
一般的には、パネル1のそれぞれには、少なくとも四隅に雌ネジ穴が設けられている。
ただし、直方体あるいは立方体の6面の内の1面が開いた状態となる箱型ケースの場合や、6枚のパネル1の内の1枚は、開閉できるようにするために蓋として機能する場合などには、すべての四隅には雌ネジ穴10が必要ではない場合がある。こうした場合には適宜、必要な数の雌ネジ穴10を設ければよい。
【0022】
なお、パネル1の雌ネジ穴10は、雄ネジ部材3に対応したネジの溝が形成されていてもよい。
一方、雌ネジ部材2の雌ネジ穴20には雄ネジ部材3に対応したネジの溝が形成されているので、パネル1の雌ネジ穴10にはネジの溝がなくても機能する。
【0023】
また、雌ネジ穴10は雄ネジのネジ部分の太さに対応した径の単なる穴であっても良いが、図10に断面が示されるように、雄ネジの頭がパネル1の表面から突出せず隠れるようにしてもよい。
雄ネジの頭がパネル1の表面と同じ平面を形成して固定されるようにすれば、ネジを締めたときには、箱型ケースの外側表面がネジ部分も含めて平面となり、目立たないものとなる。
【0024】
雌ネジ部材3は、雌ネジ穴20を有する3枚の板状部材21が、互いに直角に接合され、箱型ケースの頂点の内側に配置される際に頂点において3枚が接するように一体にされている。
好ましくは、3枚の板状部材21は、一体に形成された樹脂や金属などにより、分解不可能な1つの部材としてできたものである。
【0025】
また、3枚の板状部材21は、2枚のパネルそれぞれに接する直線の2辺と、箱型ケース内側の頂点を中心とする円弧または扇形の弧を一部または全部に有する曲線の1辺とからなる形状が、好ましい形態の一例である。これにより、雌ネジ穴20から板状部材の円弧または扇形の弧に対し一定の距離がとれるため、強固な部材となるとともに、素材を無駄に使用せずに雌ネジ部材2を製造することができる。
図4は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材の別の実施形態を、箱型ケースの内側にあたる方向から見た斜視図である。図5は、図4に示した本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、一つの板状部材を正面にした方向から見た図である。この例では、3枚の板状部材21の形状は、2枚のパネルそれぞれに接する直線の2辺と、箱型ケース内側の頂点を中心とする円弧を一部に有する曲線の1辺とからなるものである。
また、図6は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材の別の実施形態を、一つの板状部材を正面にした方向から見た図である。この例では、3枚の板状部材21の形状は、2枚のパネルそれぞれに接する直線の2辺と、箱型ケース内側の頂点を中心とする扇形の弧を全部に有する曲線の1辺とからなるものである。
【0026】
雌ネジ部材2及び雄ネジ部材3は、好ましい実施形態によれば、箱型パネルを構成するパネルと同色の素材からなることが好ましい。
これにより、組立時に箱型ケース全体として一体感が出る。
色彩は、無色透明、有色透明、半透明、不透明などの各種の色彩とすることができる。透明の連結用部材と、透明のパネル1とを用いた場合には、箱型ケースの中身を見ることができるとともに、連結用部材が目立たない外観とすることができる。このため、展示・陳列用などの用途にも適している。
【0027】
雄ネジ部材3は、前記3枚の板状部材21それぞれの雌ネジ穴20に対応して、箱型ケースの頂点の外側に配置される3つの雄ネジを有する部材である。
雄ネジ部材は、もっとも簡単な形態としては、雌ネジ穴20に対応した一般的な雄ネジである。
一方、雄ネジと、後述するように他の機能を有する部材とを兼ねる部材として形成してもよい。
【0028】
次に、パネル1及び連結用部材を用いた、箱型ケースの組み立てについて説明する。
図8は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材3を、直角に接する2枚のパネル1に取り付ける状態を示す断面図である。
2枚のパネル1が直角に接するとともに、箱形ケースの頂点を形成する部分において、箱形ケースの内側方向から2枚のパネルの角が合わさるように配置した状態とする。その頂点に、雌ネジ部材2の頂点にあたる部分が合わさるように配置する。
このとき、雌ネジ部材の雌ネジ穴20と、2枚のパネルそれぞれの雌ネジ穴10とが合致して、雄ネジを通せる状態となる。
箱形ケースの外側方向から、2枚のパネルそれぞれの雌ネジ穴、雌ネジ部材の雌ネジ穴20に、雄ネジ部材のネジを挿入し、ネジを締める。
これにより、雄ネジを締めた図9の状態となり、箱形ケースの3枚のパネルの内の2枚が連結した状態となる。
図9は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、直角に接する2枚のパネルに取り付けた状態を示す断面図である。
【0029】
このとき、図10に断面が示されるように、雄ネジの頭がパネル1の表面から突出せず隠れるようにしてもよい。
前述したように、雄ネジの頭がパネル1の表面と同じ平面を形成して固定されるようにすれば、ネジを締めたときには、箱型ケースの外側表面がネジ部分も含めて平面となる。
図10は、図9に示した断面図の別の形態として、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、直角に接する2枚のパネルに取り付けた状態を示す断面図である。
【0030】
次に、図9あるいは図10の段階から、さらに、正面に見える板状部材21に3枚目のパネルを取り付ける。
図11は、図10に示した断面図の別の形態からさらに、正面の板状部材に本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を取り付け、箱形ケースの頂点に接する3枚のパネルを取り付けた状態を示す断面図である。
これにより、箱形ケースの頂点を形成する3枚のパネルが連結される。
このようにして、順次それぞれの頂点を連結していくことにより、箱形ケースを完成させることができる。
図12は、連結用部材を用いた箱型ケースを組み立てた状態を示す図である。
【0031】
次に、本考案の別の実施例として、雄ネジ部材3が、一般的な雄ネジ機能を有するとともに、さらに他の機能を有する部材とを兼ねる部材として形成された一例について説明する。
たとえば、雄ネジ部材3には、組立時に箱型ケースの外側に位置する雄ネジの頭部分と一体となって、箱型ケースの滑り止め部材、または複数の箱型ケースを並べたり重ねたりする際に箱型ケース同士を固定する固定部材が設けられたものである。
【0032】
図13は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、直角に接する1枚のパネルに取り付けて箱型ケースを組み立てた後に、複数の箱型ケース同士を連結する実施形態の一例を示す断面図である。
この例によれば、箱形ケースを置いた状態のとき、底面に配置された雄ネジ部材3の頭には、部材として一体となった滑り止め部材が設けられている。これによって箱形ケースが滑ることを防ぐものである。
さらに図13に示される例によれば、複数の箱形ケース同士を横に連結して固定するために、側面に配置された雄ネジ部材3の頭には、部材として一体となった連結部材が設けられている。連結する方式としては、図に示した凹凸の溝をかみ合わせて連結するものや、磁石により磁力で連結するもの、その他の各種の方式が採用できる。
【0033】
別の一例としては、複数の箱形ケース同士を上下に連結して固定するために、上面に配置された雄ネジ部材3の頭には、部材として一体となった連結部材が設けられるようにしてもよい。
図14は、本考案の連結用部材を構成する雌ネジ部材を、直角に接する1枚のパネルに取り付けて箱型ケースを組み立てた後に、複数の箱型ケース同士を連結する実施形態の一例を示す断面図である。
なお、これらのいずれの例においても、滑り止め部材あるいは連結部材は、雄ネジ部材2として一体に形成されていてもよい。
あるいは、滑り止め部材あるいは連結部材は、雄ネジ部材2の雄ネジの頭部分に、着脱可能なようにしてもよい。着脱可能にすれば、雄ネジ部材は同一部材を汎用的に製造することができ、必要なときだけ滑り止め部材あるいは連結部材を使用することができる。
【0034】
以上詳細に説明したように、本考案によれば、収納時にはパネルと連結用部材に分解してコンパクトに収納でき、簡易な作業で組み立てができるとともに、組立時には連結用部材が目立たない、箱型ケースの連結用部材、及びこれを用いた箱型ケースの組立セットを提供することができる。
【0035】
1 パネル
10 雌ネジ穴
2 雌ネジ部材
20 雌ネジ穴
21 板状部材
3 雄ネジ部材
30滑り止め部材
31 固定部材

(57)【要約】

【課題】収納時にはパネルと連結用部材に分解してコンパクトに収納でき、簡易な作業で組み立てができるとともに、組立時には連結用部材が目立たない、箱型ケースの連結用部材、及びこれを用いた箱型ケースの組立セットを提供する。【解決手段】複数枚のパネル1を連結させて直方体又は立方体の箱型ケースを組み立てるために、組立時に隣接するパネルを連結させるための連結用部材。連結用部材は、雌ネジ穴を有する3枚の板状部材21が、互いに直角に接合され、箱型ケースの頂点の内側に配置される際に頂点において3枚が接するように一体にされた雌ネジ部材と、前記3枚の板状部材それぞれの雌ネジ穴に対応して、箱型ケースの頂点の外側に配置される3つの雄ネジを有する雄ネジ部材3とから構成されており、前記の雌ネジ部材及び雄ネジ部材は、箱型パネルを構成するパネルと同色の素材からなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):