(54)【考案の名称】靴の中敷

(51)【国際特許分類】

A43B 17/00 中敷

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、靴の中敷に関するもので、詳しくは、靴を履くときに足の裏の前側と後側に刺激を与えることができるようにした靴の中敷に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
靴の中敷は、人の足のサイズと靴のサイズが合わないときに、足と靴のずれを補う目的で一般的にしようされているが、近年は、中敷に新たな機能を付与させたものが提案されている。
【0003】
たとえば、靴を履くときの快適性を追求した靴の中敷としては、全体を同一厚さとしてある中敷本体の土踏まず部に相当する部位を、上方へ突出するように湾曲状に変形させて、裏面側が凹部となるようにすると共に、該湾曲状の変形部に多数の通気孔を上下方向に貫通させて設けた構成としてある。更に、上記中敷本体の前側と後側は、左右方向に山と谷が平行に延びるように波板状としてあり、該波板状の山の部分に多数の通気孔を上下方向に貫通させて設けた構成としたものがある。
【0004】
かかる構成としてある靴の中敷を用いた場合は、靴を履くと、足の裏が各突部に接触することにより、足との接触面積の低減による通気性の向上と、各突部の通気孔による通気性の向上が図れるようにしてある。(たとえば、特許文献1参照)。
【0005】
一方、健康を増進できるようにした靴の中敷としては、中央内側の土踏まず部に相当する部分に、弾力性ある材料で隆起させて弾力性隆起物を設けた中敷本体の表面を、防湿、吸水性の繊維で覆うようにしたものがある。
【0006】
この靴の中敷を靴内に入れて履くことにより、足の裏の土踏まずの部分が中敷本体の隆起物でマッサージされることにより、背腰部の疲労及び胃腸病、肝・腎・心・膵臓病等の成人病や扁平足の予防効果があるものとされている(たとえば、特許文献2参照)。
【0007】

【効果】

【0016】
本考案の靴の中敷によれば、次の如き優れた効果を発揮する。
(1)足裏の湧泉と、土踏まず部の後側の位置とが、中敷本体の上面に接する部分に、該中敷本体の幅方向の全長に同一高さの突起部が設けてあるので、足裏の湧泉の部分と土踏まず部の後側の部分とが、歩行の都度、同じ力で各突起部により刺激されて指圧された状態になり、自然に指圧療法を行わせることができ、人の足の筋肉疲労の回復、馬尾症候群
の予防が図れる。
(2)各突起部の上端面は平坦な面としてあって、足裏に面で接触するようにしてあることから、上記の指圧療法をより有効に且つ確実に行わせることができる。
(3)各突起部は中敷本体の幅方向の端部まで高くしてあるので、歩行中に方向変換するため足の向きを変えたとき、該向きを変えた足の内側に体重がかかった際、足の内側に突起部が当ることにより刺激が与えられる。特に、後側の突起部では、足裏の内側の尾骨のツボが刺激を受けることになるので、心地良さが得られる。
(4)各突起部の幅寸法を、1〜4cmとし、高さ寸法を、5〜7mmとすることにより、足裏の湧泉の位置や、足裏の土踏まず部の後側の位置が、各突起部から外れることなく、確実に足裏に刺激を与えることができると共に、体重をかけたときにも突起部が潰れることなく、中敷本体の上面に段差を有して、足裏に刺激を与えることができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の靴の中敷の実施の一形態を示す平面図である。
【図2】図1の側面図である。
【図3】図1の斜視図である。
【図4】足裏を示す概略図である。

【0018】
以下、図面に基づき本考案を実施するための形態を説明する。
【0019】
図1乃至図3は本考案の実施の一形態を示すもので、足型に合わせて切断して中敷本体1を形成し、該中敷本体1の上面の前部と後部で、且つ前側と後側に歯を有する下駄を裏返しにしたときの前側の歯と後側の歯に対応させた位置に、突起部2と3を、それぞれ幅方向(前後方向と直交する左右方向)の全長に亘り隆起させて形成し、恰も、下駄を裏返したときに上向きに突出する2つの歯に相当する突起部2と3がある構成とする。
【0020】
詳述すると、上記下駄の前歯に相当する位置に設ける中敷本体1上面の突起部2は、図4に示す人の足4の足裏にあるツボの1つである湧泉5に当る位置に設けられるもので、前後方向の厚み寸法は、上記湧泉5が前後方向に外れることなく常に刺激を受けることができるように広い寸法、たとえば、1〜4cm程度、好ましくは、2〜3cmとして、おおよそ下駄の歯の厚みに相当する寸法とし、且つ高さ寸法は5mm〜7mm程度とすることが好ましい。更に、上記突起部2の上端は、全長に亘り同一高さの平坦な面として、足裏に上端が面接触して、面で指圧療法が行えるようにしてある。
【0021】
一方、上記下駄の後歯に相当する位置の中敷本体1上面に設ける突起部3は、足裏の土踏まず部6の後側(踵側)の後側にある馬尾のツボの位置7に当るように設けられるもので、この位置を刺激することにより馬尾の障害を改善させるようにするものである。
【0022】
なお、上記後側の突起部3の前後方向の厚み寸法、高さ寸法は、上記前側の突起部2と同様であり、又、上端を全長に亘り平坦な面として足裏に面接触させるようにしてあることも同様である。
【0023】
上記において、中敷本体1と2つの突起部2,3は、図示の如く、同一材質の一体構造としてある。材質は、たとえば、硬質のアクリル製又は硬質のポリプロピレン製として、使用時に体重がかかると、足裏で押圧されて多少は変形するが、押し潰されて突起部2,3がなくなることがないようにして、突起部2,3が足裏へ刺激を与えることができるような弾性を有するものとしてある。すなわち、本考案の靴の中敷を靴内に入れて使用するときに、靴を履いた人の体重がかかっても、突起部2,3が上方へ突出した状態を維持できて足裏に刺激を与えると共に、足裏が痛くならないような硬さと弾性を有しているものとする。
【0024】
したがって、かかる条件を満足するものであれば、如何なる材質のものを用いるようにしてもよい。
【0025】
又、上記中敷本体1の厚みは、突起部2と3を上向きに保持することができて、靴を履くときにも、突起部2,3が前後方向へ変形させられることなく上向きの姿勢に保持できれば、薄肉のものとしてもよい。
【0026】
なお、前記各突起部2,3の厚み寸法を1〜4cmとしたのは、厚みが小さすぎると、湧泉5,位置7が突起部2,3から外れることがあり、又、厚みが広すぎると局所の刺激が低下することになるからである。一方、高さ寸法を、5mm〜7mmとしたのは、低すぎると、突起部として足裏を刺激する力が不足して効果が得られず、反対に高すぎると、足裏への刺激が強すぎて足裏を痛くすることになるからである。
【0027】
本考案の靴の中敷は、上記した構成としてあるので、靴内に、突起部2,3がある表面側を上にして入れて、靴の内底上に敷くと、靴内の前側と後側の2個所に、上向きの突起部2と3が存在した状態になる。
【0028】
このようにした状態の靴を履いて歩行すると、足裏の前側の湧泉5は、突起部2により、足裏の後側の馬尾のツボの位置7の部分は、突起部3によりそれぞれ同じ力で刺激を受けることになり、自然な指圧療法を行われることになる。これにより、前側の突起部2による湧泉5の指圧療法で歩き疲れや立ち疲れ等の立った姿勢での仕事をしている人の足の筋肉疲労を回復させることができることになる。又、後側の突起部3による馬尾のツボの位置7の指圧療法により、馬尾の神経障害を引き起さないようにして馬尾症候群の予防を有効に図ることが可能となる。
【0029】
上記において、本考案の靴の中敷は、各突起部2と3の上端が平坦な面としてあるため、多数の突起を整列させて設けた場合の如き足裏への点接触や、中敷本体の幅方向に延びる突起部の上端を円弧状にした場合の如き足裏への線接触となることなく、足の裏を面接触で刺激をすることができる。これにより指圧療法が有効且つ確実に行われ、上記の如き改善を図ることが可能となる。
【0030】
又、本考案の靴の中敷は、中敷本体1上面の突起部2と3が中敷本体1の幅方向の全長に亘るように設けられているため、靴を履いた人が、足の裏を上記突起部2,3に接触させた状態で歩行しているときに、歩行の向きを変えるために足の向きを変えるとき、すなわち、直進している状態から、たとえば、右足の向きを左方向に変えたときには、右足の後側の内側に体重がかかる状態になる。特に、足の裏の上記位置7の内側には、尾骨のツボがあるため、足の内側に体重がかかったとき、この尾骨のツボが、突起部3の内側端部によって刺激を受けて指圧された状態になる。これにより快適さと、心地良さが得られる。
【0031】
なお、本考案の靴の中敷は、上記した実施の形態のみに限定されるものではなく、たとえば、中敷本体1に2つの突起部2と3を厚肉構造として一体成形してなる構成のものとして示したが、突起部2と3を断面形状が矩形状のブロック構造とし、該ブロック構造の部材を、中敷本体1の上面に貼り付ける等により一体構造とするようにしてもよい。又、図1乃至図3では、本考案の靴の中敷として、右足用のもののみを示しているが、左足用のものも右足用のものと対称となるように構成することは当然のことである。
【0032】
その他本考案の要旨を逸脱しない範囲内で種々変更を加え得ることは勿論である。
【0033】
1 中敷本体
2 突起部
3 突起部
4 足
5 湧泉
6 土踏まず部
7 位置

(57)【要約】

【課題】足裏の湧泉の位置と、土踏まず部の後側の位置を刺激できる靴の中敷きを提供する。【解決手段】靴の内側へ入れて使用できるように足に合わせて形成した中敷本体1の前側と後側の2個所の上面に、上端が平坦な面としてあるそれぞれ突起部2と3を設ける。前側の突起部2は、足裏の湧泉が当る位置に設けるようにし、湧泉が前後方向に外れないように厚みを有すると共に、湧泉を刺激できる高さとしてある。後側の突起部3は、前側の突起部2と同じ厚み、高さとして、足裏の土踏まず部の後側の位置を刺激するようにしてある。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):