(54)【考案の名称】空調装置の吹出口に装着する円筒フィルター

(73)【実用新案権者】株式会社サンロード

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、食品加工工場等において空気清浄のために空調装置の吹出口に装着する円筒フィルターの改良に関し、特に空調装置の吹出口に取り付ける際に、簡単かつ確実に取り付けることができるようにしたものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、食品加工工場等における空調装置について、特許文献1や特許文献2に開示されているような吹出円筒フィルターが利用されている。即ち、この種の円筒フィルターは、食品加工工場等の低温作業設備において、食品の鮮度や品質を管理するため低温環境を維持すると共に、作業者の体感温度が下がらないようにするため、及び、粉塵等を舞い上がらせないようにするため、天井付近に、一端を空調機器の吹出口に接続し、他端は閉塞した布または不織布製の筒状部材(円筒フィルター)を複数列設し、該筒状部材から冷気が吹き出されるようにしたものである。また、これらの空調装置は、この筒状部材を防塵フィルターとしても機能させて、精密機器の製造ラインにおけるクリーンルーム等で空気清浄を行うようにすることにも利用される。
【0003】
そして、従来、この種の円筒フィルターを空調装置の吹出口に装着する場合、特許文献1や特許文献2に示されているように、吹出口の開口筒の全周を覆うように円筒フィルターの開口端部を被せ、その上から固定バンド乃至は締め付けバンドと呼ばれるスチール製のベルト状部材で緊締して取り付けることが行われている。
【0004】

【効果】

【0015】
上記構成にかかる本考案の円筒フィルターは、吹出口に被せた後、係着部材を介して径縮した状態で当該吹出口に固定できるので、手を離しても容易に外れることがなく、締め付けボルトで緊締することが容易に行える。これにより、円筒フィルターの取り付け作業が、簡便且つ確実に行うことが可能となり、作業効率の向上を図ることができる。
【0016】
係着部材として面ファスナーを用いたので、容易に脱着が可能であり、円筒フィルターの交換作業もスムーズに行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案に係る円筒フィルターの一実施形態の一部省略正面図である。
【図2】(A)は本考案に係る円筒フィルターの装着の態様を示す説明斜視図、(B)は同じく説明断面図である。

【0018】
以下、本考案に係る円筒フィルターの好ましい実施形態を添付した図面について説明する。図1において、1は、一方端を閉塞して有底とした円筒フィルターで、不織布等の通気性素材で構成したものである。通常は、不織布を二つ折りにして合わせ面に所定幅の縫い代2を残して長手方向に沿って直線縫い目3で縫合したもので、開口部を広げることにより円筒形となる。なお、縫合に代えて溶着することもある。4は縫い代2に所定間隔で設けられた鳩目であり、図示しないレールに所定のフックを介して吊下可能とするものである。かかる構造は、既存の円筒フィルターに採用されているものである。なお、円筒の直径は、装着する空調装置の吹出口の外周径より少し大きくしてゆとりを持たせておくことが好ましい。
【0019】
5、6は円筒フィルター1の開口端部に設ける一対の係着部材であり、例えば雌雄の面ファスナーで形成する。この場合、一方(雄)を縫い代2に設け、他方(雌)を円筒外周面の円周方向に沿って設ける。
【0020】
このような構成を有する円筒フィルター1を空調装置の吹出口に取り付けるには、図2に示すように、円筒フィルター1の開口部をそのまま空調装置の吹出口(M)に被せるように装着する。この場合、開口部の大きさにゆとりがあるので、同図(B)左図に示すように、容易に装着できる。次に、縫い代2を持って直線縫い目3付近をつまみ、吹出口(M)の外周径に密着するように径縮しながら縫い代2を折り畳み、雌雄の面ファスナー5、6を互いに係着させる(同図(B)右図)。このとき素材が不織布で構成されているので、その伸縮弾性により吹出口(M)に密着した状態で該部に固定され、手を離しても容易に外れることがない。要するに、開口部を折り畳んで径縮し、一対の係着部材で確実に固定するのである。そして、この状態で、従来の通り、締め付けベルトで緊締すれば、円筒フィルター1を容易且つ確実に、外れることなく吹出口(M)に装着することができる。
【0021】
なお、上記実施形態では、円筒フィルターとして不織布を二つ折りにして合わせ面に所定幅の縫い代を残して長手方向に沿って直線縫い目で縫合したものを提示したが、縫い代を設けていない円筒フィルターであってもかかる技術は適用できる。即ち、そのような円筒フィルターの開口端部の円周方向に沿って、互いに係着可能な面ファスナー等の一対の係着部材を周方向に並べて設け、当該開口部を径縮するように開口端部を折り畳み、係着部材を互いに係着させれば、上記実施形態とほぼ同様に、空調装置の吹出部に確実に固定できるものである。そうすれば、吹出口から外れることを気にすることなく、従来通り、締め付けベルトで緊締して装着できるものである。
【0022】
1 円筒フィルター
2 縫い代
3 直線縫い目
4 鳩目
5、6 一対の係着部材

(57)【要約】

【課題】極めて簡単な構成で、空調装置の吹出口に簡単かつ確実に装着できるようにする円筒フィルターを提供する。【解決手段】不織布等の通気性素材で構成し、一端を閉塞して有底とした円筒フィルター1の開口端部において、開口部を径縮可能に互いに接合可能な一対の係着部材を設けて空調装置の吹出口に装着する円筒フィルター1を構成するという手段を採用した。そして、円筒フィルター1は、不織布を二つ折りにして、合わせ面の端面より内側に縫い代2を残して直線縫い目3を施したものであり、その縫い代2と円筒外周面のそれぞれに互いに接合可能な一対の係着部材5,6を設けた。また、係着部材は、雌雄の面ファスナーである。また、面ファスナーの雌側を円筒外周面の円周方向に沿って設け、雄側を縫い代2に設けた。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):