(54)【考案の名称】巻回帯状物用ホルダー

(73)【実用新案権者】株式会社タケダ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は巻回帯状物用ホルダーに関するものであり、特に、ロール状に巻回されたテープなどの帯状物を、その巻回部から引き出し可能に保持するための巻回帯状物用ホルダーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
事務用などで使用するロール状に巻回された巻回帯状物としては、例えばセロテープ(登録商標)として知られる粘着テープなどがある。また、従来、その粘着テープを保持しておくテープホルダーとして、種々のものが提案されている(例えば、特許文献1、特許文献2参照)。
【0003】
図6は、特許文献1などで知られるテープホルダーの一例を示す。同図において、テープホルダー100は、図6の(a)に示すように、樹脂製のホルダー本体101内に開口されている側面から粘着テープTを収容し、その後、図6の(b)に示すように、カバー本体101にカバー体102を取り付けてホルダー本体101の側面開口を閉じるようにしたものである。そして、ホルダー本体101とカバー体102とで形成されたテープ引き出し窓103から粘着テープTを所定量引き出し、その引き出した粘着テープTをカッター104により切断できるようにしたものである。このテープホルダー100は、コンパクトで軽量であるという長所を有するが、反面、容易に移動して紛失し易いという問題点がある。
【0004】
図7は、特許文献2などで知られるテープホルダーの一例を示す。同図において、テープホルダー200は、ロール状の粘着テープTを取り外し可能に支持する保持用リール201と、その保持用リール201を取り外し可能、かつ回転自在に支持するリール支持部202を有したホルダー本体203と、ホルダー本体203の上縁部に設けられたカッター204とを備え、テープホルダー200に装着されたロール状の粘着テープTを所定量引き出し、その引き出した粘着テープTをカッター204で切断できるようにしたものである。このテープホルダー200は、図6に示したテープホルダー100よりも大きな形状で、また重みがあるので設置が安定し、紛失しにくいという長所を有するが、反面、大きな設置スペースを必要とし、大きくて邪魔になる場合も少なくない。また、製造に際して多くの材料や大きな金型設備なども必要とするので、高価になるという問題点もある。
【0005】

【効果】

【0016】
本考案によれば、所望する一つの巻回帯状物用ホルダーを一体に形成することができるので、構造が簡略化されて低コストが図れ、安価に提供することができる。また、小形軽量化が可能で、さらに設置場所も比較的自由に選べ、しかも設置後は簡単に移動をしてしまうこともないので、紛失を防止できる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の実施形態であるテープホルダーを示し、(a)は使用前の状態で示すその斜視図、(b)は使用状態で示すその斜視図である。
【図2】同上テープホルダーを示し、(a)は使用前の状態で示すその正面図、(b)は使用状態で示すその正面図である。
【図3】同上テープホルダーを示し、(a)は使用前の状態で示すその平面図、(b)は使用状態で示すその平面図である。
【図4】同上テープホルダーにおけるカッターの拡大図で、(a)はその平面図、(b)は(a)のA−A断面図である。
【図5】同上テープホルダーの他の使用例を説明する図で、(a)は円状部材に絡げて取り付けて使用する場合の一例を説明する図、(b)は角形部材に絡げてしようする場合の一例を説明する図である。
【図6】従来のテープホルダーの一例を示し、(a)はその分解斜視図、(b)はその使用状態で示す斜視図である。
【図7】従来のテープホルダーの別の一例を、使用状態で示す斜視図である。

【0018】
以下、本考案を実施するための形態(以下、「実施形態」という)を、添付図面に基づいて詳細に説明する。なお、以下の説明では、上下や前後、左右などの方向を示す表現は、絶対的なものではなく、本考案のテープホルダーの各部が描かれている姿勢である場合に適切であるが、その姿勢が変化した場合には姿勢の変化に応じて変更して解釈されるべきものである。
【0019】
図1乃至図4は本考案に係る巻回帯状物用ホルダーとしてテープホルダーを示す。同図において、テープホルダー11は、例えば中空巻芯50の外周にロール状に巻回されて巻回部52を形成してなる、巻回帯状物としての巻回内面に粘着剤が塗布されている粘着テープTが着脱可能に取り付けられ、その粘着テープTを巻回部52から引き剥がして所望する量だけ引き出し、その引き出した粘着テープTを所望する位置で切断できるようにしたものである。
【0020】
前記テープホルダー11は、容易に変形しない一本の線材を成形加工して、粘着テープTの巻回部52を形成している中空巻芯50を貫通して該粘着テープTを回転可能に支持する互いに平行に設けられた一対の巻回支持部12、12と、この一対の巻回支持部12、12の一端側に設けられた前側軸方向移動規制部13及び他端側に設けられた後側軸方向移動規制部14と、後側軸方向移動規制部14の一端側から連続して形成された捕捉部15及びカッター16と、後側軸方向移動規制部14の他端側から連続して形成された固定支持部17と、を一体に有してなる。
【0021】
なお、テープホルダー11を形成している線材の材質は、本実施例では径約1〜5mm程度の軟鋼製の一本の針金を使用している。しかし、これ以外の線材として、材質がアルミニューム、ジュラルミン、その他のアルミニューム合金、鋼、銅、銅合金の金属、プラスチック、炭素やガラスをプラスチックに混入させた繊維強化プラスチック、プラスチックと金属の複合物などでも良く、また断面形状も円形、楕円形、三角形、四角形その他の角形などであってもよい。
【0022】
更に詳述すると、前記一対の巻回支持部12、12は、図1(b)、図2(b)、図3(b)に示すように、中空巻芯50を貫通できるように該中空巻芯50の内径よりも若干小さな間隔を有して互いに平行に離れ、それぞれが水平に配設されている。また、図3(b)に示すように、巻回支持部12、12の前後方向の長さLは、粘着テープTの幅Wよりも若干大きく形成されている。
【0023】
前記前側軸方向移動規制部13は、一対の巻回支持部12、12の各一端側(前端側)から上方へ向かって略直角に折り曲げられ、下側が開放された下向きコ字状に形成されており、図1(b)、図2(b)、図3(b)に示すように、一対の巻回支持部12、12に装着された粘着テープTの前側巻回側面51aと対向配置されて、粘着テープTの前側への移動を規制するようになっている。
【0024】
前記後側軸方向移動規制部14は、図1(b)、図2(b)、図3(b)に示すように、一対の巻回支持部12、12の各他端側(後端側)からそれぞれ、左右反対方向に向かって略水平に折り曲げられた一対の後側軸方向規制半体14a、14bとよりなり、一対の巻回支持部12に装着された粘着テープTの後側巻回側面51bと対向配置されて、粘着テープTの後側への移動を規制するようになっている。
【0025】
前記捕捉部15は、一対の後側軸方向規制半体14a、14bのうちの、片側の後側軸方向規制半体14bの先端から略直角に巻回支持部12、12と平行な状態で水平方向に折り曲げられて形成されている。図3に示すように、捕捉部15の前後方向の長さは、巻回支持部12の長さLとほぼ同じ長さを有している。
【0026】
前記カッター16は、捕捉部15の先端から略直角に水平方向外側へ向かって折り曲げられた連設箇所16a、及び、該連設箇所16aの先端から略直角に捕捉部15と平行な状態で水平方向に折り曲げられているカッター箇所16bとを設けて、平面視概略L字状に形成されている。また、図3に示すように、カッター箇所16bの前後方向の長さは、捕捉部15の長さとほぼ同じ長さ、すなわち巻回支持部12の長さLとほぼ同じ長さを有している。なお、カッター16におけるカッター箇所16bには、図4の(a)にカッター箇所16bを拡大して示すように、捕捉部15と反対側の面に、鋸歯状に形成されたテープ切断用の刃18が設けられ、また図4の(b)に図4の(a)のA−A断面として示すように、テープ切断用の刃18は断面先端形状を尖った形状にして粘着テープTを切断し易くしている。
【0027】
前記固定支持部17は、一対の後側軸方向規制半体14a、14bのうちの、片側の後側軸方向規制半体14aの先端から略直角に垂直方向に折り曲げられて形成されている。
【0028】
このように形成されたテープホルダー11は、図1(b)、図2(b)、図3(b)に示すように、固定装置としてのスタンド21が用意され、そのスタンド21に設けたホルダー取付孔22に固定支持部17の下端部を挿入させて、スタンド21上に立てられた状態で保持される。
【0029】
そして、粘着テープTは、巻回部52の外周上側から粘着テープTの先端を引き剥がし、この引き剥がした粘着テープTの先端を捕捉部15上を通ってカッター16上に引き出すことができるような向きにして、粘着テープTの巻回部52を設けている中空巻芯50に前側軸方向移動規制部13を挿入させてその粘着テープTを巻回支持部12まで移動させる。
【0030】
このようにして、粘着テープTが巻回支持部12まで移動されると、粘着テープTの前側巻回側面51aが前側軸方向移動規制部13に対向するとともに、後側巻回側面51bが後側軸方向移動規制部14に対向する。これにより、粘着テープTが前側軸方向移動規制部13と後側軸方向移動規制部14とで前後方向の移動が規制された状態となり、巻回支持部12上に回転可能に支持される。
【0031】
また、巻回支持部12に取り付けられた粘着テープTは、巻回部52上から粘着テープTの先端を引き剥がし、この引き剥がした先端を捕捉部15及びカッター16上を通って引き出す。そして、所望する量だけ引き出したら、粘着テープTをカッター16の刃18に押し付けると、そのカッター16の刃18で粘着テープTを切断することができる。
【0032】
また、粘着テープTがカッター16の刃18で切断され、巻回支持部12側に残された粘着テープTの切断先端部53側が粘着テープTの巻回部52側に戻ろうとしたときに、その粘着テープTの巻回内面、すなわち粘着剤が塗布されている粘着面が巻回支持部12とカッター16との間に設けられている捕捉部15上に触れて該捕捉部15に貼り付き、切断先端部53側が巻回部52上まで戻るのを防止する。図2(b)に2点鎖線で示している切断先端部53は、捕捉部15上に貼り付いて捕捉されている状態を示している。これにより、次回、粘着テープTを引き出す際、捕捉部15に貼り付いている粘着テープTの先端部分を指で摘むことにより、容易に引き出すことができる。
【0033】
したがって、このように構成されたテープホルダー11は、連続してなる一つの線材を成形加工して、所望する一つのテープホルダーとして形成しているので、部品点数が一つで済み、部品管理が容易になる。また、構造が簡略化できるとともに、小形軽量化も可能になるという利点がある。
【0034】
なお、上記実施例のテープホルダー11では、固定装置としてのスタンド21を用意し、そのスタンド21に設けたホルダー取付孔22に固定支持部17の下端部を挿入させ、スタンド21上に立てた状態で使用する形態を説明した。しかし、このような使用に限らず、テープホルダー11を加工する線材に、固定支持部17を比較的容易に屈曲することができるようにした材質の線材を使用し、その固定支持部17の下端部を図5の(a)に示すように断面円形をした固定装置としての支持棒23に絡げて取り付ける、あるいは固定支持部17の下端部を図5の(b)に示すように断面四角形をした支持棒24などに絡げて取り付けるようにしても良いものである。このように、固定支持部17の下端部を支持棒23、24などに絡げて取り付けるようにした場合では、テープホルダー11を任意の位置に簡単に取り付けて使用することができる。
【0035】
さらに、上記実施例では、粘着テープTを使用する場合について説明したが、粘着テープTは、テープの巻回面に粘着材を塗布したセロテープ(登録商標)、ガムテープ、メンディングテープなども含むものであり、粘着テープ以外にも紐あるいはトイレットペパー類の巻回帯状体も含むものである。
【0036】
また、本考案は、上記実施形態に限定されるものではなく、上記以外にも本考案の目的を達成できる範囲での変形、改良などは本考案に含まれものである。
【0037】
11 テープホルダー(巻回帯状物用ホルダー)
12 巻回支持部
13 前側軸方向移動規制部
14 後側軸方向移動規制部
15 捕捉部
16 カッター
17 固定支持部
18 刃
21 スタンド(固定装置)
22 ホルダー取付孔
23 支持棒(固定装置)
24 支持棒(固定装置)
50 中空巻芯
51a 前側巻回側面
51b 後側巻回側面
52 巻回部
53 粘着テープの切断先端部
T 粘着テープ(巻回帯状物)
L 巻回支持部の長さ
W テープ幅

(57)【要約】

【課題】簡単な構造で安価に製作することができるとともに、小形軽量で設置場所も余り選ばず、何処にでも容易に設置することができる構造にした巻回帯状物用ホルダーを提供する。【解決手段】ロール状に巻回された粘着テープTを、その巻回部52から引き出し可能に保持するテープホルダーにおいて、粘着テープTの巻回部52を貫通して粘着テープTを回転可能に支持する巻回支持部12と、粘着テープTの軸方向への移動を規制する軸方向移動規制部13、14と、巻回部52上から引き出された粘着テープTを任意の位置で切断するカッター16と、ホルダー22を固定装置に固定するための固定支持部17と、を一体に設けてなる構成とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):