(54)【考案の名称】かつら

(51)【国際特許分類】

A41G 3/00 かつら

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はかつらに関し、詳しくは取り付け及び取り外しを容易にし、外部から力が加わっても頭皮の痛みやかつらのずれを軽減する技術に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のかつらとしては、かつら毛が植毛されたかつら用ベースの内側に使用者の自毛と掛合する複数の留め具を直接取り付けた構造が一般的であった。また、かつら用ベースの全体の形が亀の足のように留め具の取り付け部分のみ数箇所突起させた形状のものも存在していたが、それはかつら用ベースの一部であって、留め具そのものは必ずかつら用ベースの内側に設けられていた。
【0003】
ところで、従来の留め具は、かつらに隠れることで見栄えは良いが、かつら用ベースに直接取り付けられているため、以下のような問題があった。
a)留め具を直接手で持って操作できないから、かつらごと持ち上げるような留め方となり、特に高齢者にとっては取り付けにくい。また、同じ理由で取り外しにくい。
b)かつらの重さや身体の動き等による小さな力でも留め具に直接伝わり、自毛と掛合している部位の頭皮が引っ張られて痛みを感じることがある。
c)強風や接触、脱衣時などやや大きい力がかつらに加わると、留め具が簡単にずれたり外れたりすることがあり、かつらを定位置に保持することが難しい。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案によれば、以下の効果を奏する。
a)留め具が伸縮部材を介在してかつら用ベースに取り付けられているから、かつら用ベースを動かすことなく留め具のみを持って伸縮部材の伸び代の範囲で操作でき、取り付け及び取り外しが容易に行えるようになる。
b)留め具が伸縮部材によってかつら用ベースとは独立しているから、かつらの重さや身体の動き等の力が加わっても伸縮部材で吸収され、自毛と掛合している部位の頭皮への影響が緩和されて痛みを感じにくいものとなる。
c)留め具が伸縮部材によってかつら用ベースとは独立しているから、強風や接触、脱衣時などやや大きい力がかつらに加わっても伸縮部材で吸収され、留め具がずれたり外れたりしにくく、かつらを定位置に保持しやすいものとなる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】実施例1のかつらの底面図である。
【図2】実施例1のかつらの取り付け状態を示す側面図である。
【図3】実施例2のかつらの底面図である。
【図4】実施例3の留め具の説明図である。
【図5】実施例3の他の例の留め具の説明図である。

【0009】
本考案の伸縮部材としては、帯状・輪状・糸状のゴム、伸縮性のジャージ地などかつら用ベースの方へ付勢力が働く素材であれば様々なものが採用でき、色は髪と同じか又は近い色にして目立たなくすると良い。伸縮部材の取り付け方としては、かつら用ベースの外周部とその下方の留め具との間に取り付ける方法や、横向きの帯状や糸状のものをかつら用ベースの内周縁に沿って連続的又は部分的に取り付ける方法、あるいはこれらを組み合わせる方法があり、かつらの形状や製作コスト等に応じて任意に選ばれる。
【0010】
留め具としては、一般的なくし型の他、女性が使用するぱっちん留めやU字ピン、ダッカール等を伸縮部材に噛ませてくし型の代用とする方法があり、これらを組み合わせても良い。留め具の取り付け方としては、伸縮部材に直接取り付けるか、又は布やビニール等の基材に取り付け、その基材を伸縮部材に連結する方法がある。留め具や基材の色も伸縮部材と同じように髪と同じか又は近い色にして目立たなくしても良い。
【0011】
留め具の取り付け位置としては、かつら用ベースの下側に突出させる方法や、かつら用ベースの内側に配置する方法があり、かつらの寸法や使用者の自毛の位置等に応じて任意に選ばれる。また、留め具は所定位置に固着する方法の他、両面粘着テープ又は面ファスナーで任意の位置及び箇所に脱着可能に取り付ける方法がある。両面粘着テープの場合は、貼る面の素材としてウレタンやビニール等の平滑なものを用いると強力に接着され、洗髪しても数ヶ月以上剥がれることがなく好ましい。
【0012】
留め具や伸縮部材にはかつら毛を付着したり、髪の模様を転写等によって表示したり、さらには自毛の一部を引き出せる縦向き又は横向きの開口部を形成することで、留め具を目立たなくして見栄えを良くすることもできる。また、これらの方法を組み合わせても良い。
【0013】
以下、本考案の代表的な実施例を図面に基づいて具体的に説明する。なお、本考案は以下の各実施例に限定されるものではなく、様々な組み合わせや変形が可能である。
【0014】
(実施例1)図1,2に示す実施例1は、留め具をかつら用ベースの下側に突出するように取り付けた例である。図中、1はかつら、1aはかつら毛、1bはかつら用ベース、2は伸縮部材、3は留め具、4は頭部、4aは自毛である。
【0015】
伸縮部材2は、図1に示すように、髪に近い色の伸縮性のジャージ地で製作され、かつら用ベース1bのエッジ部の左右及び後部に縫合されている。留め具3は、髪に近い色のプラスチック製のくし型で、伸縮部材2の内側に取り付けられている。
【0016】
このかつら1を取り付ける場合は、図2に示すように、かつら用ベース1bを頭部4に載せた後、留め具3を持って下方へ若干引っ張り、留め具3を自毛4aに掛合する。手を離すと、伸縮部材2の付勢力で留め具3が上方へ若干引っ張られて戻り、留め具3と自毛4aの掛合を確実にする。伸縮部材2や留め具3がかつら用ベース1bの外に露出するが、かつら毛1aや自毛4aで覆って目立たなくすることができる。
【0017】
かつら1を取り外す場合は、かつら用ベース1bを頭部4に載せたままの状態で留め具3のみを持って下方へ若干引っ張り、留め具3を自毛4aから外す。これによって、かつら用ベース1bを頭部4から引っ掛かりなく持ち上げて離すことができる。
【0018】
このように、実施例1によれば、留め具3が伸縮部材2を介在してかつら用ベース1bに取り付けられているから、かつら用ベース1bを動かすことなく留め具3のみを持って容易に取り付け及び取り外しができ、特に高齢者にとって使いやすい。また、かつら1の重さや身体の動き等の力、あるいは強風や接触、脱衣時など外部から力がかつら1に加わっても伸縮部材2で吸収され、自毛4aと掛合している部位の頭皮への影響が緩和されて痛みを感じにくく、留め具3が容易にずれたり外れたりすることもない。
【0019】
(実施例2)図3に示す実施例2は、留め具をかつら用ベースの内側に配置されるように取り付けた例である。実施例2では、図3に示すように、帯状の伸縮部材2をかつら用ベース1bの内周に沿って横向きにして両端部で縫合し、その伸縮部材2の内側の中間部に留め具3を取り付けている。
【0020】
実施例2によれば、伸縮部材2が伸びていない状態では留め具3がかつら用ベース1bの内側にあるが、留め具3を下方へ引っ張ると、左右の伸縮部材2が斜め下方へ伸びて留め具3を上下に動かすことができる。よって、かつら用ベース1bを動かさずに留め具3のみを持って取り付けでき、実施例1と同様に取り付け及び取り外しが容易で、頭皮への影響や位置ずれが軽減されるものとなっている。その他、符号、構成、作用効果は実施例1と同じである。
【0021】
(実施例3)図4に示す実施例3は、伸縮部材を両面粘着テープで脱着可能に取り付けた例である。図中、1cは被粘着帯、3aは突起、3bはピン、3cは基材、5は両面粘着テープ、5aは基材である。
【0022】
実施例3では、図4に示すように、伸縮性を有する半円状の薄いビニール製の基材3cに留め具3をピン3bで取り付け、表面が平滑なウレタン製の基材5aに両面粘着テープ5を取り付け、その基材3c,5a同士を伸縮部材2で連結している。かつら用ベース1bの内周縁には、表面が平滑なウレタン製の被粘着帯1cを取り付けている。
【0023】
実施例3によれば、留め具3を両面粘着テープ5で被粘着帯1cに貼り付けることで、使用者の頭部4の大きさや形状に応じて留め具3を任意の位置及び箇所に設けることができ、使い勝手や汎用性が向上する。また、取り付け位置を変更できるようにしたことで、同じ部位に留め続ける必要がなくなり、頭皮への負担が軽減されて抜け毛を減らすことができる。さらに、基材3cも若干伸縮性を有しているから、外部からの衝撃をより緩和できる。
【0024】
なお、貼り直す場合は、オレンジオイル等の除光剤で簡単に剥がすことで、取り付け位置を容易に変更することができる。また、留め具3や基材3cが痛んだ場合も、新しいものに簡単に交換できる効果がある。その他、符号、構成、作用効果は実施例1,2と同じである。
【0025】
図5に示すのは、留め具3を様々な方法で目立たなくした実施例3の他の例である。図5(a)に示すのは、かつら用ベース1bに設けているものと同じかつら毛1aを留め具3の基材3cの外面に多数本付着している。よって、かつら毛1aが短い場合や使用者の自毛4aが少ない場合に留め具3の基材3cをより目立たなくさせることができ、見栄えを向上させることができる。その他、符号、構成、作用効果は実施例1〜3と同じである。
【0026】
図5(b)に示すのは、留め具3の基材3cの外面に髪の模様6を転写している。よって、この例も図5(a)の例と同じように、かつら毛1aが短い場合や使用者の自毛4aが少ない場合に留め具3の基材3cを目立たなくさせることができ、見栄えを向上させることができる。その他、符号、構成、作用効果は実施例1〜3と同じである。
【0027】
図5(c)に示すのは、留め具3の基材3cの上方位置に横向きのスリット状の開口部3dを形成している。この例では、途中の部分から自毛4aを引き出して覆うことで、より自然な感じに留め具3の基材3cを隠すことができ、自毛4aで上方から覆うだけの方法と比較して見栄えをさらに向上させることができる。また、自毛4aの引き出しによりかつら1の固定力も向上する。その他、符号、構成、作用効果は実施例1〜3と同じである。
【産業上の利用可能性】
【0028】
本考案の技術は、かつらに利用される。
【0029】
1 かつら
1a かつら毛
1b かつら用ベース
1c 被粘着帯
2 伸縮部材
3 留め具
3a 突起
3b ピン
3c 基材
3d 開口部
4 頭部
4a 自毛
5 両面粘着テープ
5a 基材
6 髪の模様

(57)【要約】

【課題】取り付け及び取り外しを容易にし、外部から力が加わっても頭皮の痛みやかつらのずれを軽減できるかつらを提供する。【解決手段】留め具3をかつら用ベース1bの方へ付勢力が働く伸縮部材2を介在して取り付ける。これにより、かつら用ベース1bを動かすことなく留め具3のみを持って伸縮部材2の伸び代の範囲で操作でき、取り付け及び取り外しが容易に行える。また、留め具3が伸縮部材2によってかつら用ベース1bとは独立しているから、かつら1の重さや身体の動き等の力が加わっても伸縮部材2で吸収され、自毛と掛合している部位の頭皮への影響が緩和されて痛みを感じにくい。さらに、強風や接触、脱衣時などやや大きい力がかつら1に加わっても伸縮部材2で吸収され、留め具3がずれたり外れたりしにくく、かつら1を定位置に保持しやすい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):