(54)【考案の名称】直管型LEDランプ及び直管型LEDランプ用給電装置

(73)【実用新案権者】LIGHTING BESON株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、在来の直管型蛍光灯用照明器具の直管型蛍光灯を直管型LEDランプで代替して使用するための直管型LEDランプ及び直管型LEDランプ用給電装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
長寿命かつ消費電力の小さなLEDランプの普及においては、在来の照明器具のランプをLEDランプで代替することが省電力、省資源ひいてはコスト削減の観点から望ましい。そのため、特に事業所や公共施設で多用されている直管型蛍光灯用照明器具において、直管型蛍光灯の同サイズの直管型LEDランプへの交換が進められており、様々な直管型LEDランプが製造販売されている。
【0003】
しかし、在来の蛍光灯用照明器具の蛍光灯を単にLEDランプに交換した場合、機器の不適合による作動不良や部品の焼損、場合によっては火災事故の危険性があることが知られている。蛍光灯を用いた照明器具には、大きく分けて点灯管(グロースターター)を用いたグロースタート式、電子点灯管を用いた電子スタート式、点灯管の代わりに始動補助体を用いたラピッドスタート式、インバータ回路により始動するインバータ式等があるが、
特に直管型蛍光灯用の照明器具は、点灯時の高電圧放電の際に電流を安定させる安定器が一般的に照明器具本体側に設置されているため、交換したLEDランプに直接高電圧が掛かると故障や過熱を生じる場合があり、安定器が電力を消費するため省電力効果も減殺される等の問題も指摘されている。
【0004】
また、長期間使用した蛍光灯用照明器具では安定器や配線等が老朽化している場合が多く、蛍光灯では光のチラつきや点灯不良により安定器等の電源ユニットの不具合が比較的容易に確認できるのに対して、交換したLEDランプではその確認がしずらいという問題もある。
【0005】
日本照明器具工業会をはじめ業界団体では照明器具に対応したLEDランプの規格の確認のほか、照明器具自体の交換工事を推奨しているが、大量の照明器具を設置している事業所等にとって照明器具の交換工事はコスト負担が大きい。ランプを保持しつつ給電するソケットを含めた照明器具自体は存置して安定器等の電源ユニットや配線のみを交換すればある程度コストの低減は可能だが、ソケットや照明器具内の配線自体が経年劣化していたりLEDランプと規格が適合しない場合も多く、問題の抜本的な解決とならない。
【0006】
かかる問題に対して、近年では、たとえば図1に示すように、給電にランプ両端の口金に一対づつ設けたピンを使用せず、別途直管型LEDランプ本体にコネクタ接続孔を設け、電源ユニットとリード線で繋がる給電コネクタを挿入して接続する構造の直管型LEDランプが提案されている。かかる構造の直管型LEDランプでは、ピンは給電とは無関係に単にランプをソケットに嵌合保持させるためのみの役割を果たし、安定器等の電源ユニットや配線の交換工事は必要なもののソケットを含む照明器具自体はそのまま使用できるという利点を有する。
【0007】
しかし、かかる構造の直管型LEDランプは、口金付近に給電コネクタを設けるために直管の発光部の有効長が減少せざるを得ず、直管内でLED素子を配列した基盤を支えるシャーシも複雑化して小型化しずらく必ずしも効率的でない。また、給電コネクタが直管の外装に突出するため掃除や振動によりコネクタが抜け易く、コネクタに接続されたリード線が外部から視認できるため照明器具としての美感も損ねるという問題がある。
【0008】
一方、特許文献1及び2に記載の照明器具のように、直管型LEDランプの口金部に給電コネクタやコネクタ接続孔を収容してコネクタカバーで覆う構造の照明器具も提案されている。

【効果】

【0022】
本考案に係る直管型LEDランプ及び直管型LEDランプ用給電装置によれば、老朽化した既存の直管型蛍光灯用照明器具に最小限の工事を施すことでLED照明へと容易に転換可能となり、特に事業所や公共施設等、大量の蛍光灯を使用する施設の照明を低コストで省電力化するために有効である。
【0023】
特に、本考案の直管型LEDランプは既存の照明器具のソケットをそのままランプの取り付けに使用しつつ、ランプの規格に適合した専用の電源ユニットから給電コネクタを介して直接給電するため、規格不適合によるランプの過熱や焼損などの危険を防止でき、ランプの稼働効率や寿命の向上も図れる。
【0024】
また、給電コネクタはランプの直管部表面に露出せず照明器具側に隠蔽できるため、掃除等の際に不用意に給電コネクタの接続が緩んだり抜脱するおそれがなく、室内側からの美観も損なわれない。
【0025】
直管型LEDランプ本体についても内部構造及びシャーシや口金等の部材を簡素化できるため比較的低コストで製造でき、さらに、直管内の基盤の有効長を最大化できるため
規格サイズ内で効率的に光量を確保できる。

(57)【要約】

【課題】安定器等の電源ユニット交換のための最小限の工事を行うだけで、既存の直管型蛍光灯用照明器具にそのまま使用可能な直管型LEDランプ及び直管型LEDランプ用給電装置を提供する。【解決手段】直管部の両端に嵌合する口金の一方の給電側口金30の照明器具側寄りには直管軸線方向外向きに開口するコネクタ接続孔を有する直管型LEDランプ1であって、口金はそれぞれ一対のピンを備え、給電側口金はピンを配設した端面に対して直管軸線方向内向きに後退した段差面にコネクタ接続孔を設ける。コネクタ接続孔に接続する給電コネクタは、リード線を配設したコネクタ本体51と、リード線が貫通して接続後のコネクタ本体に被さる形で嵌合することでコネクタ接続孔とコネクタ本体の接続部を被覆可能なパッキング52とから成る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):