(54)【考案の名称】磁力吸着によって直立に置くことができる電子機器の保護カバー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電子機器に装着して保護するために用いられる電子機器の保護カバーに関し、特に、磁力吸着によって直立に置くことができる、電子機器の保護カバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
タブレット型パソコンを収納するのに用いられる従来の保護カバーは、タブレット型パソコンを完全に包み込むことによって、確かに、振動耐性を強化したり、外観の破損や擦過から守ったりすることができる。しかし、使用者は、従来の保護カバーを使う時、タブレット型パソコンを保護カバーに収納したり、取り出したりといった手順を繰り返す必要があり、使用上の不便さを招くだけでなく、タブレット型パソコンが保護カバーから取り出される時、保護カバーがタブレット型パソコンと離れてしまうことにより、往々にして使用者が保護カバーを見落としたり、遺失したりするという事態が起こり得る。加えて、タブレット型パソコンがマルチメディアの音声や映像(例えば、音楽、映像、映画、及びその他の音声・映像情報)を再生することができるのに対し、従来の保護カバーはタブレット型パソコンを直立に支えて置くための機能を備えていないため、使用者が長時間にわたって手でタブレット型パソコンを支えておかねばならず、手やその他の部位に筋肉疲労を引き起こす。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案は、電子機器に装着して保護することができるとともに、磁力吸着によって直立に置くことができる電子機器の保護カバーを提供することを目的とする。

(57)【要約】

【課題】磁力吸着によって直立に置くことができる電子機器の保護カバーを提供する。【解決手段】裏蓋1と遮蔽プレート2とからなる。裏蓋は、四辺形を呈するとともに、電子機器の背面部に取り付けられる。裏蓋には、第一折り線12が設けられるとともに、前記第一折り線を中心として固定部13と屈折部14とが形成される。固定部は、電子機器に固定される。屈折部は、少なくとも一つの磁性素子17が設けられることにより、電子機器の背面に吸着される。遮蔽プレートは、裏蓋の一側辺に接続されるとともに、裏蓋の折り線と平行する。屈折部は、磁性素子によって外へ向かって迅速に折り返されるとともに電子機器と離されることにより、電子機器が直立に置かれた時の支えとなると同時に、屈折角度の調整によって電子機器の仰角を制御することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):